noindex・nofollowとは?metaタグの書き方・使い方を解説【SEO】

BLOG SEO WordPress

noindexを理解したい方「noindexやnofollowって何ですか?ブログをやってると、ちょいちょい目にするんですけど…。SEO効果があるなら理解しておきたいです。」

こういった疑問に答えます。

本記事の内容

こんにちは、ヒデハルです。
ブログ歴は1年ほど。

WordPressで記事を書いてると、ちょいちょい目にするnoindexとnofollow。これらが何ものか、気になりますよね?

これらは、SEOに影響すると言われている「metaタグ」です。

本記事では、noindexやnofollowの意味や使い方を解説しますので、SEO対策に役立てて下さい。

noindex・nofollowの意味・使い方とは?

noindexの意味とは?

noindexとは、 HTMLに記述するmetaタグの1つで、Googleの検索エンジンにインデックスされることを拒否するものです。

※インデックス:Googleのロボット(クローラー)が取得したサイト情報をGoogleのデータベースに登録すること。

つまり、noindexをすると、どのようなキーワードで検索してもGoogleの検索結果にそのページが表示されなくなるのです。

noindexをなぜ使うの?

noindexを使う目的は、SEO対策です。

以下のようなページを検索結果から外すことで、サイトの価値を高められるからです。

noindexをするページ例

  • 読む価値のないページ (404エラーページ、検索結果、サイトマップetc)
  • 質の低いページ (文字数が極端に少ないページ、編集中のページetc)
  • 重複していて優先度の低いページ

Googleは、上記のようなページを品質の低いページとみなし、サイト全体の評価を下げる傾向にあります。
» 参考:良質なサイトを作るためのアドバイス|Googleヘルプ

上記のページに該当するけど、削除はできない、、

そんな時には、noindexを使って、Googleからのマイナス評価を避けましょう。

nofollowの意味とは?

nofollowもmetaタグの1つで、クローラーに、そのページから先のリンクをたどらせないようにするものです。

つまり、nofollowをすると、ページに貼ったリンク先をクローラーが巡回しなくなるのです。

nofollowをなぜ使うの?

nofollowを使う目的も、SEO対策です。

ページ内に貼った外部リンクのうち、以下のようなページへの巡回を拒否して、リンクがSEO目的でないことをクローラーに伝えます。

nofollowをする外部リンク例

  • 信頼できないページ
  • 有料サイトページ
  • リンクをたどる必要がないページ

nofollowを使うことで「Googleからペナルティを受けて、自サイトの価値が下がるリスク」を回避できます。

また、たどる必要のないページをnofollowにすることで、重要なページを優先的にクロールするように促すことも可能です。

noindex・nofollowの書き方・設定方法

noindex・nofollowの設定方法は、以下の2通り。

  • その①:ファイルに直接タグを挿入する
  • その②:WordPressで設定する

順に見ていきましょう。

その①:ファイルに直接タグを挿入する

HTMLファイルに以下のように記述します。

noindex

対象ページのheadセクション内に、以下のタグを挿入します。

<meta name="robots" content="noindex">

nofollow

例①:ページ内の全てのリンクに一括設定する場合は、headセクション内に、下記のタグを挿入します。

<meta name="robots" content="nofollow">

例②:特定のリンクのみに設定する場合は、以下のように記述します。

<a href="リンク先URL" rel="nofollow">テキスト</a>

その②:WordPressで設定する

WordPressで「All in One SEO Pack」というプラグインを利用します。

プラグインのインストール方法は以下の記事をご覧下さい。
» All in One SEO Packの設定と使い方【WordPressプラグイン】

サイト全体への設定

この設定はサイト全てに反映される設定です。
WordPress管理画面で、[All in One SEO] > [一般設定] をクリック↓

[Noindex設定]で、必要な項目にチェックをつければOK。nofollowの設定もここで↓

ちなみに上記の設定は、私がやってる設定で、神ブロガーのマナブさんをマネたもの。参考にどうぞ (^^)/

記事毎の設定

こちらは記事それぞれに、noindex・nofollowを設定する方法です。

プラグインを導入すると、投稿編集画面の下部に、All in One SEO Packの設定欄が登場します。

noindex、nofollowにするなら、赤枠内にチェックをつけるだけ↓

nofollowについて補足!

ページ内にリンクが複数あって、特定のリンクだけnofollowにしたいなら、上記チェックはつけず、個別設定しましょう。

リンクごとのnofollow設定は、前述のソース記述をご覧ください。WordPressを使うなら、以下の方法でカンタンにできます。

クイックタグから[link]ボタンを押して、[リンクにrel="nofollow"を追加] にチェックをつける↓

楽ちんですね。

ちなみに、クイックタグって何?という方は、以下の記事をご覧下さい。
» AddQuicktagの設定と使い方|WordPressのおすすめプラグイン

sponsored・UGCとは

nofollowと似たような働きをする2種類のrel属性、「sponsored」と「UGC」を紹介します。

sponsoredもUGCも、リンク先ページとの関係をGoogleに通知するものです。

より詳しい情報を伝えるための「nofollowの派生系」と考えるといいでしょう。
» Googleに外部リンクの関係性を伝える|Googleヘルプ

sponsoredとは?

sponsored属性は、nofollowと全く同じ働きですが、広告や有料プレースメントのリンク(有料リンク)に使います。

とくに、アフィリエイトリンクに対しては、nofollowよりもsponsoredを使うことをGoogleが推奨しています。

UGCとは?

UGC属性も、nofollowと全く同じ働きですが、ユーザー生成型コンテンツに対して使います。

UGCとは、User Generated Contentの略で、ブログのコメントやフォーラムの投稿など。

nofollowを使っちゃいけないの?

sponsoredやUGCは、あくまでも推奨であって必須ではありません。

nofollowは引き続き使えるし、あわててsponsoredやUGCに置き換える必要はないので、ご安心ください。

ただし、本記事で用途を理解したのであれば、今後はsponsoredも活用していきましょう。

Google推奨だし、nofollowとどっちを選ぶかだけですから。

この辺りをもっと詳しく知りたい方は、以下の記事が参考になるかと。
» アフィリエイトリンクにはsponsoredを推奨|海外SEO情報ブログ

sponsored・UGCの書き方(タグ直打ち)

<a>タグのrel属性で”sponsored”や”UGC”を指定します。

sponsored

<a href="リンク先URL" rel="sponsored">テキスト</a>

UGC

<a href="リンク先URL" rel="ugc">テキスト</a>

上記のとおり。

sponsored・UGCの設定方法(WordPressを使う)

WordPressの投稿画面で、クイックタグから[link]ボタンを押して、赤枠内にチェックをつければOK↓

nofollowと合わせて、3つのチェックを適宜つかい分けていきましょう。

以上、SEO対策となるmetaタグやrel属性の紹介でした。

まとめ:noindex・nofollowとは?metaタグの書き方・使い方を解説【SEO効果あり】

本記事のポイントをまとめます。

  • noindexは、Googleにインデックスされることを拒否するもの。価値の低いページを検索表示させないため。
  • nofollowは、ページに貼ったリンク先の巡回を拒否するもの。リンク先がSEO目的でないことを伝えるため。
  • noindexもnofollowも適切に使うことで、SEO対策となる。
  • タグを直打ちする方法とWordPressで設定する方法の2通り。
  • sponsoredとUGCは、nofollowの派生系。アフィリエイトリンクはnofollowよりsponsoredを使おう。

上記の感じ。

参考になれば幸いです😌

なお、本記事で紹介したように、noindexやnofollowの設定は、WordPressを使うとめちゃカンタン。

WordPressの導入方法と、All in One SEO Packに興味あれば以下をどうぞ。

参考WordPressのリンクに付与される「rel=“noopener”」の意味とは?