サーチコンソール「noindexタグによって除外されました」対処法

BLOG SEO

ブロガーさん「サーチコンソールのインデックスカバレッジで、”noindexタグによって除外されました” という指摘をされたけど、これなんですか?どうすればいいんでしょうか?」

こういった疑問に答えます。

本記事の内容

  • サーチコンソール「noindexタグによって除外されました」の原因と対処法

記事の信頼性

本記事を書いている私はブログ歴2年以上。記事数は350を超えました。SEOに関する記事も多数アップしています。

今回は、サーチコンソールのインデックスカバレッジ指摘「noindexタグによって除外されました」の原因と対処法を解説します。

この指摘って、数が多いからびっくりしますよね。

結論を先に言うと、私の場合、「All in One SEO Pack」というWordPressプラグインの設定が原因でした。ただし問題なしとして、対処しませんでした。

もしAll in One SEO Packを使ってる方は、同じ原因かもしれないので、ぜひ本記事をご覧ください。

All in One SEO Packを使っていない方も、解決の糸口になるかもしれないので、参考としてご覧ください。

目次

サーチコンソール「noindexタグによって除外されました」の症状

最初に、今回の症状を確認しましょう。

サーチコンソールのメニューから[インデックス] > [カバレッジ]をクリックします。

すると、「除外」ステータスのところに、以下の指摘がされています。

上記の指摘ですよね?

「noindexタグによって除外されました」の行をクリックすると、指摘のURLが表示されます。私の場合、例えば以下のとおり。

ためしに1つの行を選び、URL検査(行の右端に表示される虫眼鏡マーク)をしてみると、以下のような表示がでます。

上記の表示をみると、「エラーではありません」との表記がありますね。下の方を見ると、「robotsメタタグでnoindexが検出されました」と表示されています。

サーチコンソール「noindexタグによって除外されました」の原因とは?

続いては、「noindexタグによって除外」の原因を解説します。

インデックスとは?

あなたのサイトがGoogleの検索結果に表示されるのは、クローラー(Googleのプログラム)があなたのサイトを訪れ、サイト情報をGoogleのデータベースに登録するからです。

この作業をインデックスと呼びます。

noindexタグとは?

noindexタグとは、Googleにインデックスされたくないときに、サイト運営者がHTMLファイルに記述するものです。

サイトには必要だけど読者にとって価値のないページにこのnoindexタグを記述することで、Googleからのマイナス評価を避けることができます。
» 参考:noindex・nofollowとは?metaタグの書き方・使い方を解説【SEO】

noindexタグを実際に見てみましょう。まず指摘されたURLをWebブラウザのアドレスバーに打ち込みます。

Webブラウザで表示されたのち、右クリック(Macなら2本指タップ)をして、「ページのソースを表示」をクリックします。

表示されたHTMLのソースコードの中に、noindexの記述がありますね。

前述のとおり、noindexタグがついていると、そのページは検索結果に表示されることはありません。

本当は検索結果に表示させたいページだとしたら、大きな損失ですよね。なので、「noindexタグがついているのは意図通りですか?」とGoogleが注意喚起してくれてるわけです。

noindexタグはなぜつくの?

考えられる原因は以下の3つです。

  • サイトマップにnoindexタグがついてる
  • 投稿した記事にnoindexタグがついてる
  • カテゴリやタグにnoindexタグがついてる

結論を先に言っておくと、今回は3つ目が原因でした。

原因1:サイトマップにnoindexタグがついてる

第一の原因は、サイトマップにnoindexタグがついてること。

WordPressをお使いで、Google XML Sitemapsというプラグインを利用すると、Google XML Sitemapsの設定によっては、サイトマップにnoidexがついてしまいます(詳しくは、Googleサーチコンソールの使い方をやさしく解説【初心者向け】を参考にどうぞ)。

ただしこのケースは、「送信されたURLにnoindexタグが追加されています」というエラーを指摘されるので、今回の件とは異なります。

原因2:投稿した記事にnoindexタグがついてる

第二の原因は、投稿した記事にnoindexタグがついていること。

具体的にはWordPressをお使いで、All in One SEO Packというプラグインを利用している方は、あてはまるかもです。

WordPressで、指摘URLの投稿画面を開き、「インデックスなし」にチェックがついてないかを確認してみましょう。

ただしこのケースも、「送信されたURLにnoindexタグが追加されています」というエラーが指摘されるので、今回の件とは違います。

原因3:カテゴリやタグにnoindexタグがついてる

第三の原因は、カテゴリやタグにnoindexがついていること。

具体的にはWordPressをお使いで、先ほどと同じくAll in One SEO Packというプラグインを利用している方は、これかもです。

All in One SEO Packでは、カテゴリやタグなどにnoindexタグをつけることができます。

もしnoindexタグをつける設定になっていれば、インデックスカバレッジで「noindexタグによって除外されました」と指摘されます。

私のケースはこれが原因でした!

実際の設定箇所をみてみましょう。
WordPressのメニューから[設定] > [All in One SEO] > [検索の外観]をクリックします。

カテゴリー

「タクソノミー」というタブをクリックすると、「カテゴリー」の設定があります。ここで「検索結果に表示」に対して、はい/いいえを選べます。

「いいえ(検索結果に表示したくない)」を選ぶと、カテゴリーにnoindexタグが設定されます。私は「はい」を設定していたので指摘はされませんでした。

タグ

下にスクロールしてみると、「タグ」も同様の設定があります。

私は上記のように、「いいえ(検索結果に表示したくない)」を設定していたために、タグにnoindexが自動的に設定されたというわけです。

その証拠に、インデックスカバレッジで指摘されたURLでは、タグのURLが指摘されています。

その他の設定も見てみましょう。

日付別アーカイブ

「アーカイブ」タブにある「日付別アーカイブ」に対してもnoindexタグを設定していました。

よってインデックカバレッジで、日付別アーカイブのURLが指摘されていました。

ページ付けページ・RSS Feeds

「高度な設定」タブでは、「ページ付けされたインデックなし」と「No Index RSS Feeds」にチェックをつけていました。

指摘されたURLをみると、ページ付けが指摘されています。

同じくRSS FeedsのURLも指摘されてました。

このように私の場合、「noindexタグによって除外されました」と指摘された原因は、全てWordPressプラグイン「All in One SEO Pack」の設定でした。

サーチコンソール「noindexタグによって除外されました」への対処法

では最後に、「noindexタグによって除外」の対処法を紹介します。

今回はビンゴだった原因3への対処法を解説します。

上記で述べたAll in One SEO Packの設定を修正すれば、「noindexタグによって除外されました」の指摘は消えるはずです。

ただし、私の場合は、あえてAll in One SEO Packの設定は変更しませんでした。問題なしと判断して、処置とらずとしたわけです。

なぜかというと、tagや日付別アーカイブ、ページ付けページなどは、検索結果に表示させてもユーザーメリットはないと思うからです。

ユーザーメリットがあるかどうかは、人それぞれの考えがあるので、正解はありません。

ただひとつ言えることは、インデックスカバレッジの指摘を消すためだけに、noindexタグを外すのは正しい対処法じゃないということ。

その証拠にGoogleは、「除外ステータスは、サイト作成者の意図であれば問題なし」とコメントしていますから(参照:Googleサーチコンソールヘルプ)。

以上をまとめると、「noindexタグによって除外されました」への正しい対処法は以下のとおりです。

  • All in One SEO Packで設定したnoindexタグの設定があなたの意図と反している場合:設定を修正する → 指摘はそのうち消える
  • noindexタグの設定があなたの意図どおりの場合:何もしなくてよい → 指摘は消えないけど気にしない

まとめ:All in One SEO Packの設定が意図どおりかどうかで対処を判断すべし

記事のポイントをまとめます。

  • インデックスカバレッジの除外ステータスで「noindexタグによって除外されました」と指摘されるのは、対象URLにnoindexタグが設定されてるから
  • noindexタグが設定されていると、Googleの検索結果に表示されないので、Googleが忠告してくれている
  • 原因は、WordPressのAll in One SEO Packで、カテゴリやタグなどにnoindexタグの設定をしているから
  • 対策は、All in One SEO Packでnoindexタグの設定を見直すこと。意図と違うなら修正し、意図どおりなら何もしない

といった感じ。

インデックスカバレッジの指摘のうち、除外ステータスの案件はとっつきにくいですが、SEO対策として地道に対応していきましょう。

なおインデックスカバレッジで本件以外の問題に遭遇したら、サーチコンソールのインデックスカバレッジでエラーが出た時の対策集を参考にしてください。

今回は以上です。

参考【まとめ】初心者が副業ブログアフィリエイトで月1万円稼ぐ方法