【初心者向け】ブログの記事を上手く書くコツ5選

BLOG

ブログをこれから書き始める or 書き始めたばかりの方:
「ブログの書き方がイマイチわからない。ブログを上手に書くコツを教えてください」

こういった疑問に答えます。

本記事の目次

  1. 1000文字数までで充分
  2. 外観は気にしすぎない
  3. 整った文章を書かない
  4. 結論から先に書く(他)
  5. まずは全体をザッと書く

この記事を書いてる私は40代。
40代になってからブログを開始しました。>> 記事リンク

ブログをこれから書き始める or 書き始めたばかりのブログ入門者

ブログ書きはじめのときは、上手に書けませんよね?だれでもそうです。私もそうでした。

1記事かくのに何日もかかったり、うまく書けた!と思って読み返すと、散々な内容だったり(涙)

でも、あるコツをつかんだおかげで、割とスラスラ書けるようになってきました。

そこで今回は、ブログ入門者へ
ブログを上手に書くコツをお伝えします。

順に説明します。

1. 1000文字くらいで十分

blog

入門レベルの方は、以下の2パターン。
1)文字数がとても短い(~500字)
2)文字数がやたら多い(3500字~)

気を付けるべきは2のパターン
あれもこれも詰めこもうとする or ダラダラ書いて長くなるパターン。

入門レベルの方はライティング力が無い方がほとんど。

その状態でいきなり長文を書くと、読みづらい記事になることマチガイなし。

最初のうちは1000文字くらいで十分です。

たとえ1000文字でも、読みやすい文章、読んでグッとくる文章を書くのは簡単じゃないですよ。

以下の記事の忠告がとても参考になります。
『情報は詰めるだけじゃなく、削ることも大切
>>【悲報】ブログ記事が長すぎる件【スクロール地獄です】

2. 外観は気にしすぎない

blog

書き始めて間もないころは、色づかいやメニューの配置など、ブログの外観が気になる人が多いのでは?

たしかに楽しいですもんね。私も最初はそうでした。

でもそこはグッとこらえましょう。外観を気にしてたら大事な記事の中身に集中できません

目安として、すくなくとも20記事に到達するまでは、外観はいじらないように。
クロネのブログ講座にも同様の忠告あり

どうしても気になる人で、WordPressをお使いの人は「minimal」というテーマを使うことをおすすめします。

とてもシンプルな色づかい・機能なので、あれこれ外観に気を使わなくなります。私はこのテーマにしてから、記事を書くことに集中できるようになりました。

3. 整った文章を書こうとしない

beach

世にあふれているネットの記事みたいに、整った文章を書く必要はありません。

そういう記事は、プロのライターさんによるもの。整ってるけど、なにかカタいですよね。整った文章を書こうとすると、スピードがでません。頭の中のことばを整った文章に変換する作業が入るためですね。

われわれ個人ブロガーの強みは整った文章じゃなく、親しみのある文章ですよ。

キレイに書こうとせず、相手に話しかけるような文体で書きましょう。

その方がスピードが出るし、記事の流れが自然になりますよ。

4. 「結論から先に」他いろんな指南

blog

結論から先に書くのは鉄則です。

会社でも同じこと言われませんか?

ましてや、あなたのブログを読む人は、みずしらずの他人です。

パッと読んで結論がわからない記事なら、あっという間に去っていきます。時間がもったいないですから。

「結論から先に書く」以外にも沢山の金言がつまってる以下を参考に。
>> 【重要】ブログで読みやすい文章を書くコツ【練習方法も解説します】

5. まずは全体をザッと書いてみる

blog

1つの記事を書くときに、例えば目次が4つあったとします。

目次1を完璧にしあげてから目次2へ
目次2を完璧にしあげてから目次3へ
というやり方をしてませんか?

このやり方だと書くスピードが出ず、記事の流れもイマイチな出来になりがち。

それよりも
目次1から4までをザッと書いて
それから全体を見直して、細かい部分を修正していく

この手順の方がスピードにのって書けるし、全体の流れもスムーズになります。

なので、画像の挿入も最後にまとめてやるのがおすすめ。記事の途中で画像選びをすると、ついつい夢中になって流れがきれちゃうから。

記事を書く前に構成をしっかり練りましょう。

いったん書きはじめたら、
スピードにのって一気にかく!
細かい直しや画像挿入は最後に
ってのが上手な記事を書くコツです。

まとめ:【ブログ入門】ブログの記事を上手に書くコツ5つ|入門レベルの方におすすめ

blog

ブログ入門者へ
ブログを上手に書くコツを説明しました。
おさらいします。

  1. 1000文字数までで充分
  2. 外観は気にしすぎない
  3. 整った文章を書かない
  4. 結論から先に書く(他)
  5. まずは全体をザッと書く

ブログを書くときの参考になれば幸いです。
それでは!