SimilarWebの使い方|無料で競合サイトを簡単分析!拡張機能を入れるだけ

BLOG SEO

ブログ初心者「ブログを成長させるにはサイト分析が必要らしい。上級者から、SimilarWebを使うといいよと言われたけど、いまひとつ使い方がわかりません。教えてください。」

こういった疑問に答えます。

本記事の内容

本記事を書いてる私は、大手メーカーで自社のWebサイトを分析したりSEO施策を考えたりしています。個人では当サイトを運営して1年で月間1万PVを達成しました。こうした経験から、SEOに関してノウハウをシェアしていきます。

今回は、SimilarWebの特徴と使い方を解説します。

ブログの成長には「サイト戦略」が欠かせません。

サイト戦略とは

①誰にどんな価値を提供する?
②競合サイトはどこ?
③どう差別化する?

①はイメージつくと思いますが、②③も同じくらい重要。
たとえ良いブログを作ったとしても、競合と丸かぶりだと、まず勝てないから。

よってブログ運営では、競合サイトの分析が必須。その競合サイトの分析に役立つのがSimilarWebです!

SimilarWebなら無料で簡単に競合サイトを分析できるので、使わない手はありません。

今回は、SEOツールに詳しい私が、SimilarWebの使い方をわかりやすく解説しました。

この記事を読み終えたら、さっそくあなたの競合サイトを分析してみましょう!

SimilarWebとは競合サイトを分析するツール

SimilarWebとは、競合サイトを分析するツールです。

SimilarWebの特徴

  • 特徴①:競合サイトのアクセスデータを見れる
  • 特徴②:ただし誤差が多いので参考程度にする
  • 特徴③:有料のPro版もあるけど無料版で充分

順に見ていきます。

特徴①:競合サイトのアクセスデータを取得できる

前述のとおり、ブログを成長させるには、ただ記事を書くだけではなく、競合サイトの分析が欠かせません。

競合サイトを分析するといっても、そのサイトの運営者に直接聞けるわけないですよね? マーケティング会社への調査依頼も料金が高くてムリだし…

そんなときに役立つのがSimilarWeb!

SimilarWebは無料で使える分析ツールでして、競合サイトにどれくらいのアクセスがあるかとか、競合サイトはどんなキーワードで検索されているか、といったアクセスデータを簡単に取得できます。

そうすれば、「競合サイトと差別化するためにうちはこうしよう!」といった自サイトの戦略に活かせます。

※ちなみに、SimilarWebはイスラエルの企業が開発したもので、今ではGoogleやWalmartといった有名企業でも使われている。

特徴②:ただし誤差が多いので参考程度に

SimilarWebは、独自のクローラーが各サイトのデータを収集しています。あとは、クリックストリームデータ(Webサイトにおける訪問者のアクセス・ログ)も利用しています。

上記のデータは「推定値」なので、実際のデータと誤差があります。

特に、アクセス数の少ないサイトではアクセスデータが取得しづらいため、推測する精度が悪くなる。(参考:SimilarWebの数字はどれほど正確か?

よって、SimilarWebで得られたアクセスデータは、参考程度にとどめた方がいいです。

アクセス数の少ないサイトはデータが表示されない

例えば、当ブログ(hideharu blog)は本記事を書いてる時点で月間1万PVなんですけど、SimilarWebで調べてみたら表示されませんでした…

乙。表示されるようにがんばらなきゃ…

特徴③:有料のPro版もあるけど無料版で充分

SimilarWebには、無料版と有料のPro版があります。
両者の違いは以下のとおり。(引用:公式サイトの料金プラン

無料版 有料のPro版
指標ごとの結果 5件 無制限
トラフィックデータ 3ヶ月分 最大3年分
料金 無料 要問合せ

個人サイトの運営レベルでは、無料版で充分です。

※もしWeb分析ツールに料金を払うのであれば、SimilarWebじゃなくてRank Trackerをおすすめします。詳しくは、Rank Trackerの導入手順と使い方|おすすめ料金プランもご紹介!をご覧ください。

参考:SimilarWebの類似ツール

SimilarWebと同じように、競合サイトを分析できるツールを3つご紹介します。

  • eMark+:アクセス数やPV数を調べられる
  • SEOチェキ:キーワード出現頻度や検索順位を調べられる
  • MozBar:ドメインの強さやページの強さを測れる。Chromeの拡張機能あり。

上記あたり。

私のおすすめは、今回紹介するSimilarWebとMozBarですね。どちらも競合サイト調査用の定番ツールですし、Chromeの拡張機能でサクッと使えるから。

SimilarWebとアナリティクスの違い

アクセス分析ツールといえば、Googleアナリティクスの名前は有名ですよね? あなたもアナリティクスは導入済みかと思います。

では、同じアクセス分析ツールでも、SimilarWebとアナリティクスの違いはおわかりでしょうか?

答えは、SimilarWebは「他サイト」の分析用で、アナリティクスは「自サイト」の分析用ということ。

ちなみに、SimilarWebでも自サイトのアクセスデータを取得できます。でも誤差があるので、自サイトの分析には迷わずアナリティクスを使いましょう。

もしアナリティクスをまだ使ってない方は、Googleアナリティクスの使い方【初心者はこれさえみればOKです】の記事をご覧ください。

SimilarWebの使い方2つ(公式サイト・Chrome拡張機能)

続いては、SimilarWebの使い方を解説します。
使い方は以下の2つ。

  • 方法①:SimilarWebの公式サイトで調べる
  • 方法②:Chrome拡張機能で調べる

順に見ていきます。

方法①:SimilarWebの公式サイトで調べる

ひとつめの方法は、SimilarWebの公式サイトで調べるというもの。

手順1:
まずSimilarWebの公式サイトにいきます。
» SimilarWebの公式サイト

手順2:
右上に[ログイン]メニューがありますが、無料版を使うならログインは不要です。調べたいサイトのURLを検索窓に入力し、Enterを押しましょう。

するとアクセスデータが表示されます。
例えば、ヒトデブログを調べてみると、こんな感じ↓

たったこれだけ。簡単ですよね?

他のサイトと比較する方法

他のサイトと比較もできます。
[+比較する]をクリックしてみましょう。

そして比較するURLを入力するだけ。例として、マナブログと比較してみた結果がこちら↓

方法②:Chrome拡張機能で調べる

SimilarWebの使い方のふたつめは、Chromeの拡張機能を使うというもの。Webブラウザとして、Google Chromeを使うのが前提です。

手順1:
まずChrome拡張機能をインストールします。
Google Chromeのウェブストアにいきましょう。
» Chromeウェブストア

[Chomeに追加]をクリックします。

すると、Chromeの画面右上にSimilarWebのアイコンが表示されるようになります。

手順2:
次にアクセスデータを調べたいサイトを開きます。

手順3:
Chromeの右上にあるSimilarWebのアイコンをクリックすると、アクセスデータを取得できます。
ヒトデブログを例にするとこんな感じ↓

たったこれだけ。これもまた簡単ですよね?

方法2のメリットは、方法1のようにSimilarWebのサイトをわざわざ開く必要がないこと。

ネットサーフィンをしながら、気になるサイトがあったらすぐにアクセス分析できるので、アクセス分析が習慣化しやすいですね。私も方法②を使ってます。

以上、SimilarWebの使い方でした。

SimilarWebで分かる分析結果8つ(無料版)

最後に、SimilarWebで分かる分析結果の見方を解説します。

無料版で分析できる項目は以下の8つ。

  • ランク
  • トラフィック概要
  • トラフィックソース
  • リファラル
  • 検索キーワード
  • ソーシャルの流入元
  • 興味
  • 競合および類似サイト

順に見ていきます。

ランク

競合サイトのランクを見れます。

  • グローバルランク:世界のすべてのサイトと比較して導き出される
  • 国ランク:サイトのターゲットとしている国のサイトと比較して導き出される
  • カテゴリーランク:サイトのメインカテゴリーのサイトと比較して導き出される

トラフィック概要

アクセスデータを見れます。

  • ①合計訪問数:アナリティクスの[セッション]と同じ
  • ②平均滞在時間:アナリティクスの[平均セッション時間]と同じ
  • ③ページビュー/訪問:アナリティクスの[ページ/セッション]と同じ
  • ④直帰率:アナリティクスの[直帰率]と同じ

なお、ページビュー数は①×③で計算できます。
例えば上記例ですと、
①:合計訪問数:121,000
③:ページビュー/訪問:2.03
なので、
ページビュー数 = 121,000 x 2.03 = 245,630(月間24万PV)と計算できます。

ただし、繰り返しになりますが、ページビュー数は実際とズレている場合があるので、参考程度にとどめましょう。

なお、合計訪問数(セッション)がいまいちよくわからない方は、Googleアナリティクスの使い方【初心者はこれさえみればOKです】の記事で詳しく解説してますので、そちらをご覧ください。

トラフィックソース

流入元を見れます。

リファラル

指定したサイトの、訪問前と訪問後のサイトを見れます。

検索キーワード

競合サイトがどういったキーワードでアクセスを集めているかを確認できます。

ソーシャルの流入元

SNSからの流入元の割合を見れます。

興味

訪問ユーザーがどんなジャンルに興味をもっているかを見れます。

競合および類似サイト

競合サイトや類似サイトは何?がわかります。

こんな感じで。

以上のように、SimilarWebなら競合サイトのアクセスデータを無料で簡単に見れます。
このデータをもとに、自サイトの戦略に活かしてください。

まとめ:SimilarWebを使って自サイトの戦略に活かそう!

SimilarWebの使い方について解説しました。

SimilarWebを使うと、競合サイトのアクセスデータを無料で簡単に分析できます。

気になるサイトがあったら、SimilarWebですぐにチェック! そうすれば、ネットサーフィンをしつつ分析力もつきますよ。

そして競合サイトを分析できたら、自サイトの戦略に活かしましょう!

自社サイトの分析もお忘れなく

競合サイトの分析も大事ですけど、自社サイトの分析だって重要。

分析に必須な3つのツールは、ブログアフィリエイトのおすすめ便利ツール13選【初心者必見!】で紹介していますので、あわせてご覧ください。

今回は以上です。