Google Analytics(アナリティクス)の使い方とは?【初心者向け】  

Analytics BLOG Tool

ブログ初心者「Google Analytics(アナリティクス)を使いたい。でも使い方がよくわかりません…。使い方を教えて下さい。」

こういった疑問に答えます。

本記事の内容

  • Google Analytics(アナリティクス)の使い方とは?【初心者向け】  

こんにちは、ヒデハルです。
ブログ歴は1年ほど。

Googleアナリティクスとは、Googleが提供する無料のアクセス解析ツールです。

ブログを成長させたいなら、少なくとも週1回はこのツールを使い、サイトの状況をチェックしましょう。

Googleアナリティクスの導入がまだの方は、Google Analytics(アナリティクス)の登録・設定方法を見て、先に済ませて下さい。

本記事では、Googleアナリティクスの使い方をわかりやすく解説します。

Google Analytics(アナリティクス)の使い方とは?【初心者向け】

使いこなしたい機能は以下の3つ。

  • その①:「ユーザー」メニュー
  • その②:「集客」メニュー
  • その③:「行動」メニュー

では順に見ていきましょう。

その①:「ユーザー」メニュー

「ユーザー」メニューでは、サイトの訪問数やページビュー数、使用しているデバイスなど、ユーザーに関する幅広いデータを見ることができます。

ユーザーサマリー

メニューから[ユーザー]>[概要]をクリックして下さい↓

アクセス解析において、まずはこの「概要」ページでサイト全体の訪問者数を確認することがはじめの一歩です。

参考:上記の画面は、[ホーム]>[ユーザーサマリー]をクリックしても行けます↓

各項目の意味

  • ユーザー:サイトを訪問してきた人数。その人が何回サイトを往復してもユーザー数は1。
  • セッション:サイトを訪れた回数。1人が朝晩の2回サイトを訪問すればセッション数は2。
  • ページビュー数:見られたページ数。1人が5ページ見たなら、ページビュー数は5。
  • 平均セッション時間:1ユーザーがサイトを閲覧した時間の平均。ちなみに、閲覧開始ページで離脱した場合は、セッション時間はゼロ。
  • 直帰率:ユーザーがそのサイト内で1度もページ遷移することなく、そのサイトを離れた割合。

セッション数が多いなら、サイトにファンがついている可能性が高いです。

ページビュー数が多いなら、他のページにも興味を持ってくれていて、導線が上手くいっている可能性があります。

ただし、そのページだけだとスッキリしないから他のページも探してみた、というケースもあるので一概には言えません。

平均セッション時間や直帰率についても同様で、基本的にはセッション時間が長く、直帰率が低い方が良いものの、サイト内容によりけりです。

例えば、そのページがズバッと読者の悩みを解決できているならば、セッション時間が短く、直帰率が高くても問題ないでしょう。

大切なのは、目的に合ったサイトやページになっているか分析することです。

グラフの切り替え

線グラフは最初「ユーザー」になっていますが、左上のプルダウンから指標を切り替えることができます↓

表示期間は、右上の設定から切り替えることができます↓

[比較]にチェックを入れると↓

前の期間との比較ができて超便利↓

過去と現在を比較し、どう変化しているか?、原因は何なのか?を分析して、サイトの改善に役立てましょう。

モバイル

メニューから[モバイル]>[概要]をクリックして下さい↓

ここではユーザーの使用しているデバイス(パソコン・スマホ)がわかります。

例えばスマホユーザーが多いので、スマホ用サイトを優先的に改善する、とか。

その②:「集客」メニュー

「集客」メニューでは、サイトへの流入元がわかります。

チャネル

メニューから[集客]>[すべてのトラフィック]>[チャネル]をクリックして下さい↓

各項目の意味

  • Organic Search:Google、Yahooなどで検索してサイトに流入した訪問
  • Direct:URLを直接入力したり、ブックマークからサイトに流入した訪問
  • Social:TwitterなどのSNSからサイトに流入にした訪問
  • Referral:他のサイトのリンクをクリックしてサイトに流入した訪問

Serach Console

メニューから[集客]>[Serach Console]をクリックすると、Serach Consoleで見れるデータがアナリティクスでも確認できます↓

ここに関しては、Serach Console/アナリティクスのどちらかで見ればいいでしょう。Serach Consoleについては以下の記事をご確認ください。

その③:「行動」メニュー

「行動」メニューでは、ページ別のアクセス数を調べることができます。

メニューから[行動]>[サイトコンテンツ]>[すべてのページ]をクリックして下さい↓

上記のように、ページごとの詳細なデータが表示されるので、アクセス数の多い記事と少ない記事の違いは何なのか?と分析し、改善策を見出しましょう。

ランディングページ

[サイトコンテンツ]>[ランディングページ]をクリックすると、ランディングページごとのセッション数などが見られます↓

ランディングページとは、サイトに流入したときの最初のページ。

上位のランディングページには、内部リンクを貼って回遊性を高める、といった工夫もしてみましょう。

まとめ:Google Analytics(アナリティクス)の使い方とは?【初心者向け】

本記事のおさらいをします。

  • Googleアナリティクスとは、Googleが提供する無料のアクセス解析ツール
  • 少なくとも週1回はこのツールを使い、コンテンツ改善に役立てよう
  • 主に使うメニューは「①ユーザー」「②集客」「③行動」の3つ
  • ①:ユーザー数・セッション・ページビュー数・平均セッション時間・直帰率・使用モバイルがわかる
  • ②:サイトの流入元(Organic Search・Direct・Social・Referral)がわかる
  • ③:ページ別のアクセス数やランディングページがわかる

アナリティクスが使えるようになったら、次はサーチコンソールを導入をしましょう。詳しくは以下をご覧下さい。

「サーチコンソールもアナリティクスと一緒でしょ?」と思ってる方は以下を参考にどうぞ。サーチコンソールが必要な理由がわかるはず。

ブログは人生を変える可能性のあるツール。
一緒に頑張っていきましょう😌

参考【初心者向け】副業でのブログ運営におすすめなツール10選