ブログのPVアップにはリライトが必須な理由【1回の執筆じゃムリ】

BLOG SEO

頑張ってるブロガー「記事を書き続けてて50記事。でもいっこうにアクセスが増えず心が折れそう…。やっぱ100記事は書かないとダメなのかな。それともリライトに時間を使った方がいいのかな? そもそもリライトって必要なんですか?」

こういった疑問に答えます。

本記事の内容

本記事を書いてる私は、40代でブログを始めて1年で月1万円を達成。今ではブログ歴は2年を超え、記事数も350を超えました。この経験をブログ初心者の方に共有します。

本記事では、リライトの重要性を解説します。

結論からいうと、ブログのアクセス数(PV)を増やすには、記事のリライトが必須です。

なぜなら、リライトをせずに高品質な記事(=Googleに評価される記事)を仕上げるのはムリだから。

もしもリライトをせずに記事を量産し続けると、PVは増えるどころか、下がる可能性だってあります…

それじゃせっかくの苦労が報われないですよね?

本記事では、リライトの重要性を深堀りしましたので、PVが上がらずお悩みのブロガーさんはぜひご覧ください。

PVを増やすにはTOP10に入るべし

リライトの重要性を説明する前に、検索順位とアクセス数(PV)の関係について解説します。

PVを増やすためには、検索上位を勝ちとることが重要です。

SNSからブログ記事への流入を期待できる方を除けば、ブログ記事への流入経路は、検索エンジンがほとんどだからです。

ではどれくらいの検索順位になれば、アクセス数が増えるのか?

結論をいえば、
「できれば5位以内、最低でも10位以内」がアクセス数を増やす条件です。

なぜなら、TOP10を逃すと表示読者にクリックしてもらえないから。

データを示しましょう。
以下は、検索順位ごとのクリック率を示しています。(※引用:WILL CREWS。2021年、PCの値)

上記のように、検索順位によって記事のクリック率はおおむね決まっています。

グラフを見るとわかるとおり、クリック率が高いのはTOP5ぐらいで、それ以降はおどろくほどにクリック率は下がります。

検索順位が10位ともなれば、クリック率は約1%。
100人中1人しか記事を読んでくれないわけなので、アクセス数は思うほど増えません。

10位ですらクリック率1%なので、11位以降のアクセス数は微々たるもの…

以上より、ブログのPVを増やすには、記事の検索順位でTOP10を勝ちとることが大事です。

換言すれば、検索順位でTOP10を勝ち取れれば、PVを増やせるということ。

PVアップには記事のリライトが必須な訳

続きまして、PVアップにはリライトが必須という説明をします。

リライトとは、公開したブログ記事を公開後に手直しすることです。

記事の一部を修正したり追記したり、ときには記事のほとんどを書き直したりもします。

ブログのアクセス数(PV)を増やすには、このリライトが必須です。

TOP10を狙うには高品質な記事が不可欠

前述のとおり、検索順位でTOP10を勝ち取れればPVを増やせます。

では、どうすれば検索順位でTOP10を勝ち取れるのか?

その答えは、高品質な記事を書くことで、全体の流れは以下のとおり。

記事が高品質であれば、じわじわとGoogleに評価され、検索順位も上がっていきます。

検索順位でTOP10を勝ちとることができれば、クリック率が上がり、PVもアップします。

以上はブログ運営するうえでの基本知識ですので、理解しておきましょう。

高品質な記事はリライトしてこそ

前述のとおり、高品質な記事を書けばTOP10を勝ち取れてPVを増やせます。

高品質な記事とは、読者の検索意図を満たす記事のこと。

では、どうすれば高品質な記事を書けるのか?

その答えは、記事をリライトすること。

いくらブログ経験を積もうとも、高品質な記事を一発で仕上げるなんてできません。何度もリライトをしてようやく、読者を満足させる記事を作れるわけです。

ブログ歴2年を超えた私もそうですし、月100万以上を稼ぐような上級者ブロガーであっても同じこと。

換言するなら、成果を出してるブロガーはリライトを愚直にやっているからこそ、高品質な記事を生み出すことができ、結果として多くのPVを獲得できているわけです。

リライトをすれば、新しい記事にも好影響がでる

リライトのメリットは、既存の記事に対してだけでなく、新規に書く記事にも好影響が出ることです。

リライトをしてブログ内に高品質な記事が増えてくれば、「ブログ全体に対する評価(ドメインパワー)」が高まります。

ドメインパワーが強くなると、新しい記事を書いたときに、検索上位にランクされる確率が高まります。

例えば、ブログAとブログBがあったとします。2つのブログが同記事に、同じような記事を公開したなら、まちがいなくドメインパワーの強いブログの記事の方が検索上位にランクされるってこと。

以上、PVアップのためにはリライトが必須という説明でした。

リライトをしないときのデメリット

続いては、リライトをせずに記事を書き続けたときのデメリットを解説します。

記事の質が低いとPVが増えない

PVが増えない仕組みは先ほどの逆で、以下のとおり。

リライトをしてないので、記事の質は低いまま。となれば、Googleに評価されず、検索順位も低いまま。

もし検索順位が50位より低ければ、そもそも読者の目にも触れません。

検索順位が11位〜30位ぐらいになれば、読者の目には触れるものの、クリック率はぐっと低くなります。前述のとおりですね。

以上がPVが増えない仕組み。

リライトしないと情報が古くなっていく

リライトをしないときのデメリットは他にもあります。

リライトをしないと、記事の情報はどんどん古くなっていきます。
なぜなら、時が経つにつれ、以下のような変化が起こり得るから。

  • 新しい商品が発売される
  • 紹介した商品が生産中止になる
  • 紹介した商品の値段や仕様が変わる

上記のような変化が起きたにもかかわらずリライトしないと、あなたの記事は「まちがった情報」になり、ますます記事の質は下がるでしょう。

となれば、読者からの評価、ひいてはGoogleからの評価もますます下がってしまいます。

リライトしないと、新しい記事にも悪影響がでる

リライトしないときのデメリットは、これだけじゃありません。

リライトしないと、既存の記事に対してだけでなく、新規に書く記事にも悪影響が出ることです。

リライトをせずに記事を書き続けると、質の低い記事がどんどん増えていくでしょう。

となれば、ブログ全体に対する評価(ドメインパワー)があがることはなく、マイナスにさえなり得ます。

ドメインパワーが弱いと、新しい記事を書いたときに、たとえそれが良質な内容であったとしても、検索上位に表示されるのがきわめて難しくなるでしょう。

つまり、リライトせずに記事を書き続けることは、PVが増えない原因をみずから作ってることに他なりません。

以上が、リライトしないことのデメリットです。

リライトをして検索順位を上げた例

最後に、当ブログにおいて、リライトをして検索順位を上げた例を紹介します。

以下の記事は、[書道 手本 無料]というキーワードを狙った記事で、2020/04/20に公開しました。
» 【無料】書道のお手本|小学生の宿題や大人の独学におすすめ!

しかし、公開後はずっと20〜30位付近にとどまっていました。

そこで2021/10/31リライトを行った結果、4位まで順位を上げることができました。

リライトを行った前後の1ヶ月のPVを比較すると、リライト後(オレンジ)のPVは、リライト前(青)のPVの約2倍に増えました!

上記をみると、リライトによって検索順位が上がり、その結果としてPVが増えてる様子がおわかりになるでしょう。

こんな感じで、PVを増やすにはリライトの効果が絶大です。

まとめ:記事をリライトしてPVアップを目指そう

ブログのアクセス数(PV)を増やすためにはリライトが必須、ということを解説しました。

PVを増やすには高品質な記事をつくり、検索順位でTOP10を勝ち取らないといけません。

とはいえ、リライトをせずに高品質な記事を仕上げるなんてムリ。

何度もリライトをしてこそ読者やGoogleに評価される記事をかけるわけです。

というわけで、今後はリライトに力をいれていきましょう!

今回は以上です。