【無料】書道のお手本|小学生の宿題や大人の独学におすすめ!

Calligraphy EDUCATION Lessons

書道のお手本を探してる人:「自宅で書道をするときのお手本がほしい。無料がいいな。印刷できるものや、レクチャー動画など、おすすめを教えて下さい。」

こういった疑問に答えます。

本記事の内容

本記事を書いてる私は書道経験が豊富でして、小3から高3まで書道教室に通ってました。40歳を過ぎてふと書道をやりたくなり、2016~2017年に自宅で練習し、毛筆書写技能検定の2級に合格しました。

そんな私が、無料でゲットできるおすすめの書道お手本を紹介しましたので、自宅で書道するときにご活用ください。例えば、小学生の宿題や、大人の独学など。

今回紹介するお手本のおすすめポイント

  • 無料
  • 数が多い
  • 解説が丁寧
  • 書がうまい

最後の「書がうまい」というのは動画での話。ネットにアップされた動画って、イマイチなのが割と多いので、毛筆書写技能検定2級の私が充分に吟味しました。

前置きはこれくらいにして、お手本をみていきましょう。

無料の書道お手本|小学生の宿題や大人の独学におすすめ!

印刷するタイプのお手本としては、以下のサイトがおすすめです。

順にみていきましょう。

おすすめ①:『e-OTEHON』

» 『e-OTEHON』のサイトに行く

おすすめポイント

  • 学年別のお手本がある
  • 解説がついてる
  • 動画もある

学年別(小学生・中学生・高校生)のお手本があるので、学校の宿題に最適です。
例を見せると以下の感じ(引用:e-OTEHON)。

印刷するときは、[ダウンロード]ボタンをクリックします。
[動画を見る]をクリックすれば、YouTubeが再生されます。筆の使い方がわかるので、すごく役立ちます。

また、行書や臨書のお手本もあるので、大人の独学としてもおすすめです。
ちなみに、ペン字や硬筆のお手本もあり。

迷うならこのサイトでまちがいなし!

» 『e-OTEHON』のサイトに行く

おすすめ②:『書道・習字のお手本』

» 『書道・習字のお手本』のサイトに行く

おすすめポイント

  • 一文字のお手本がある
  • 書き初めのお手本がある

トップページの最上部にバナー広告がありますが、シンプルなサイトで使いやすいです。
小学生や中学生、高校生の宿題におすすめです。

一文字のお手本

サイト上部のメニューから[一文字]をクリックすれば、お手本が表示されます(引用:『書道・習字のお手本』)

書き初めのお手本

サイト上部のメニューから[夏休み]または[書き初め]をクリックすれば、お手本が表示されます。

お手本をクリックすると拡大されるので、印刷して使いましょう。

» 『書道・習字のお手本』のサイトに行く

おすすめ③:『書道習字のお手本が無料です』

» 『書道習字のお手本が無料です』のサイトに行く

おすすめポイント

  • 学年別のお手本がある
  • 書き初めのお手本がある

バナー広告がかなり多いですが、上記2つのサイトにご希望のお手本がないときは、このサイトも参考にどうぞ。
主に小学生から中学生向けです。

学年別のお手本

右サイドメニューから、「○○年コンクールのお手本」をクリックします。

学年別のお手本のリンクが表示されます。ご希望の学年をクリックしましょう。

すると、こんな感じでお手本が表示されます。ごくまれに、動画もついてます。(引用:『書道習字のお手本が無料です』)

お手本をクリックすると拡大されるので、印刷して使いましょう。

書き初めのお手本

右サイドメニューから「書き初めのお手本」をクリックします。

書き初めのお手本のリンクが表示されます。ご希望のお手本をクリックしましょう。小学生であれば、楷書がいいかと。

すると、こんな感じでお手本が表示されます。

お手本をクリックすると拡大されるので、印刷して使いましょう。

» 『書道習字のお手本が無料です』のサイトに行く

参考:ほしいお手本がなかったとき

上記3つのサイトに、ほしいお手本がなかったときは、『習字のお手本変換ツール』というサイトで、文字を打ちこんでください。その文字のお手本が表示されます。

ただし、パソコンの文字に毛がはえたレベルなので、あくまで最終手段としてどうぞ。

参考:有料のお手本を1冊だけ紹介

有料でもいいから、やっぱり本の手本も一冊は手元にほしいって方のために、おすすめを1冊だけのせておきます。
» 『極める!基礎習字練習帳』をAmazonでみる

無料の書道お手本(動画編)

続いては、お手本の動画を見れるおすすめサイトを3つ紹介します。もちろん無料です。

順にみていきましょう。

おすすめ①:『e-OTEHON』

» 『e-OTEHON』のサイトに行く

先ほど「印刷するお手本」でも紹介したサイト。動画もあります。

[動画を見る]をクリックすれば、YouTubeが再生されます。迷ったらこのサイトがおすすめです。

» 『e-OTEHON』のサイトに行く

おすすめ②:阿部啓峰先生

» YouTube(お手本集)をみる

阿部啓峰 先生は、熊本にある書道教室の先生です。生徒さん向けの動画ですけど、無料でみれます。動画の数が多く、解説もすこぶる丁寧なので、とても参考になります。

おすすめ③:東宮たくみ 先生

» YouTube(書道の基本など)をみる
» YouTube(お手本集)をみる

東宮たくみ先生は、テレビに出演したり、YouTuberやったり、マルチに活躍する書道家です。
お手本が参考になるのはもちろんのこと、書道の楽しさも感じさせてくれます。例えば、上記リンクの中にある動画のひとつで、「【習字】2枚目からふざけてしまい職員室に呼び出される書道部の中学生」とか超最高!

まとめ

今回は、無料でおすすめの書道お手本を紹介しました。
いかがだったでしょうか?

小学生・中学生・高校生の学生さんは、今回紹介したサイトからお手本を選び、宿題に活かしてください。

大人の方は、今回のサイトを利用して書道の練習をしましょう。
書道は独学でできますし、練習すればするほど上手になって、楽しくなりますから。

それに書道は、登録無形文化財への登録申請が文化審議会からされたので、今後人気が高まってくると思いますよ(引用:文化庁広報誌)。

そのあたりは、書道を独学で練習して上達する秘訣|書道教室に通わなくてもOKの記事にもまとめてますので、そちらもぜひご覧ください。

今回は以上です。