【mixhost】独自ドメインのメールアドレスを作る方法&Gmailでの送受信設定

BLOG

本記事の内容

本記事では、独自ドメインのメールアドレスを作る方法を解説します。

私の場合、以下のケースで独自ドメインのメールアドレスが必要になりました。

初めてのときは苦戦しましたが、独自ドメインのメールアドレスを作ったおかげで、お問い合わせも増えたし、アフィリエイト報酬も発生しました!

本記事ではこの経験をもとに、独自ドメインのメールアドレスの作り方をわかりやすく解説します。

先に結論を言うと、この独自ドメインのメールアドレスは、お使いのレンタルサーバーの管理画面で作ります。

今回は、私が使っているレンタルサーバー「mixhost」を例に解説しているので、それ以外のサーバーを使ってる方は、まるまる参考になるわけではありません。

とはいえ本記事を読めば、独自ドメインのメールアドレスを作る流れをつかめるはずです。

さらに記事の後半では、独自ドメインのメールアドレスをGmailで送受信する方法もご紹介。

こちらはGmailをお使いの方なら、どなたにも参考になります。

というわけで、独自ドメインのメールアドレスを作りたい方は、ぜひ最後までご覧ください。

独自ドメインのメールアドレスを作る方法(mixhost)

レンタルサーバーのmixhostで、独自ドメインのメールアドレスを作る方法を解説します。

手順は3つ。順にみていきましょう。

手順1:cPanelを開く

mixhostの公式サイトにアクセスしてください。
次に契約しているサービスをクリックします。

左メニューから [cPanelにログイン]をクリックします。

手順2:電子メールアカウントを開く

cPanelの画面で、[電子メール] > [電子メールアカウント]をクリックします。

手順3:独自ドメインのメールアドレスを作る

[作成]をクリックします。

①②③を入力して、[作成]をクリックします。

  • ①ドメイン:作成するメールアドレスのドメインを選ぶ。例えば、info@example.comというメールアドレスを作成する場合、example.comの部分。
  • ②ユーザー名:作成するメールアドレスを入力する。例えばinfo@example.comというメールアドレスを作成する場合、infoの部分。
  • ③パスワード:作成するメールアドレスのパスワードを設定する。メールソフトの設定時や、Webメールのログインなどに使う。

※[Optional Settings]は特に変更しなくてOKです。

上記を入力したら、最下部の[作成]をクリックしましょう。

以上で、mixhostで独自ドメインのメールアドレスを作る方法は完了です。

独自ドメインのメールアドレス設定を確認する方法

上記で設定した内容を確認する方法を紹介します。※独自ドメインメールアドレスをGmailで送受信する設定(後述)にて必要になります。

cPanelの画面で、[電子メール] > [電子メールアカウント]をクリックします。

先ほど作成した独自ドメインメールアドレスの行の[Connect Devieces]をクリックします。

各種設定が記載されていますので、ご確認ください。

独自ドメインメールアドレスをGmailで送受信する設定方法

続いては、先ほどmixhostで作成した独自ドメインメールアドレスを、Gmailで送受信する設定方法を紹介します。

本設定を行うと、Gmailにて以下の2つができるようになります。

  • 独自ドメインメールアドレスからメールを送信できる
  • 独自ドメインメールアドレス宛てに届いたメールを受信できる

どのサーバーでも設定方法の流れは同じですので、参考にしてください。

手順1;Gmailを起動して設定を開く

Gmailを起動します。
次に、歯車マークをクリックして、[すべての設定を表示]をクリックします。

手順2:メールアカウントの追加

[アカウントとインポート] > [メールアカウントを追加する]をクリックします。

先ほどmixhostで作った独自ドメインのメールアドレス(確認画面のユーザ名と同じ)を入力して、[次へ]をクリックします。

手順3:メール受信の設定

以下の設定(POP3)にして、[次へ]をクリックします。

ユーザ名/パスワード/POPサーバーを入力をして、[アカウントを追加]をクリックします。

※ユーザ名:確認画面のユーザ名と同じ
※パスワード:確認画面のパスワードと同じ
※POPサーバー:確認画面の「受信サーバー」と同じ。ポートは995が望ましいが、私はエラーになったので、110にした

4つのチェックはつけなくてOK。
上記を入力したら、[アカウントを追加]をクリックしましょう。

[はい]を選び、[次へ]をクリックします。

手順4:メール送信の設定

名前を入力して、[次のステップ]をクリックします。

※名前:ここでの名前は送受信をした時に表示される名前のこと。自分だとわかる名前を入力しましょう。後で変更もできます。

SMTPサーバー/ユーザ名/パスワードを入力をして、[アカウントを追加]をクリックします。

※SMTPサーバー:確認画面「送信サーバー」と同じ
※ユーザ名:確認画面のユーザ名と同じ
※パスワード:確認画面のパスワードと同じ。ポートは587を選んだ

上記を入力したら、[アカウントを追加]をクリックしましょう。

Gmailに確認コードが届くので、以下の画面に入力して、[確認]をクリックします。※メール内のリンクをクリックするでもOK。

以上で、独自ドメインメールアドレスを、Gmailで送受信する設定は完了です。

独自ドメインメールアドレレスをGmailで送受信してみる

では最後に、Gmailで以下の2つができるかをテストしましょう。

  • 独自ドメインメールアドレス宛てにメールを受信できる
  • 独自ドメインメールアドレスからメールを送信できる

手順1:Gmailを起動する

Gmailを起動します。
そして、メールを新規に作成しましょう。

手順2:受信の確認

以下の設定にして、テストメールを送ってみましょう。

  • 差出人:「xx@gmail.com」(デフォルト設定)
  • 宛先:新規に作った独自ドメインメールアドレス

無事、そのテストメールをGmailで受信できれば成功です。

手順3:送信の確認

以下の設定にして、テストメールを送ってみましょう。

  • 差出人:新規に作った独自ドメインメールアドレス
  • 宛先:xx@gmail.com


無事、そのテストメールをGmailで受信できれば成功です。

失敗したとき/設定を変えたいとき

テストメールの送受信がうまくいかなったとき、あるいは、設定を変更したいときの方法を紹介します。

Gmailの歯車マークをクリックして、[すべての設定を表示]をクリックします。

[アカウントとインポート]をクリックして、設定を見直しましょう。

まとめ:独自ドメインのメールアドレスがあると便利です

レンタルサーバーのmixhostを例にして、独自ドメインのメールアドレスを作る方法を解説しました。

あわせて、作成した独自ドメインのメールアドレスを、Gmailで送受信する方法も紹介しました。

今回はレンタルサーバーのmixhostとGmailを例にしましたが、それ以外をお使いの方にも、流れをつかむうえで参考になったはずです。

独自ドメインのメールアドレスが必要になった例

私の場合は以下の2つ。詳しくは記事内で紹介してますので、よければご覧ください。
» WordPressのお問い合わせフォーム設置方法|Contact Form 7の使い方
» Rank Trackerのアフィリエイト登録手順を解説【ASPは海外です】

今回は以上です。