SEOに有利なGoogle XML Sitemapsの設定【WordPress】

BLOG SEO WordPress

XMLサイトマップの設定を知りたい人「WordPressのプラグインでXML Sitemapsを導入した。だけど初期設定の方法がわかりません。SEOに有利な設定って何でしょうか?」

こういった疑問に答えます。

本記事の内容

  • SEOに有利なGoogle XML Sitemapsの設定【WordPress】

SEOの施策として、WordPressのプラグイン「Google XML Sitemaps」を導入してる方は多いでしょう。

Google XML Sitemapsを使ってXMLサイトマップをGoogleに送信すれば、早く的確にサイト情報を認識してもらえ、SEOで有利ですからね。

ご存知かと思いますが、Google XML Sitemapsはサーチコンソールと連動して使います。もしサーチコンソールでの設定がまだの方は、【初心者向け】Googleサーチコンソールの使い方|2020年最新版の記事を参考にやっておきましょう。

で、このGoogle XML Sitemapsを導入した際は、WordPress上で設定を行う必要があります。実はこの設定って、検索結果にも影響するので適当にやってはいけません。

とはいえ、どんな設定がいいのかわからないですよね?

そこで今回はブログ運営2年の実経験をもとに、SEOに有利なGoogle XML Sitemapsの設定方法を紹介します。ぜひ参考にしてください。

Google XML Sitemapsの基本的な設定

では基本的な設定から説明しましょう。
WordPressのメニューで、「設定」>「XML-Sitemap」をクリックします↓

最初の設定から変更するところは一箇所あります。
それは「HTML形式でのサイトマップを含める」のチェックを外すことです↓

上記にチェックがついてると、サーチコンソールのカバレッジで「noindexタグが追加されています」とエラー指摘されてしまうからです。
» 参考:サーチコンソール「送信されたURLにnoindexタグが追加されています」エラーの対処法

今回は上記のエラー指摘の意味は理解できなくても構いません。
ただ上記のチェックだけは忘れずに外しておきましょう。

投稿の優先順位の設定

投稿の優先順位は、デフォルト設定の「優先順位を自動的に計算しない」でOKです↓

Sitemapsコンテンツの設定

Sitemapsコンテンツの設定では、以下の設定がよいでしょう↓

上記のように、4つの項目にチェックをつけるのおすすめです。

  • ホームページ
  • 投稿(個別記事)を含める
  • カテゴリーページを含める
  • 最終更新時刻を含める

上記設定にすれば、コンテンツに関わる重要なページだけをサイトマップに記載し、不要なページは見に行かないようクローラーに促す事ができる。これでクロールの最適化が実現し、結果的にSEO対策につながります。

Excluded Itemsの設定

ここでは、サイトマップに記載したくないカテゴリーと投稿・固定ページを指定できます。
特になければ、デフォルト設定のまま、何もチェックしないでOKです↓

Change Frequenciesの設定

ここでは、ページの更新頻度を指定します。
この設定をヒントに、クローラーがあなたのサイトを巡回します。
おすすめの設定は以下のとおり↓

上記の設定も、何でもかんでもクロールの頻度を上げるのではなく、重要なページにクローラーがしっかり来るように、クロールの最適化を行っています。

※設定画面にメモに記載があるとおり、ここでの設定はあくまでクロールのヒントであり、絶対のものではありません。

※タグページの更新頻度が低いと、カテゴリー別の更新頻度も低くなる問題があるのでご注意ください

優先順位の設定

ここではサイト内の他のURLと比較して、そのURLの優先順位を指定します。
優先順位は、1.0(非常に重要)から 0.1(ほとんど重要ではない)の範囲で指定できます。
おすすめの設定は以下のとおり↓

上記の設定も、先ほどのChange Frequenciesの設定と同じような優先度をつけてます。

※タグページの優先順位が低いと、カテゴリー別の優先順位も低くなる問題があるのでご注意ください

設定を変更したら、ページ最下部にある「設定を更新」をクリックするのを忘れないでください↓

以上、SEOに有利なGoogle XML Sitemapsの設定でした。

XML Sitemapsの設定が反映されているか確認する

冒頭にふれたように、この「Google XML Sitemaps」はグーグルサーチコンソールと連動させることで効果を発揮します。

もしグーグルサーチコンソールでサイトマップの設定を行っていない方は、この機にやっておきましょう。やり方は、【初心者向け】Googleサーチコンソールの使い方|2020年最新版の記事で解説してますので、そちらをご覧ください。

サーチコンソールでサイトマップの設定が済んでる方は、今回のXML Sitemapsの設定が正しく反映できてるかを確認しましょう。

確認手順1

まずサーチコンソールのメニューから「サイトマップ」 > 「/sitemap.xml」をクリックします↓

確認手順2

右上の「サイトマップを開く」をクリックします↓

グーグルに送信しているサイトマップの一覧が表示されます↓

確認手順3

まず「ホームページ」のxmlファイ%