仕事がつまらない40代はちきりんさんの本で人生2回論を学ぶべし

Book Mind WORK

仕事うつなサラリーマン「仕事がつまらない…。今の仕事を定年まで続けるなんて嫌すぎる…。でも家族のためにも稼がなきゃ。仕事がつまらないなんて甘えだし、ガマンして働くしかないですよね?」

こういった疑問に答えます。

本記事の内容

  • 仕事がつまらない40代はちきりんさんの本で人生2回論を学ぶべし

こんにちは、ヒデハルです。
大手メーカーで働く40代でございます。

つまらない仕事をするサラリーマンのよくある悩みとして、「仕事がつまらないなんて甘えだし、ガマンして働くしかないのかな…」という点があると思います。

かく言う私は、40才までは、つらい仕事も愚直にこなしていました。だって仕事ってそういうもんでしょ、と思い込んでいたから。でも40才を過ぎて、アナタと全く同じ悩みを抱えるようになったんです。「この仕事を定年までやるの、キツイな」って…。

このままじゃダメだ、なんとかしなきゃ、という想いで、いろんな本を読みあさっていたら、私の悩みをドンピシャで解決してくれる本に出会ったんです!

そこで今回は「仕事がつまらなくて、将来を考えると絶望的…」と悩んでるアナタにも、その本を紹介します。

この本を読めば、仕事の、いや人生のヒントが得られるでしょう。

仕事がつまらない40代はちきりんさんの本で人生2回論を学ぶべし

その本がこちら↓

著者は、ちきりんさん。

社会派ブロガーとして月間200万PVをほこる方で、一流マーケティング会社を40代後半で退職された経歴をもってます。

そんなちきりんさんの本の主旨をコンパクトにまとめようと思ったのですが、、

本の内容がどれも大切すぎて、コンパクトなんて無理でした…汗

というわけで、ちょっと長いかもですが、いくつかのブロックに分けて紹介しますね。

職業人生を2回に分ける

  • 寿命が大幅に延び、80歳くらいまで働かないと生活が立ち行かなくなる時代が来る
  • そうなると、働く期間はナント57年(23〜80歳)
  • そんなに長い期間1つの仕事、というのは非現実
  • そこでオススメなのが「職業人生は2回ある」という発想
  • 職業を2回選び、「前半(20代〜40代)」と「後半(40代〜)」に分ける

40代の方へ

  • 40代は、主体的に働き方を選びなおす、という視点をもとう
  • 「2回目の就活がきた!」って感じ
  • どんどん延びる定年まで無思考に今の働き方を続けるのではなく、
  • まだこれからという40代のタイミングで、自分の意思をもって次の働き方を設計しよう
  • 後半の職業人生は、余生でも引退後の生活でもなく、
  • 20年働いた人だけが手にできる、ご褒美としての「自分のためのオリジナル人生」なんだから

オリジナル人生を設計するうえで

  • やりたいことを後回しにしないことは、経済的な蓄えを少しばかり積み増すことよりも、よほど重要
  • 40代で働き方をリセットするメリットは、生活全てにおいて、自分のコントロールを取り戻せること
  • 自分が望ましいと思える生活スタイルをまず想定し、それが可能になる働き方はないか?という順番で考えられる
  • それこそが「人生で2回目の働き方の選択」
  • 40代になったら、出来るだけ早く自分自身のオリジナル人生を設計し、そちらに移行しよう
  • 後半戦は確実に「有限な人生」なんだから

オリジナル人生を手に入れるための3ステップ

  • その①:手に入れたい人生を明確にしよう
  • どこに誰と住んで、何時に起きて、どんなことをして毎日を過ごしたいのか、具体的に考えてみよう
  • 検討すべきは「そんな生活で食べていけるだろうか?」ではなく、「そんな生活を楽しいと思えるか?」
  • その②:複数の将来シナリオをもとう
  • 常に5つの将来シナリオを念頭において働き、次に行く道を考え続ける
  • その③:市場で稼ぐ力をつけよう
  • そのためには、なるべく市場に近いところで働くことが重要

ステップ③をさらに詳しく

  • この感覚を身につければ、時代が変わり、人生が100年の時代になっても、一生苦労しなくて済むから
  • 幸いなことに、最近は誰にとっても「市場から稼ぐ」ことが容易になりつつある
  • ブログやYouTubeを利用してアフィリエイトで稼ぐとか、イラストや電子自費出版をネットで売ったりとか
  • 最初からそんなに稼げるわけではないけど、うまくいけばビジネスと言える規模にもできる
  • それが可能なのは、ネットがグローバルで、規制のない世界だから
  • 市場で稼ぐ自信がない人は、組織にしがみつくしかなくなる
  • 市場の中でいかに勝ち残っていくかを考え、市場で選ばれる力、市場から稼ぐ力をつけようとする努力の方が、よほど有益

ステップ③を身につけるために

  • ちょっとした工夫で市場は学べる
  • 土日だけでも副業として市場に向き合ってみれば、その感覚を身につけるのに役立つ
  • ツイッターで一定数以上のフォロワーを集める、ブログでアクセスを集める、というのも典型的な市場型の体験
  • できるだけ積極的に市場で稼ぐ経験を身につけよう
  • そこで身につけた感覚とスキルこそが、自分の人生を選ぶための、大きな力になってくれるでしょう

本の内容紹介は以上です。
盛りだくさんでしたね…汗

少し補足すると

ちきりんさんは、あの有名な「ワークシフト」を読み、自分も未来の働き方について考えてみたいと思い、この本の出版に至ったとのこと。

まさにちきりんさんのこの本は、、

日本版ワークシフト!

ちきりんさんの著書で、市場で稼ぐ感覚を身につけることにフォーカスした以下の本も、とても役立ちます↓

40代のサラリーマンのみならず

この本は40代に1番グッとくる内容です。
住んでる世界のレベルは違えど、40代後半で退職したちきりんさんの思いは、40代の今の私にとても近く、まるで人生の道しるべを得たようでした。

もちろん30代の方もこの本は有益です。なぜなら40代で仕事を選びなおすのを見越しているのと、そうでないのとでは、いざ40代で…という時に大きな差が出るからです。それに、30代で仕事を選びなおすのもアリですしね。

20代の方は、最初の就職先を「最初で最後の…」と思うのか「1回目の…」と思うのかでは、就活への考え方も違ってくるでしょう。

小さなお子さんを育てている方には、「市場で生きていく力を子供につけてやるには、どうすればいいのか」という視点を持つことが大切で、この本はそれを考えるキッカケになるはずです。

まとめ:仕事がつまらない40代はちきりんさんの本で人生2回論を学ぶべし

「仕事がつまらない…ガマンするしかないのかな…」と悩んでいるアナタに、ぜひ読んで欲しい本を紹介しました。

最後におさらいしましょう。

ちきりんさんの本のサマリ

  • 人生を2回生きよう!40代で自分オリジナルの人生を始めよう!
  • 人生も働く期間もどんどん長くなるし、せっかく多様な生き方ができる時代になったのだから、
  • 50年近く同じスタイルで働くのではなく、人生を2つに分けて、それぞに異なる働き方を試してみれば、そして楽しんでみればいいんじない?

いかがでしたか?

今回の本は【2019年】買ってよかったもの10選【捨てて良かったモノも紹介】でも紹介したように、、

私の人生観を変えてくれた1冊です。

本記事に共感して頂いたなら、努力を続ける方法とは【努力と思わないでやれるコトをしよう】の記事もどうぞ。内容がリンクしてますから。

では最後にもう一度、、

人生は2回生きられます!

参考【まとめ】生産性の高い働き方・会社にしばられない自由な働き方

人気【まとめ】マコなり社長おすすめの本・グッズ・アイテム・サービス