WordPressでおすすめ&必須のプラグイン6選【ブログ初心者向け】

BLOG WordPress

ブログ初心者「WordPressの立ち上げはなんとか済んだ。次はプラグインの設定をしたい。でも何をインストールすればいいのかさっぱり、、おすすめのプラグインを教えて下さい。」

こういった疑問に答えます。

本記事の内容

  • WordPressでおすすめ&必須のプラグイン6選【ブログ初心者向け】

こんにちは、ヒデハルです。
ブログ歴は1年ほど。

WordPressでブログ運営をするなら、プラグインの導入は欠かせません。

WordPressとは「ユーザそれぞれが用途にあったプラグイン(拡張機能)を入れて使う」という前提のものだからです。

なので、秀逸なプラグインは入れないと損ですよ。

一方でプラグインを入れすぎると、表示速度の低下やセキュリティ低下を引き起こすので、必要最小限にとどめましょう。

そこで今回は、WordPressでおすすめ&必須のプラグイン6選を紹介します。

WordPressでおすすめ&必須のプラグイン6選【ブログ初心者向け】

おすすめ&必須のプラグインは以下の6つ。

上記のとおり、たったの6つでOK。
(最後に番外編がありますけど)

では順に見ていきましょう。

その①:All In One SEO Pack

メタディスクリプションの入力や、SNSに表示する画像の設定に使います。
またnoindex設定など、SEOに関する様々な設定ができるプラグインの筆頭。

※補足:メタディスクリプションとは、検索したときに表示されるこれ↓

All in One SEO Pacの詳しい説明は、以下の記事をご覧下さい。

その②:AddQuickTag

クイックタグの追加が簡単にできるようになります。
よく使うタグを登録すれば、記事執筆のスピードアップは間違いなし。

※補足:クイックタグとはこのボタン↓

その③:Google XML Sitemaps

サイトマップ送信を自動化します。
プラグインをONにしたあとに、サーチコンソールでサイトマップを送っておきましょう。

どんなサイトなのかをGoogleに知ってもらえ、検索順位で有利に働きますよ。

サーチコンソールでサイトマップを送る方法は、以下をご覧下さい。
» 【初心者向け】Googleサーチコンソールの使い方|2020年最新版

その④:WP Multibyte Patch

英語圏で作られたWordPressを、日本語環境で正しく動作させるためのもの。
とりあえずONにすればOK。

その⑤:Akismet Anti-Spam

コメントスパム対策用です。

Akismetは最初からインストールされてるので、コメント欄を開放している場合はONにしておきましょう。

コメント欄を使ってなければ不要かもですが、とりあえずONにしておけばよいかと。
» 参考:コメント欄非表示でも必要だと思う理由

その⑥:Broken Link Checker

リンク切れを指摘してくれます。
プラグインをONにして、設定画面から通知用のメールアドレスを入れておけばOK。

番外編1:Classic Editor

WordPress5.0から、Gutenberg(グーテンベルク)というエディタが追加されました。ブロック単位でコンテンツを作っていくエディタですね。

このグーテンベルクを使うなら、本プラグインは不要です。(なので、番外編にしてる)

私みたいに、以前のクラシックエディタを使うなら、本プラグインを入れましょう。

※補足:クラシックエディタとはこれ↓

番外編2:TinyMCE Advanced

ビジュアルエディタにおいて、投稿画面の編集ボタンの種類を増すことができます。
無料ブログやMicrosoft Wordの使用感に近づき、作業効率がUPするでしょう。

こうなります↓

ただし、私みたいにテキストエディタを使うなら、本プラグインは不要です。(なので、番外編にしてる)

プラグインは本当に6つだけでいいの?

結論、6つでOK!

理由は、あの神ブロガーのマナブさん(@manabu_bannai)も今回紹介した6つで充分と言ってるから。(他力本願…)

正確に言うと私の場合は(おそらくマナブさんも)、番外編で述べたClassic Editorも使ってるので7つ。

あの有名なプラグインは?

プラグインの紹介記事をググると、よく目にするプラグインがあるでしょう。それらについて補足しておきます。

Contact Form 7

お問い合わせフォームの定番。ただ初心者のうちはまだ要らないかと。100記事くらい書いたら、設置を考えましょう。

Table of Contents Plus

目次作成用。便利でしょうが、これを使わなくてもリンクつきの目次は作成できます、本記事のように。

PS Auto Sitemap

読者向けのサイトマップ作成用。2015年以降は更新がなく不安あり…。手動コーディングがおすすめ(» 参考

BackWPup

データバックアップ用。私は無料でバックアップをとってくれる使用サーバ(mixhost)にお任せ。

最後に、プラグインが少ないメリットを

プラグインが少ないと、冒頭で述べたように、以下のメリットがあります。

  • 読み込み速度が低下せず、SEOで有利
  • セキュリティが弱くならない
  • プラグインどうしの競合が発生しない

試しに当サイトの読み込み速度をGoogleでテストしてみました。
» PageSpeed Insights

結果は95点

プラグインを必要最小限にした効果を実感してもらえたと思います。

まとめ:WordPressでおすすめ&必須のプラグイン6選【ブログ初心者向け】

WordPressは、プラグインを入れて使う前提なので、秀逸なプラグインを入れないと損ですよ。

一方でプラグインを入れすぎると、表示速度の低下やセキュリティ低下を引き起こすので、必要最小限にとどめましょう。

WordPressでおすすめ&必須のプラグイン6選

プラグイン選びに時間をかけるのはもったいないので、上記6つをサクッと入れちゃいましょう!

参考になれば幸いです😌

参考【初心者向け】副業でのブログ運営におすすめなツール10選