WordPressの無料おすすめプラグイン10選【ブログ初心者必見】

BLOG WordPress

ブログ初心者「WordPressの立ち上げはなんとか済んだ。次はプラグインの設定をしたい。でも何をインストールすればいいのかさっぱり、、おすすめのプラグインを教えてください。」

こういった疑問に答えます。

本記事の内容

  • WordPressのおすすめプラグイン10選

記事の信頼性

本記事を書いてる私はブログ歴2年以上。記事数は350を超えました。WordPressに関する記事も多数アップしています。

今回は、WordPressでおすすめのプラグイン10選を紹介します。

WordPressでブログ運営するなら、プラグインを入れるのは必須です。

プラグインを入れることで、
・執筆作業の効率が上がる
・SEOで有利になる
といったメリットがあるからです。

とはいえ、ブログ初心者の方にとっては、どれを入れればいいかわかりませんよね?

そこでは今回は、これまでのブログ経験をもとに、「これだけ入れれば充分!」という神プラグインを10個紹介しました。

ぜひ、あなたのブログにも導入してみてください。

目次

WordPressにプラグインをインストールする方法

最初に、WordPressにプラグインをインストールする方法を紹介します。

インストール方法をすでにわかってる方は、次の章にスキップしてください。

WordPressにプラグインをインストールする方法は、以下の3ステップです。

  • 手順①:WordPressプラグインを検索する
  • 手順②:WordPressプラグインのインストール
  • 手順③:WordPressプラグインを有効にする

順に見ていきます。

手順①:WordPressプラグインを検索する

まず、お目当てのプラグインを検索します。

WordPressの管理画面を開き、左メニューから[プラグイン] > [新規追加]をクリックします。
右上の検索窓に、インストールしたいWordPressプラグインの名前を入力しましょう。

手順②:WordPressプラグインのインストール

次はプラグインのインストールです。

手順①で検索したプラグインの、[今すぐインストール]ボタンをクリックします。

手順③:WordPressプラグインを有効にする

最後にプラグインを有効にします。

プラグインのインストールが完了したら、以下の表示になるので、[有効化]をクリックします。

以上でWordPressプラグインのインストールは完了。

あとは、プラグインごとに初期設定を行っていきます。

WordPressでおすすめ&必須のプラグイン10選

では、WordPressプラグインを紹介していきます。

おすすめ&必須のWordPressプラグインは以下の10個です。

順に見ていきます。

その①:All In One SEO

All In One SEOは、メタディスクリプションの入力や、noindex設定など、SEOに関する設定を行えるプラグイン。

ちなみに、メタディスクリプションとは、検索結果でタイトルの下に表示される説明文のこと。

All In One SEOは、メタディスクリプションやnoindexタグなど、SEOに関する設定を簡単に行えるのでおすすめ。

All In One SEOの使い方は、以下の記事をご覧ください。
» All in One SEOの設定と使い方【ブロガー必須のプラグイン】

その②:Google XML Sitemaps

Google XML Sitemapsは、XMLサイトマップをGoogleに自動送信してくれるプラグイン。

XMLサイトマップをGoogleに通知すれば、クローラビリティーを促進して、SEOで有利になります。

Google XML Sitemapsは、一度設定すれば、以降はXMLサイトマップ送信を自動化してくれるのでおすすめ。

Google XML Sitemapsの使い方は、以下をご覧下さい。
» Googleサーチコンソールの使い方をやさしく解説【初心者向け】

その③:AddQuickTag

AddQuickTagは、クイックタグをカスタマイズできるプラグイン。

クイックタグとは、以下のようなボタンを押すことで、HTMLコードを挿入してくれる機能。

AddQuickTagは、クイックタグを簡単にカスタマイズできるのでおすすめ。記事執筆スピードがアップします。

AddQuickTagの使い方は、以下の記事をご覧ください。
» AddQuicktagの設定と使い方【WordPressプラグイン】

その④:WP Multibyte Patch

WP Multibyte Patchは、英語圏で作られたWordPressを、日本語環境で正しく動作させるためのプラグイン。

プラグインをインストールしたら、オンにしとけばOKです。

その⑤:Akismet Anti-Spam

Akismet Anti-Spamは、コメントスパム対策用のプラグイン。

Akismetは最初からインストールされてるので、コメント欄を開放している場合はONにしておきましょう。

コメント欄を使ってなくても、とりあえずONにしておけばよいかと。
» 参考:コメント欄非表示でも必要だと思う理由(外部リンク)

その⑥:Broken Link Checker

Broken Link Checkerは、リンク切れを指摘してくれるプラグイン。

プラグインをONにして、設定画面から通知用のメールアドレスを入れておけばOK。

その⑦:BackWPup

BackWPupは、もしものときに備えて、ブログのデータのバックアップを自動でとってくれるプラグイン。

ブログのデータは、いつなんどき破損するかわかりません。

BackWPupなら、自動でバックアップをとってくれるし、復元も可能なので、おすすめです。

BackWPupの使い方は、以下の記事をご覧ください。
» BackWPupの設定・使い方|WordPressの復元(バックアップ)プラグイン!

その⑧:EWWW Image Optimaizer

EWWW Image Optimaizerは、ブログ記事に挿入する画像を軽くしてくれるプラグイン。

画像を軽くすれば、ページの表示速度が速くなってSEOに有利です。

EWWW Image Optimaizerは、画像のリサイズと圧縮を自動で行ってくれるので、超おすすめ!

EWWW Image Optimaizerの使い方は、以下をご覧ください。
» EWWW Image Optimizerの設定と使い方|画像圧縮におすすめのプラグイン

その⑨:WP Fastest Cache

WP Fastest Cacheは、ページの表示速度を上げるキャッシュ管理用のプラグイン。

ページの表示速度を上げると、SEOで有利になります。

複数あるキャッシュ系のプラグインのなかで、WP Fastest Cacheは、初心者でも扱いやすく、バグ報告が少ないのでおすすめです。

WP Fastest Cacheの使い方は、以下の記事をご覧ください。
» WP Fastest Cacheの設定方法|ページ高速化におすすめのプラグイン

その⑩:Contact Form 7

Contact Form 7は、お問い合わせフォームを簡単に作れるプラグイン。

お問い合わせフォームを作っておくと、サイトの信頼性も上がるし、ASP担当者からの連絡もくるので、早めに作っておいた方がいいです。

Contact Form 7は、お問い合わせフォームを簡単に作れるのでおすすめ!

Contact Form 7の使い方は、以下の記事をご覧ください。
» WordPressのお問い合わせフォーム設置方法|Contact Form 7の使い方

以上、ブログ初心者におすすめしたい無料のプラグイン10選でした。

WordPressの無料おすすめプラグイン番外編

続いては、前述の10選には入らなかったけど、おすすめのプラグイン、つまり番外編を紹介します。

番外編で紹介するプラグインは以下の4つです。

  • Classic Editor
  • TinyMCE Advanced
  • TablePress
  • Table of Contents Plus/Easy Tabale of Contents/Rich Table Contents

順に見ていきます。

Classic Editor

Classic Editorは、以前のクラシックエディタを使うためのプラグイン。

WordPress5.0から、Gutenberg(グーテンベルク)というエディタが追加されました。

このグーテンベルクを使うなら、本プラグインは不要。なので、番外編にしています。

私みたいに、クラシックエディタを使うなら、Classic Editorを入れるのがおすすめ。

Classic Editorを入れると、WordPressの画面がこんな感じになります。

TinyMCE Advanced

TinyMCE Advancedは、ビジュアルエディタにおいて、編集ボタンの種類を増やすことができるプラグイン。

ビジュアルエディタを使う方なら、作業効率がアップするのでおすすめ。編集画面がこんな感じになります。

ただし、私みたいにテキストエディタを使うなら、本プラグインは不要。なので、番外編にしています。

TablePress

TablePressは、表・テーブルを簡単に作成できるプラグイン。

わたしの場合、前述のプラグインAddQuickTagで、「表を挿入する」ボタンを利用しているので、このプラグインは使っていません。

また、このプラグインを使わずに、マークダウン記法を使って表の作成する方法もあります。以下の記事を参考にどうぞ。
» マークダウン記法でWordPressの執筆を時短する方法|HTML変換ツールも紹介

Table of Contents Plus/Easy Tabale of Contents/Rich Table Contents

この3つのプラグインは、記事の目次を簡単に作ることができるプラグイン。

記事の目次を自動で作れて、執筆作業が効率化するのでおすすめ。どれも人気なので、気に入ったものを使ってみるといいですね。

※なお私の場合は、使ってるWordPressテーマとの相性の問題で、目次のデザインが崩れたので、これらのプラグインは使っていません。手動で目次を作っています。

上記のプラグインの利用方法は、以下をご覧ください。
» WordPressブログで目次を作る方法【プラグインあり・なし】

以上、おすすめのWordPressプラグイン、番外編でした。

WordPressのプラグイン数は最小限にすべき

最後に、WordPressのプラグイン数は最小限にした方がいいよ、という話をします。

WordPressのプラグインって便利ですけど、あれもこれもと入れすぎると、以下のようなリスクがでてきます。

  • サイトの表示速度が低下する
  • プラグインどうしが競合する
  • セキュリティが低下する

上記のとおり。

なので、WordPressのプラグイン数は最小限にした方がいいです。

目安としては、今回紹介したように10個。どんなに多くても15個までにとどめることをおすすめします。

もし、WordPressプラグインをまだほとんど入れていない方は、本記事で紹介したプラグインを入れれば充分です。

一方、15個以上のプラグインを入れている方は、そのプラグインが本当に必要なのかを今一度みなおしてみてください。

まとめ:神プラグインを導入してブログレベルを上げよう!

おすすめのWordPressプラグインを10個紹介しました。

秀逸なプラグインを入れることで、
・執筆作業の効率が上がる
・SEOで有利になる
といったメリットが得られます。

今回紹介したプラグインの中で、まだ使っていないものがあれば、この機に導入してみてください。

あなたのブログレベルが上がるはず!

最後におさらいすると、今回した神プラグインは以下の10個でしたね。

  • All In One SEO
  • Google XML Sitemaps
  • AddQuickTag
  • WP Multibyte Patch
  • Akismet Anti-Spamh
  • Broken Link Checker
  • BackWPup
  • EWWW Image Optimizer
  • WP Fastest Cache
  • Contact Form 7

今回は以上です。

↑記事の先頭に戻る↑

参考【初心者向け】副業でのブログ運営におすすめなツール13選