WordPressの無料おすすめプラグイン8選【ブログ初心者必見】

BLOG WordPress

ブログ初心者「WordPressの立ち上げはなんとか済んだ。次はプラグインの設定をしたい。でも何をインストールすればいいのかさっぱり、、おすすめのプラグインを教えて下さい。」

こういった疑問に答えます。

本記事の内容

  • WordPressのプラグインをインストールする方法
  • WordPressの無料おすすめプラグイン8選
  • WordPressにインストールするプラグインは8つだけいいの?

本記事を書いてる私は、40代でブログを始めて1年で月1万PVを達成。今ではブログ歴は2年を超え、記事数も340を超えました。この経験をブログ初心者の方に共有します。

WordPressでブログ運営をするなら、プラグインの導入は欠かせません。

そもそもWordPressって、「ユーザそれぞれが用途にあったプラグイン(拡張機能)を入れて使う」という前提のものでして、プラグインを入れないと、WordPressの良さを活かしきれないから。

一方で、プラグインを入れすぎると、表示速度の低下やセキュリティ低下を引き起こすので、あれもこれもと入れてはいけません。

「じゃ、どのプラグインを入れればいいの?」

ブログ初心者にとって、ここが悩みどころですよね?

そこで今回は、ブログ歴2年で340記事を超えた私が、WordPressでおすすめ&必須のプラグイン8選を紹介しました。ぜひあなたのブログにも導入してみてください。

WordPressにプラグインをインストールする方法

ブログ初心者向けに、WordPressにプラグインをインストールする方法を紹介します。「そんなの知ってるよ」という方は、次の章にスキップしてください。

WordPressにプラグインをインストールする方法は、以下の3ステップです。

  • 手順①:WordPressプラグインを検索する
  • 手順②:WordPressプラグインのインストール
  • 手順③:WordPressプラグインを有効にする

手順①:WordPressプラグインを検索する

WordPressの管理画面を開き、左メニューから[プラグイン] > [新規追加]をクリックします。
右上の検索窓に、インストールしたいWordPressプラグインの名前を入力します。

手順②:WordPressプラグインのインストール

インストールしたいWordPressプラグインが見つかったら、[今すぐインストール]をクリックします。

手順③:WordPressプラグインを有効にする

WordPressプラグインのインストールが完了したら、[有効化]をクリックします。

以上でWordPressプラグインのインストールは完了。どのプラグインであっても、手順は全て同じです。

WordPressでおすすめ&必須のプラグイン8選【ブログ初心者向け】

おすすめ&必須のWordPressプラグインは以下の8つ。

どれも、ブログ中上級者に人気のWordPressプラグインで、実績と信頼性は申し分ありません。

では順に見ていきましょう。

おすすめプラグイン①:All In One SEO Pack

メタディスクリプションの入力や、SNSに表示する画像の設定に使います。
またnoindex設定など、SEOに関する様々な設定ができるプラグインの筆頭。

※補足:メタディスクリプションとは、検索したときに表示されるこれ↓

本プラグインをインストールした後、使い方の手順は、以下の記事をご覧下さい。

おすすめプラグイン②:AddQuickTag

クイックタグの追加が簡単にできるようになります。
よく使うタグを登録すれば、記事執筆のスピードアップは間違いなし。

※補足:クイックタグとはこのボタン↓

本プラグインをインストールした後、使い方の手順は、以下の記事をご覧下さい。
» AddQuicktagの設定と使い方【WordPressプラグイン】

おすすめプラグイン③:Google XML Sitemaps

サイトマップ送信を自動化します。
プラグインをONにしたあとに、サーチコンソールでサイトマップを送っておきましょう。

どんなサイトなのかをGoogleに知ってもらえ、検索順位で有利に働きますよ。

サーチコンソールでサイトマップを送る方法は、以下をご覧下さい。
» 【初心者向け】Googleサーチコンソールの使い方|2020年最新版

またプラグインの設定については、以下もあわせて参考にどうぞ。
» SEOに有利なGoogle XML Sitemapsの設定【WordPress】

おすすめプラグイン④:WP Multibyte Patch

英語圏で作られたWordPressを、日本語環境で正しく動作させるためのもの。
プラグインをインストールしたら、オンにしとけばOK。

おすすめプラグイン⑤:Akismet Anti-Spam

コメントスパム対策用です。

Akismetは最初からインストールされてるので、コメント欄を開放している場合はONにしておきましょう。

コメント欄を使ってなければ不要かもですが、とりあえずONにしておけばよいかと。
» 参考:コメント欄非表示でも必要だと思う理由(外部リンク)

おすすめプラグイン⑥:Broken Link Checker

リンク切れを指摘してくれます。
プラグインをONにして、設定画面から通知用のメールアドレスを入れておけばOK。

おすすめプラグイン⑦:BackWPup

ブログのデータのバックアップを自動でとってくれます。もちろん万一のときは、データの復元が可能です。

あなのブログデータって、いつ何があるかわかりませんよ。

例えば、自分のミスで記事を消したり、契約サーバ側のミスでデータが削除されたりとか。あるいは、WordPressの不具合でデータが無くなったりすることもあるでしょう。

そんなことが起きても大丈夫なように、ぜひともこのプラグインをインストールしておきましょう。

本プラグインをインストールした後、使い方の手順は、以下の記事をご覧下さい。
» BackWPupの設定・使い方|WordPressの復元(バックアップ)プラグイン!

おすすめプラグイン⑧:EWWW Image Optimaizer

ブログ記事に挿入する画像ファイルを最適化(圧縮&リサイズ)してくれます。

2021年からGoogleは、サイトの読み込み速度も検索順位の指標に入れました。よって、サイトが軽いか?っていうのは、今後ますます重要になるでしょう。

EWWW Image Optimaizerをインストールすれば、画像を簡単に圧縮&リサイズしてくれるので、サイトが軽くなります。

さらに、その最適化を自動でやってくれるので、執筆効率もアップします。まさに、ブログ運営には欠かせない必須のプラグイン!

なお、本プラグインをインストールした後、使い方の手順は、EWWW Image Optimizerの設定・使い方|WordPress画像圧縮プラグインをご覧ください。

※参考:ブログにおすすめの画像は、ブログでおすすめのフリー画像・無料素材サイト6選の記事を参考にどうぞ。

以上、ブログ初心者におすすめしたい無料のプラグイン8つでした。
この後は、万人向けではないですが、おすすめのプラグインを2つほど紹介します。

おすすめプラグイン番外編1:Classic Editor

WordPress5.0から、Gutenberg(グーテンベルク)というエディタが追加されました。ブロック単位でコンテンツを作っていくエディタですね。

このグーテンベルクを使うなら、本プラグインは不要です。(なので、番外編にしてる)

私みたいに、以前のクラシックエディタを使うなら、本プラグインを入れましょう。

※補足:クラシックエディタとはこれ↓

おすすめプラグイン番外編2:TinyMCE Advanced

ビジュアルエディタにおいて、投稿画面の編集ボタンの種類を増すことができます。
無料ブログやMicrosoft Wordの使用感に近づき、作業効率がUPするでしょう。

こうなります↓

ただし、私みたいにテキストエディタを使うなら、本プラグインは不要です。(なので、番外編にしてる)

おすすめプラグイン番外編3:TablePress

表・テーブルを簡単に作成できます。

記事の中で表を使うときは、TablePressで表を作成してから、ショートコードで本文に挿入すると便利です。

ただ私で言えば、前述のプラグインAddQuickTagで、「表を挿入する」ボタンを利用しているので、このプラグインは使っていません。

また、プラグインを使わずに、マークダウン記法を使って表の作成する方法もあります。マークダウン記法を覚えておくと、ブログ執筆が効率化するので、ぜひ覚えておきましょう。
» マークダウン記法でWordPressの執筆を時短する方法|HTML変換ツールも紹介

WordPressにインストールするプラグインは8つだけいいの?

結論、8つでOK!

理由は、あの神ブロガーのマナブさん(@manabu_bannai)も8つで充分と言ってるから。使ってるプラグインもほとんど一緒です。

よくある質問:あの有名なプラグインは入れなくていいの?

プラグインの紹介記事をググると、よく目にするプラグインがあるでしょう。それらについて補足しておきます。

Contact Form 7

お問い合わせフォームの定番。ただ初心者のうちはまだ要らないかと。100記事くらい書いたら、設置を考えましょう。

Table of Contents Plus

目次作成用。便利でしょうが、これを使わなくてもリンクつきの目次は作成できます、本記事のように。

PS Auto Sitemap

読者向けのサイトマップ作成用。2015年以降は更新がなく不安あり…。手動コーディングがおすすめ(» 参考

最後に、プラグインが少ないメリットを紹介します

プラグインが少ないと、冒頭で述べたように、以下のメリットがあります。

  • 読み込み速度が低下せず、SEOで有利
  • セキュリティが弱くならない
  • プラグインどうしの競合が発生しない

試しに当サイトの読み込み速度をGoogleでテストしてみました。
» PageSpeed Insights

結果は95点

プラグインを必要最小限にした効果を実感してもらえたと思います。

まとめ:ブログ初心者は、WordPressのおすすめ無料プラグイン8つを入れよう!

今回は、WordPressのおすすめ無料プラグイン8つを紹介しました。

おさらいすると、以下の8つです。

  • その①:All In One SEO Pack
  • その②:AddQuickTag
  • その③:Google XML Sitemaps
  • その④:WP Multibyte Patch
  • その⑤:Akismet Anti-Spamh
  • その⑥:Broken Link Checker
  • その⑦:BackWPup
  • その⑧:EWWW Image Optimizer
  • 番外編:Classic Editor/TinyMCE Advanced

プラグイン選びに時間をかけるのはもったいないので、上記8つをサクッと入れちゃいましょう!

今回は以上です。

参考【初心者向け】副業でのブログ運営におすすめなツール10選