太るのはビールとワインどっち?カロリーや糖質量を比較してみた

HEALTH LIFE

アルコールが好きだけど、ダイエットも気になる人「ビールとワイン、どっちも好きなんだけど、太るのはどっちでしょう?やっぱりダイエットも大切なので…。」

こういった疑問に答えます。

本記事の内容

  • 太るのはビールとワインどっち?カロリーや糖質量を比較してみた

こんにちは、ヒデハルです。
健康に気を使う40代で、ビールもワインも大好き。

アルコールが好きで、ダイエットも気になる人のよくある悩みで「ビールとワイン、どっちが太るの?」という点があると思います。

その答えは、ビールの方が太ります。

予想通りですいません…汗

本記事ではビールとワインについて、カロリーや糖質を比較しますので、参考にして下さい。

カロリー:ビールの方がワインより1.5倍高い(1杯比較)

まず、同じ量あたりのカロリーを比較してみます。

100gあたりのカロリー比較

  • ワイン:73 kcal
  • ビール:40 kcal

「えっ!ビールの方がカロリー低いの?」と早合点してはいけません。あくまで「100g」あたりの比較です。

一般的に、ビール1杯というと350ml、ワイン1杯というと120mlぐらい。その量を1杯、2杯、3杯というペースで飲んでいきますよね?

なので、100gあたりではなく、実質的な1杯の量で比較した方が意味があるでしょう。

では改めて、1杯あたりで比較するとこうなりました。

1杯あたりのカロリー比較

  • ワイン: 90 kcal
  • ビール:140 kcal

上記のとおり。

「1杯あたり」ではビールの方がカロリーが上で、約1.5倍。

摂取するカロリーが増えると、太りやすくなるのは明らか。

というわけで、カロリー面では、ビールの方がワインよりも太るといえますね。

糖質:ビールはワインより5倍も高い!

beer

次に糖質を比較します。
まずは、100gあたりの比較から。

100gあたりの糖質比較

  • ワイン:1.5 g
  • ビール:3.0 g

ビールの方が2倍も上ですね。

これを先ほどと同様、1杯あたりで比較するとどうなるでしょうか?

1杯あたりの糖質比較

  • ワイン: 1.8 g
  • ビール:10.5 g

上記のとおり。

「1杯あたり」で比較すると、ビールの糖質量は、ワインの5倍!

糖質のとりすぎると太るのは周知の事実…。

よってカロリーだけでなく、糖質もビールの方がワインよりも太るといえますね。

ビールは食欲増進効果あり、要ケア

カロリーと糖質のいずれも、ビールの方がワインよりも太る、ことをお伝えしました。

さらにいうと、ビールには「食欲増進効果」があるんですよね。

ビールを飲むと、どんどん食が進んで「食べ過ぎちゃった~」って経験ありますよね?

これはビールの食欲増進効果が影響してるわけです。

ビールってホントおいしいですけど、飲みすぎに気をつけないとですね。

まとめ:太るのはビールとワインどっち?カロリーや糖質量を比較してみた【答えはビール】

beer

記事のポイントをまとめます。

  • ビールの方がワインよりも太りやすい
  • 理由(1) カロリー:ビールはワインの1.5倍(1杯比較)
  • 理由(2) 糖質:ビールはワインの5倍(1杯比較)
  • 理由(3) ビールは食欲増進効果もあるのでなおさら

ビールの飲みすぎに注意して、お酒を楽しみましょう。

参考になれば幸いです😌

参考40代におすすめのエイジングケア10選【体をメンテナンスしよう】

人気【まとめ】マコなり社長おすすめの本・グッズ・アイテム・サービス