Googleアナリティクス4(GA4)とは?特徴やUAとの違いを解説!

BLOG SEO

GA4初心者「アクセス解析ツールのGoogleアナリティクス4を使いたいので、特徴を教えてください。従来のアナリティクスに比べて何が変わったんでしょうか?」

こんな悩みにお答えします。

記事の内容

  • GA4の特徴とは(UAとの違い)

記事の信頼性

本記事を書いている私はブログ歴2年以上。アナリティクスをはじめ、SEOに関する記事も多数アップしています。

今回は、Googleアナリティクス4(GA4)の特徴を解説します。

GA4とは、2020年10月にリリースされたGoogleアナリティクスの最新バージョン。

GA4は、従来のユニバーサルアナリティクス(UA)に比べて、いろんなアップデートがされています。

GA4は、UAデータを引き継ぐこともできず、もはや「別ツール」の印象さえあるほど。

GA4をさわってみるのも大事ですけど、GA4が登場した背景や、UAとの違いを先に理解しておいた方が、GA4の習熟スピードが速くなるのでおすすめです。

本記事では、GA4の特徴を初心者向けにわかりやすく解説しましたので、ぜひご覧ください。

※本記事は、GA4の「特徴」にフォーカスしています。その他は以下の記事をご覧ください。
» Googleアナリティクス4(GA4)習得への完全マップ

目次

Googleアナリティクス4(GA4)とは

Googleアナリティクスの歴史や、GA4が登場した背景を解説します。

Googleアナリティクスとは

Googleアナリティクスとは、Googleが無料で提供しているWebサイトのアクセス解析ツールです。

アナリティクスを導入すれば、サイトに訪れたユーザー数や訪問回数、閲覧したページなどを確認できます。

上記の情報がわかればWebサイトの改善に活かせるので、ブログ運営には必須のツールですね。

※ブログ運営におすすめのツールは、ブログアフィリエイトのおすすめ便利ツール13選【初心者必見!】で紹介していますので、参考にどうぞ。

Googleアナリティクス進化の歴史

アナリティクスを世代で分けると4つあります。

リリース 概要 JavaScriptファイル
第1世代 2005年 GoogleがUrchinを買収し
アナリクスをリリース
urchin.js
第2世代 2009年 非同期タグとなり精度向上 ga.js
第3世代 2012年 多様なデバイスやアプリで解析ができるようになり、
ユニバーサルアナリティクス(UA)と呼ばれる
analytics.js
2017年 Firebase Analytics(アプリ用)と
グローバルサイトタグがリリースされる
gtag.js
第4世代 2020年10月 Googleアナリティクス4(GA4)

※スマホは横にスライド可

上記のとおり。

これまで多くのユーザーに使われてきたのが、第3世代のユニバーサルアナリティクス(UA)。詳しくは、こちらの記事で解説しています。

UAが登場してから10年が過ぎ、Googleアナリティクスの第4世代としてリリースされたのが「GA4」というわけです。

GA4が登場した背景

ところで、第3世代のUAが広く普及しているのに、GoogleはなぜGA4をリリースしたのでしょうか?

GoogleがGA4をリリースしたのは、以下の背景があったからです。

  • 背景①:スマホやアプリを加味した解析環境を整える必要があった
  • 背景②:プライバシーに配慮できるツールへと進化する必要があった

順に見ていきます。

背景①:スマホやアプリを加味した解析環境を整える必要があった

アナリティクスがリリースされた2005年当時、アナリティクスは、Web中心のアクセス解析ツールでした。

当時はWebを見ていれば、ユーザーのオンライン行動はほぼ全て把握できていました。

しかし、タブレットやスマホの普及によって、ユーザーが複数の端末とブラウザを使うようになり、近年ではユーザーの行動が追いづらくなっています。

また、従来のアナリティクスは、Webサイトのデータをページ単位で見ていましたが、アプリや動画のように、ページの概念がないものが登場したことで、アプリとWebの横断分析はひと手間かかるという課題も出てきました。

アナリティクスは、これまで改良に改良を重ね、進化してきましたが、、
そろそろ限界に達したということでしょう…

そこでGoogleは、アナリティクスを一新し、ユーザー行動の全体を分析できるツール「GA4」を開発したわけです。

背景②:プライバシーに配慮できるツールへと進化する必要があった

GA4登場の背景その②は、「プライバシー尊重への配慮」です。

GDPR(EU一般データ保護規則)CCPA(カリフォルニア州消費者プライバシー法)などの規則・法律によって、プライバシーの尊重は世界標準になりました。

Cookieは匿名化された情報ですが、GDPRやCCPAでは個人情報として扱われています。

Googleはこうしたプライバシー尊重に配慮し、GDPRやCCPAに準拠したGA4をリリースしたというわけです。

GA4のデータ保護の仕組みを理解したい場合は、GA4の左メニューの[管理] > [アカウント設定]をクリックし、記事内の[データ保護]リンクをクリックします。

リンク先では、GA4におけるデータの取り扱い方法などが記載されています。一読すると知見も広がるでしょう。

また、GA4は、CookieやIDに関する制限事項など、業界の変化によってデータに不足が生じた場合でも有効活用できる仕組みとなっています(※参照:新しいGoogleアナリティクスのご紹介)。

このような背景から、プライバシーに配慮しながら、ユーザー中心の分析ができるようにリリースされたのがGA4というわけです。

GA4のデモアカウント

GA4にはデモアカウントが用意されています。

Googleのアカウントをお持ちであれば、誰でもデモアカウントを利用して、GA4のレポートを見ることが可能です。

もしもGA4をまずは実際に見てみたいという方は、このままお進みください(デモアカウントは後でいいよという方は、こちらをクリックして、次の章へスキップ)。

GA4のデモアカウントの追加手順

まず、あなたのGoogleアカウントにログインします。

次に以下のリンクをクリックして、デモアカウントのページにアクセスします。
» デモアカウントのページ

リンク先のページ中央部にある[デモアカウントを追加]をクリックします。

Googleアナリティクスの画面が開きます。
画面上部をクリックして、

[GA4-Google Merchandise Store]のプロパティをクリックします

すると、以下のようなGA4のデモページが表示されます。

上記は、Googleが運営しているECサイトのGA4ウェブ版のレポートで、以下サイトのデータです。
https://shop.googlemerchandisestore.com/

上記の画面をさわると、GA4の感触をつかめるでしょう。

※デモアカウントは管理画面からいつでも削除可能です。

GA4の特徴とメリット(計測/集計/分析ごとに解説)

続いては、Googleアナリティクス4(GA4)の特徴やメリットを詳しく解説します。

GA4は、ユニバーサルアナリティクス(UA)と比較すると、以下の点が変わりました。

特徴 メリット
計測 計測単位がイベントに統一
データストリームの概念
Googleシグナルとの連携強化
ユーザー行動を把握しやすい
Webとアプリを横断分析できる
集計 見た目がガラッと変わった メニュー構成がわかりやすい
分析 探索メニューが充実
BigQueryが無料で利用可に
多様で柔軟な分析ができる
機械学習の機能が追加 分析の気づきを得ることができる

※スマホは横にスライドできる

順に見ていきます。

【計測】単位単位がイベントに統一

GA4では、計測単位がイベントに統一されました。

UAでは、ページを表示すると「pageview」というデータ種別が送られます(他にもイベントやeコマースなどのヒットの種類がある)。

UAでは、この「ページの表示」が計測の基本単位で、その仕様を元に様々な指標が計測されていました。

・セッション
・直帰率
・離脱率
・ページ滞在時間
・平均閲覧ページ数

などは、全てページビューありきの指標です。

しかし、このページの表示を軸にした考え方は、2005年当時はよかったものの、現在ではユーザーの行動の実態を表せなくなってきました。

以下のようなシチュエーションに弱いからです。

  • 流入して動画を30分見てから離脱 vs 流入して3秒で離脱
  • URLやページという概念がないアプリ
  • アプリとWebの横断分析

上記の問題に対して、これまで「イベント機能」で代替はしてきました。

・UA:スクロール率・滞在時間・動画再生などをイベント機能を使って実装・計測
・Firebase(アプリ版アナリティクス):そもそもイベント計測

しかし、根本的な解決に至っておらず、実装や設定の手間も増えてきていました…。

そこで、Googleは、アナリティクスを思い切ってリニューアル!

GA4では、Firebaseの考え方を元に設計され、計測単位が「イベント」に統一されました。

※イベントとは、ユーザーが起こした操作や行動のこと。クリックやスクロール、PDFのダウンロードなど。

GA4では、ページビューもイベントとして送信されます。

データ種別 UA GA4
ページビュー ページビューとして計測 イベントとして計測
イベント イベントとして計測 イベントとして計測
Eコマース Eコマースとして計測 イベントとして計測

※スマホは横にスライドできる

従来の「ページ表示」ではなく、ユーザーがなんらかの操作や行動を起こした(=イベントが発生した)ときにデータを計測することで、ユーザー行動をより詳しく把握できるようになります。

たとえば、ページを最後まで読んだ(最後までスクロールした)ときにはscrollというイベントが発生します。このscrollというイベントを見ることで、「流入後3秒で離脱 vs 最後まで読んで離脱」というユーザー行動の違いを把握できます。

UAでも、計測タグの実装によっては同じことをできましたが、GA4では、よく使われるイベントが自動計測されるようになり、ユーザー行動に沿った分析が簡単になりました。

自動計測できるイベントの例としては、

  • ページビュー
  • スクロール
  • 動画の再生
  • ファイルのダウンロード
  • 外部リンクなどの離脱クリック

などがあります。

※イベントについては、以下の記事で詳しく解説していますので、あわせてご覧ください。
» GA4のイベントを徹底解説|カスタムイベントの作り方も紹介

【計測】データストリームの追加、Googleシグナルとの連携強化

「計測単位がイベントに統一された」以外にも、GA4では計測面で大きな変化がありました。

データストリームの追加

GA4では「データストリーム」という概念が新たに追加され、Web・iOSアプリ・AndroidアプリのデータをGA4上に集約できるようになりました。

このデータストリームの追加により、Webとアプリの横断分析がやりやすくなりました。

Googleシグナルとの連携強化

GA4では、Googleシグナルとの連携が強化されています。

※Googleシグナルとは、2018年にリリースされた機能。Googleアカウントにログインかつ広告最適化を許可している人に対して、ユーザーを特定するIDが自動発行される。Googleシグナルを利用すれば、同じ人が異なるデバイスでサイトにアクセスした場合に、同一人物だと特定できる。

GoogleシグナルはGA4登場前から存在していた機能ですが、今までは利用範囲が限られていました。GA4では、全てのレポートでGoogleシグナルが利用可能になりました。

この結果、デバイス横断計測において、(ユーザーIDを実装せずとも)ユーザーの重複を把握できるようになりました。

【集計】見た目がガラッと変わった

続いては、「集計面」での変化を紹介します。

GA4では、見た目(UI)が大きく変わりました。
例として、リアルタイムレポートの変化をご覧ください。

ガラッと変わっていますよね。。

メニュー構成がシンプルに

GA4では、メニュー構成がシンプルになりました。

GA4の左メニューは、
・レポート
・探索
・広告
・設定
の4つに分類されています。

メニューの第2階層もずいぶんとすっきりしました。なんと、第2階層のメニュー数は約4分の1に激減!

UA GA4
メニュー数 105 23

メニュー構成がとてもシンプルで、使いやすくなりました(^^)/

【分析】探索メニューが充実

続いては、GA4の「分析面」の特徴を紹介していきます。

GA4では、「探索」というメニューが新たに追加されました。

この「探索」メニューでは、レポートメニューよりも、高度な分析が可能です。

ディメンションや指標を自由に組み合わせて、自分が見たい軸でレポートを作成することができるからです。

探索メニューでは、テンプレートギャラリーというデータ探索のひな形があらかじで用意されているのも特徴です。

テンプレートギャラリーの例

  • 目標到達プロセスデータ探索
  • 経路データ探索
  • コホートデータ探索

上記のテンプレートを使うことで、高度な分析を簡単に行うことができるようになります。

探索メニューの使い方の詳細は、以下の記事をご覧ください。
» Googleアナリティクス4(GA4)の探索メニューの使い方を徹底解説

【分析】BigQueryが無料で利用可能に

GA4では、「BigQuery」を無料で利用することが可能になりました。

BigQueryとは、Googleが提供するクラウド上のデータウェアハウスのサービス。UAでは有償版のみ利用可能でしたが、GA4では無料で利用できるようになりました。

GA4には各種のレポートが表示されてますよね。BigQueryを使うと、その元になる「生データ」を取得できます。

生データを取得することで、自身(自社)が持っているBIツールと連携させたりして、より高度な分析が可能になるわけです。

とはいえ、このBigQueryの利用は、上級者向けですね。
詳しく知りたい方は、以下の記事をご覧ください。
» BigQueryの導入手順や初期設定、使い方を解説【GA4で無料化】

【分析】機械学習の機能が追加

GA4では、機械学習の機能が新たに導入されました。

機械学習では、集計データ上で異常な変化を検知したときや新たな傾向が検出されたとき、ダッシュボード上でそれを自動通知してくれます。

機械学習による自動通知の例

サイト運営者は、この通知を見ることで、新たな気づきを得て、サイト改善のヒントをつかむことができます。

機械学習のレポートが見れるのは、GA4のホーム画面の「分析情報」の欄です。詳しい使い方は、以下の記事をご覧ください。
» Googleアナリティクス4(GA4)の使い方を徹底解説【初心者向け】

最後におさらいです。GA4の特徴やメリットは以下のとおり。

特徴 メリット
計測 計測単位がイベントに統一
データストリームの概念
Googleシグナルとの連携強化
ユーザー行動を把握しやすい
Webとアプリを横断分析できる
集計 見た目がガラッと変わった メニュー構成がわかりやすい
分析 探索メニューが充実
BigQueryが無料で利用可に
多様で柔軟な分析ができる
機械学習の機能が追加 分析の気づきを得ることができる

※スマホは横にスライドできる

GA4で変化した指標(直帰率/エンゲージメント)

続いては、GA4で変化した指標について解説します。

  • 直帰率が無くなった
  • エンゲージメント率が新たに登場した
  • セッションの計測方法が変わった
  • コンバージョンの計測方法が変わった

順に見ていきます。

直帰率が無くなった

GA4では、直帰率が無くなりました。

UAでは、直帰率はサイトを分析をするうえで、代表的な指標でしたが、GA4では、完全に無くなりました。

なぜ無くなったかというと、直帰率は、ユーザー行動の実態をつかむ指標として、適さなくなってきたからです。

たとえば、以下の2人のユーザーがいたとしましょう。

  • サイトを訪問して、がっかりして3秒でサイトを離脱した
  • サイトを訪問して、サイト内の動画を30分視聴して、満足してサイトを離脱した

上記は、どちらも1ページビューで「直帰」の扱い。

しかし2人の行動は正反対。これじゃ、ユーザー行動を分析できてるとはいえないですよね?

このように、ページ内で完結する動画が増えたこともあり、直帰率自体が使いづらいに数字になってきました。

結果、直帰率は完全に無くなったわけです。

エンゲージメント率が新たに登場した

GA4では、直帰率が無くなったかわりに、エンゲージメント率が新たに登場しました。

エンゲージメントとは「関係性を持った」という意味で、直帰とは反対のイメージ。

定義としては、訪問の際に以下のいずれかの条件を満たした場合に、エンゲージした(ユーザーがサイトにとって有益となる行動をとった)として、1がカウントされます(参照:Googleヘルプ)。

  • セッションが10秒以上継続した(60秒まで変更可能)
  • コンバージョンイベントが発生した
  • 2ページ以上閲覧された

上記のいずれか。

で、エンゲージメント率というのは、エンゲージメント数をセッション数で割った率のこと。

GA4では、直帰率のかわりに、このエンゲージメント率を見ます。その方が、ユーザー行動をより把握できるからですね。

ここは、GA4の大きな特徴 (^^)/

関連する用語も理解しておきましょう。

用語 意味
エンゲージメントのあった
セッション数
エンゲージメントが発生した
セッションの回数(
エンゲージメントのあった
セッション数(1ユーザーあたり)
÷ユーザー数
エンゲージメント率 ÷セッション数
平均エンゲージメント時間 ユーザーエンゲージメントの
合計時間÷アクティブユーザー数
セッションあたりの
平均エンゲージメント時間
ユーザーエンゲージメントの
合計時間÷セッション数

※スマホだと横にスライドできる

セッションの計測方法が変わった

GA4では、セッションの計測方法が変わり、UAに比べて測定精度が上がりました。

結果としては、セッション時間はUAよりも長くなる傾向にあり、セッション数は少なくなる傾向にあります。

以降で、詳しく見ていきましょう。

1ページだけの閲覧でもセッションの計測が可能に

UAにおいては、セッション時間は
最後のページ表示時刻 – 最初のページ表示時刻
で測定されていたため、

サイト内で2ページ以上閲覧してはじめて計測される(1ページだけの閲覧だと計測されない)仕様でした。

対して、GA4では、セッション時間は
最後のイベント発生時刻 - session_startイベントの発生時刻
で測定されるようになったため、

たとえ1ページだけの閲覧であっても、セッション中に何かしらのイベントが発生すれば、セッション時間は計測されるようになりました。

よって、セッション時間はUAよりも長くなる傾向にあります。

セッションの切れるタイミングが最適化された

セッションが切れる(別セッションとしてカウントされる)タイミングが以下のように変わりました。

UA GA4
いったんサイトを
離れて戻ったとき
30分以内でも別セッションになる 30分以内なら別セッションにならない
日をまたいだとき 別セッションになる 別セッションにならない

※スマホならスライドできる

つまり、アナリティクス側の都合で、セッションが切れる回数が減るってこと。

よって、セッションの回数は、GA4の方が減る傾向にあります。

コンバージョンの計測方法が変わった

UAでは、1回の訪問で複数回コンバージョンを達成しても、「1」としかカウントされません。

対して、GA4では、1回の訪問で複数回コンバージョンを達成した場合は、その回数分だけカウントされます。

そのため、設定している目標によっては、GA4の方がコンバージョン数は多くなる傾向にあります。

以上、GA4で変化した指標を解説しました。

GA4とUAのどちらを使うのがおすすめ?

続いては、Googleアナリティクス4(GA4)とユニバーサルアナリティクス(UA)のどちらを使うのがおすすめか?を解説します。

現在、UAを使っているかどうかの2ケースで見ていきましょう。

ケース①:いまUAを使っていない方は?

いまUAを使っていない方は、使うのは「GA4の一択」です。

というのも、UAは、2023年7月1日をもってデータ処理が止まるからです(参照:Googleヘルプ)。

いまUAを使っていないなら、迷わずGA4を使いましょう(^^)/

ケース②:いまUAを使っている方は?

いまUAを使っている方は、GA4の導入をまず済ませましょう。

理由は以下の2点。

  • UAは、2023年7月1日をもってデータ処理が止まるから(参照:Googleヘルプ
  • UAのデータはGA4に引き継げないから

上記のとおりでして、

GA4の導入を済ませておかないと、いざGA4を使おうと思っても、それまでの計測データが全くないわけです。

それでは困りますよね?

よって、いまUAを使っている方は、GA4の導入をまず済ませて、データ収集を開始しましょう。

GA4の導入を済ませたのち、しばらくは、UAとGA4を並行して利用するといいですね。

UAとGA4は並行利用が可能ですし、計測データも独立しているのでご安心ください(^^)/

並行利用しつつ、少しずつGA4に慣れていき、2023年7月1日までに、GA4に完全移行しましょう。

「UAの方が使いやすいのに、、」と思うでしょうが、UAの終了が決まった以上、選択の余地はありませんので(`・ω・´)ゞ

GA4導入時のメリット・デメリット

続いては、GA4導入のメリットとデメリットを解説します。

UAは、2023年7月1日をもってデータ処理を停止することが決まりました。

なので、UAからGA4に切り替えてメリットがあろうとなかろうと、GA4を導入するしかありません。

とはいえ、GA4導入時のメリット・デメリットを知るというのは、GA4の特徴を知ることでもあるので、理解しておきましょう。

GA4導入時のメリット

  • ユーザー行動をより詳しく把握できるようになる

GA4導入のメリットは、ユーザー行動をより把握できるようになることです。

前述のとおり、UAで採用されていた「ページ表示」を軸にした計測単位では、ユーザー行動を把握するのが難しくなっていました…。

GA4では、イベント(=ユーザー行動)を軸にした計測単位に変わり、ユーザー行動を把握しやすくなりました。

イベントの計測も簡単になりました。例えばスクロールというイベントをみることで、「3秒で記事を離脱した読者 vs 20分記事を読んでくれた読者」の行動の差を把握できるようになります。

直帰率の代わりにエンゲージメント率を見ることで、よりユーザー行動にそくした分析も可能になります。

探索レポートを使うことで、多様な分析を行えるようになりました。

また、データストリームの概念やGoogleシグナルとの連携強化によって、Webとアプリの統合分析も容易になりました。

このように、GA4導入のメリットは、計測ポリシーのアップデートにより、ユーザー行動をより詳しく把握できるようになるということです。

GA4導入時のデメリット

  • 学習コストがかかる
  • UAのデータを引き継げない

良いことばかりじゃありません…。

学習コストがかかる

GA4導入時のデメリットは、学習コストがかかることです。

GA4では、見た目(UI)がかなり変わっているので、操作感に慣れるまでは少し苦労があるでしょう。

計測ポリシーも変わっているので、分析思考もアップデートしないといけません。

UAのデータを引き継げない

GA4導入時のもうひとつのデメリットは、UAのデータを引き継げないことです。

このデメリットは大きいですよね…。でも、UAとGA4ではデータ形式が違うので、残念ながらデータを引き継ぐことはできません…。

とはいえ、UAは2023年7月1日に計測が終了するので、GA4を使っていくしか選択肢はありません。

誰しも同じですので、この点はあきらめましょう。

Googleアナリティクス4(GA4)のよくある質問

続いては、Googleアナリティクス4(GA4)に関してよくある質問と、その回答を記します。

Q:UAとGA4はどっちだけしか使えない?

ユニバーサルアナリティクス(UA)とGA4は併用できます。

1つのアカウントでそれぞれのプロパティを作り、プロパティを切り替えて使います。独立しているので、他方のデータに影響を与えることはありません。

Q:UAはいつまで使えるの?

UAのデータ測定は、2023年7月1日で終了します。そこから半年間は閲覧だけ可能です(参照:Googleヘルプ)。

Q:UAのデータはGA4に引き継げる?

引き継げません。
よって、UAをお使いの方は、早めにGA4を導入してデータを貯めた方がいいです。

Q:GA4を導入すると何がいいの?

前述の「GA4導入のメリットとデメリット」をご覧ください。

Q:GA4の導入方法は?

以下の記事をご覧ください。
» Googleアナリティクス4(GA4)の導入方法と初期設定【初心者向け】

Q:UAとGA4では、ページビュー数やセッション数は同じ?

UAとGA4とでは、データの測定方式が異なるので、値は同じではありません。

ページビュー数

ページビュー数(GA4は「表示回数」が正式名称)でいえば、だいたい同じです。

当ブログサイトで比較してみました。

UA GA4
記事A 338 335
記事B 298 295
記事C 135 135
記事D 96 95

※期間:2022/2/17〜2/23

上記のとおり、だいたい同じ。

セッション数

セッションにおいては、GA4で定義が変わりました。
その結果、セッション数は少なくなり、セッション時間は長くなる傾向にあります。

詳しくは、「GA4で変化した指標」をご覧ください。

Q:GA4には直帰率が無い。どうすればいい?

GA4で変化した指標」で解説したとおり、GA4では直帰率はなくなりました。
代わりに登場した「エンゲージメント」をみましょう。

エンゲージメントの見方は、以下の記事をご覧ください。
» Googleアナリティクス4(GA4)の使い方を徹底解説

Q:UAで利用していたレポートがGA4に無い。どうすればいい?

GA4の特徴」で解説したとおり、GA4ではメニュー構成が大きく変わりました。GA4で無くなったレポートもあります。

その場合は、「データ探索」メニューでレポートを作成しましょう。

データ探索の使い方は、以下の記事をご覧ください。
» Googleアナリティクス4(GA4)の探索メニューの使い方を徹底解説

Q:UAで設定していたイベントは、GA4でも使える?

UAで設定したイベントは、そのままではGA4で使えません。
GA4として新たに設定し直す必要があります。

※GA4では拡張計測機能として、「90%スクロール」「ファイルのダウンロード」などのイベントを自動計測できます。それらで代用できなければ、新規にイベントを作成しましょう。

イベントの設定方法は、以下の記事をご覧ください。
» GA4のイベントを徹底解説|カスタムイベントの作り方も紹介

Q:GA4を学べるおすすめの書籍は?

以下がおすすめ。
窪田望さんや小川卓さんをはじめ、Web解析のエキスパート集団が書きあげた良書です。

まとめ:GA4の特徴を理解して早くGA4に慣れよう

Googleアナリティクス4(GA4)の特徴を解説しました。

GA4は、プライバシーに配慮しながら、ユーザー行動に沿った高精度な解析ツールに進化しました。

ユニバーサルアナリティクス(UA)が広く使われていますが、これからアナリティクスを使うなら、GA4一択です。

すでにUAを使ってる方は、併用できるので、早めにGA4を導入しましょう。GA4の導入が済んだ方は、次は実践です。

GA4は以下にまとめてますので、あわせてご覧ください。
» Googleアナリティクス4(GA4)習得への完全マップ

今回は以上です。

↑記事の先頭に戻る↑