テレワークでやる気がでない時の対処法を年収1000万の私が紹介

Telework WORK

テレワークだとやる気がでない人「最近すっかり仕事はテレワークになった。でもテレワークだとどうにもやる気がでない。これって私だけ…? どうすればやる気がでるのか教えて下さい…。」

こういった疑問に答えます。

本記事の内容

  • テレワークでやる気がでない時の対処法を年収1000万の私が紹介

こんにちは、ヒデハルです。

コロナウィルスの影響で、テレワークの普及が一気に広がりましたね。

たしかに普及のきっかけはコロナでしたが、今では「テレワーク率が高いほど効率化の進んだ良い会社」かのように、すっかりテレワークがもてはやされています。

でもテレワークだと「やる気がでなくて困ってる…」という方は割と多いんじゃないでしょうか?

実は私もそうで、テレワークだとどうもやる気がでません…。

この悩みに対してまず言えることは、人は誰しもそうなので、あなたが自己嫌悪に陥る必要はないよってことです。

その証拠に、人に見られていると意識した方が生産性は上がるってことが実験でも証明されています(ホーソン効果)。よって、まわりの目がない自宅だとやる気がでないのは当然といえるでしょう。

とはいえ、あまりにもやる気がでずに、あなたの評価や給料が落ちてしまうのは問題ですよね?

そこで今回は、テレワークでやる気がでないときの対処法を、年収1000万の私が実経験をもとに紹介します。

オフィス業務ほどでないにしろ、少なくとも今よりはやる気をだしたいって方には、本記事が参考になるでしょう。

テレワークでやる気がでない時の対処法を年収1000万の私が紹介

テレワークでやる気がでない時の対処法は以下の5つ。

  1. ノイキャンイヤホンをつける
  2. 自分専用の仕事部屋をつくる
  3. シェアオフィスで仕事をする
  4. やる気がでる会社に転職する
  5. テレワーク率を今より下げる

順に解説します。

対処法①:ノイキャンイヤホンをつける

対処法の1つめは、ノイズキャンセル機能つきのイヤホンをつけることです。

もしも家族の声で気が散ってやる気がでないのであれば、この対処法をおすすめします。

このイヤホンを使ったことのない方にカンタンに説明すると、ノイズキャンセル機能(略してノイキャン)つきのイヤホンって、周囲の音をイヤホン内で打ち消すので、人間の耳で感じる音がめっちゃ小さくなるんです。

初めて耳につけたときは、ホントびっくりしますよ。

おすすめのイヤホン

ノイキャンのイヤホンって、世の中にたくさんありますが、私のおすすめは『AirPods Pro』。ノイキャン性能が高いのはもちろん、装着感がよくて見た目もオシャレだから。

ごらんのとおり、私も購入して毎日使ってます。

» AirPods ProをAmazonでみてみる

ちなみにこのAirPods ProはApple製品だけど、iPhoneだけじゃなくて、Andoroidスマホでも使えます。
» AirPods ProはAndroidでもバッチリ使える神イヤホン!

対処法②:自分専用の仕事部屋をつくる

テレワークでやる気がでないときの対処法その2は、自分専用の仕事部屋をつくることです。

メンタリストのDaiGoさんが著書『自分を操る集中力』で述べてるように、集中したい対象以外に「なにもない場所」をつくることが成果を出すには重要です。

仕事専用の部屋をつくり、「仕事しかやらない」「仕事のモノ以外はなにも置かない」ようにしましょう。部屋を目的にあわせて最適化すれば、人間の本能を活かした、集中力を起動させるエンジンとなります。

この仕事専用の部屋にこもり、先ほどのAirPods Proを耳につければ、やる気もぐんとアップ!

もし自宅にそんな仕事専用の部屋をつくれないって方は、引っ越しも検討しましょう。仕事は一日の多くの時間を使いますし、テレワークは今後ますます普及するでしょうから。
>> 大手引越業者のプランを徹底比較

対処法③:シェアオフィスで仕事をする

テレワークでやる気がでないときの対処法その3は、シェアオフィスで仕事をすることです。

先ほどテレワークでやる気をだすには、「自宅に仕事専用の部屋をつくること」「もしそのキャパがないなら引っ越しすること」をお伝えしました。

とはいえ上記ともに厳しいようなら、シェアオフィスで仕事をするのも一案です。

シェアオフィスとは、複数の個人が使用できる施設のことで、テレワークで働く方やフリーランスに人気です。レンタルオフィスとか、コワーキングスペースと呼ばれることもあります。

シェアオフィスを利用すれば、冒頭に述べたように、人に見られる緊張のおかげでやる気もでるし、引っ越しする必要もありません。もしあなたの会社で利用が認められているならぜひ使ってみましょう。

対処法④:やる気がでる会社に転職する

テレワークでやる気がでないときの対処法その4は、やる気がでる会社に転職することです。

対処法1から3は、同じ仕事を続けながら、いかにやる気をだすか?の工夫でした。
一方この対処法4は、仕事そのものを変えるという施策です。

冒頭に述べたように、オフィスにくらべて自宅だとやる気がでないのは当たり前とお伝えしました。それは事実ではあるんですけど、ひょっとしたらあなたは今の仕事に飽きてるのかもしれません。

だからオフィスで人に見られていれば、やる気はでる(期待に応えようとする)けど、人に見られていなければ、仕事に飽きてるからやる気がでない…。

もし心あたりがあるなら、思いきって違う会社(業種)に転職してはどうでしょう?
本当にあなたがやりたい仕事であれば、たとえリモートワークだとしても、やる気は今よりでるはずです。

おすすめの転職支援サービス

もし転職を検討するなら、『ミイダス』がおすすめ。あなたが転職すべきタイミングを面接確約オファーで教えてくれますから。登録はミイダスの質問に答えるだけでカンタン。無料なのでまずは登録してみるといいですよ。
>> 市場価値診断なら、ミイダス!

対処法⑤:テレワーク率を今より下げる

テレワークでやる気がでないときの対処法その5は、テレワーク率を今より下げることです。

ここまでの対処法4つは、いかにやる気をだすか?というものでした。対して最後のこの方法は、テレワークそのものを減らす工夫です。

だってもともとオフィス業務ならやる気がでるわけですから。

テレワーク率を下げるには、テレワーク率の低い職場に変えましょう。対処法4のように他社に転職するとか、同じ会社内で異動するとかですね。私も今年、会社内で異動しましたが、部署によってテレワーク率は違いますからね。

もちろん異動先のテレワーク率があがってしまうと、意味はないんですけどね…。

以上、テレワークでやる気がでない時の対処法5つでした。

まとめ:テレワークでやる気がでない時の対処法を年収1000万の私が紹介

おさらいします。

  • オフィスに比べて在宅だとやる気がでないのは誰しも当たり前
  • とはいえ評価や給料を下げないために対処したい。案は5つ
  • 1. ノイキャンイヤホンをつける
    2. 自分専用の仕事部屋をつくる
    3. シェアオフィスで仕事をする
    4. やる気がでる会社に転職する
    5. テレワーク率を今より下げる

といった感じ。

テレワークは今後ますます普及するのは間違いないでしょう。

今回紹介した5つの対処法を実践して、やる気をだしていきたいですね。

最後までありがとうございました。

人気【まとめ】生産性を向上させるおすすめのアイテム・アプリ・本

参考【まとめ】生産性の高い働き方・会社に頼らず個人で稼ぐ働き方