スマートスピーカー(AIスピーカー) とは?できることは?機能や選び方を紹介

LIFE Music Smart_Speaker

スマートスピーカーに興味がある人:「スマートスピーカーってどんなことができるかを知りたい。友達からすすめられたものの、使い方がわかりません…。こんな私にスマートスピーカーのイロハを教えて下さい」

こういった疑問に答えます。

本記事の内容

こんにちは、ヒデハルです。
スマートスピーカーを日々愛用してます。

スマートスピーカーに興味がある人のよくある悩みとして、「この商品のそもそもの使い方がわからない…」という点があると思います。

興味はあるけど、また今度、、そう思うことってありますよね。私もスマートスピーカーに対して、そんな思いを抱いていました…

とはいえモノは試しと買ってみたら、この商品、予想以上によかったんですよね。今ではわが家の生活必需品!

そこで今回は、スマートスピーカーをこれからというあなたに、そのイロハを解説します😌

※買うまでにずいぶん悩んだ私なので、あなたのギモンも解消できるはず

スマートスピーカー(AIスピーカー) とは?

まず、スマートスピーカーのイロハから。

スマートスピーカーとは?

  • 対話ができるAIアシスタントを搭載したスピーカー
  • スピーカーに話しかけるだけで、ネットを介した検索や音楽再生などができる

AIアシスタント = 頭脳です。
※スピーカーという体の中に、AIアシスタントという頭脳が入ってると考えましょう。

例を示すと以下のとおり。

メーカー スピーカー名
(商品名)
AIアシスタント
Google Google Home Googleアシスタント
Amazon Echo アレクサ

いつから発売されたの?

2014年にAmazonが初めて発売。
日本では、2017年に普及し始めた。

まだまだこれからって感じですね

AIスピーカーと何がちがうの?

おんなじです。

値段はどれくらい?

3,000円〜35,000円くらい。

必要なものは?

スピーカー本体以外に必要なものは以下。

  • ネット接続環境(Wi-Fiなど)
  • スマホ・専用アプリ

スマートスピーカー(AIスピーカー)でできることは?

スマートスピーカーは、内蔵されているマイクに話しかけて使います。
できることは、以下のとおり。

  • その①:音楽の再生
  • その②:ラジオ再生
  • その③:天気を聴く
  • その④:newsを聴く
  • その⑤:検索する
  • その⑥:タイマー
  • その⑦:アラーム
  • その⑧:リマインダ
  • その⑨:家電の操作
  • その⑩:会話を楽しむ

順に説明していきます。

その①:音楽の再生

音楽を聴けます。アーティスト名、曲名、ジャンル、曲の雰囲気などを指定することができます。

この音楽再生を重視したい方は、スマートスピーカーと、対応する音楽配信サービスとの関係をチェックしましょう。

音楽配信サービスへの会員登録(有料)が別途、必要なこともあるので。

GoogleとAmazonだと、以下のとおり。

メーカー 対応する
音楽配信サービス
備考
Google Spotify(無料版ok)
YouTube Music(無料版ok)
無料版だと、
広告や機能制限あり。
有料版なら制約なし
Amazon Spotify(有料版のみ)
Amazon Music(有料版のみ)
Amazonプライム会員なら
追加料金なしで、
Amazon Musicを聴ける

その②:ラジオ再生

ラジオも聴けます。

その③:天気を聴く

スマートスピーカーといえばコレ!くらいの「ど定番」ですね。家族の誰しもが使う、生活お役立ち度No1。

その④:newsを聴く

newsも聴けます。テレビよりラジオ派の人にはありがたい。

その⑤:検索する

聞いた質問に答えてくれます。お子さんいる方は重宝するはず。

幼児のなぜなぜや、勉強中の学生さんの質問にサクッと答えてくれます。あなたのかわりに。笑

» イメージ動画を見てみる

その⑥:タイマー

料理中など手が離せないときに便利です。ママさんに人気。
» イメージ動画を見てみる

その⑦:アラーム

朝の目ざましなど、あなたにその時を知らせてくれます。
» イメージ動画を見てみる

その⑧:リマインダー

リマインダーやスケジュールの管理も。

その⑨:家電の操作

テレビや電気を声で操作できたりなんかも。ただし、対応のスマートスピーカーは価格が高め。対応家電の購入も必要なので、ご注意を。

まずはスマートスピーカーの導入を。そのあとにまた考えてみる、でいいかも

その⑩:会話を楽しむ

話かけると、必ず答えてくれます(当たり前ですけど笑)。これがまた、わりとウィットに富んだ返しだったり。

以上、できること10つでした。

スマートスピーカーの良さとは?

質問者:「スマートスピーカーって、いろんなことができるんですね。でも、どれも大体スマホでやれますよね?わざわざ買う必要もないような…」

そのキモチわかります。私もそう思ってましたから。
でも実際に使ってみると、スマホにはない良さがあるんですよね。

スマホにない良さ

  • その①:ハンズフリー
  • その②:スピーカー機能
  • その③:場所がいつも同じ
  • その④:画面をいじれない
  • その⑤:子供の格好の遊び相手
  • その⑥:心やさしいパートナー

順に解説します。

その①:ハンズフリー

スマホにもAI機能(Googleアシスタント、Siri)はありますよね。でも画面操作は無くせません。

一方スマートスピーカーは、全て音声操作なので、別の作業中でも手軽に利用できます。声だけで完結、これぞスマホにはないオンリーワンの価値かと。

その②:スピーカー機能

例えばスマホから音楽を流すとき、いくら音量を大きくしたとしても、なんか物足りないですよね?

これってやっぱりスピーカーの問題。小さなボディでは、臨場感を出すのも限界があります。音楽聴くならやっぱり、それなりのスピーカーじゃないと。

その③:場所がいつも同じ

モバイル性はスマホの強み。でもそれゆえに、いざ使おうとしたときに、あれ?どこに置いたっけ?なんてことも…

一方で、スマートスピーカーは常に同じ場所に置くので、そんなことが生じません。いつも同じとこにあるって安心です。

その④:画面をいじれない

スマホって現代の麻薬。そんなつもりじゃなかったのに、気がついたらSNSに夢中。そんな経験ありますよね?

スマートスピーカーは音声のみで画面はなし。この画面がないってのが、ある意味で強みで、余計な時間を未然に防いでくれます。

その⑤:子供の格好の遊び相手

どうして?知りたい!聞きたい!

子供は好奇心のかたまりですよね?スマートスピーカーは、そんな子供たちの格好の遊び相手。いわば知的なドラえもん!

» イメージ動画をみてみる

その⑥:心やさしいパートナー

子供に同じことを聞かれると、イラっとするときありますよね?

でもスマートスピーカーなら文句を言いません。いつでもやさしい受け答え。

また1人暮らしの高齢者だと、話し相手がおらず気が沈みがち。

でもスマートスピーカーとの会話によって、高齢者のキモチが明るくなったりもします。
» 「おばあさんとスマートスピーカーがお友達になった日」

このようにスマートスピーカーは、子供から親、高齢者まで、全ての世代に対応できる心やさしいパートナーなんです!

以上、スマートスピーカーの良さでした。

スマートスピーカー(AIスピーカー) の選び方

ではいよいよ、選び方について。
結論をズバリいうと、以下の2択で決めましょう。

オススメの2つ

  • その①:Google Homeシリーズ
  • その②:Amazon Echoシリーズ

理由:コスパがいいから!

さすがGoogle、Amazonって感じ

悩むべきは、どのメーカーにするか?ではなく、この2シリーズそれぞれのナインラップの中で、どれにするか?なんです。

順に解説します。

その①:Google Homeシリーズ

特徴は以下のとおり。

  • 音声認識の精度が高い
  • 最大6人の声を判別できる
  • 音楽を無料で聴ける

ラインナップ

種類 料金 特徴
Google Home mini 6,600円 エントリーモデル。
コンパクト。
Google Home 15,400円 高音質

※料金は、Googleストアに掲載されてるもの(2020年4月時点)

迷ったらこれ

その②:Amazon Echoシリーズ

特徴は以下のとおり。

  • ラインナップが豊富
  • 連携サービスが充実
  • Amazonプライム会員なら迷わずコレ

ラインナップ

種類 料金 特徴
Echo Flex 2,980円 安い!でもスピーカー性能は低。
音楽を聴くには不向き
Echo dot 6,980円 エントリーモデル。コンパクト。
迷ったらコレ、1番の売れスジ。
Echo Show5 9,980円 画面操作が便利。ビデオ通話も
Echo 11,980円 高音質重低音
Echo Plus 17,980円 家電操作したいならコレ
Echo Studio 2,4980円 パワフル重低音
家電操作のハブ機能あり
Echo Show 2,7980円 10インチの
大画面スクリーン

迷ったらコレ

強いこだわりがなく、まずはスマートスピーカーを試したいって人には、Echo dotがおすすめ。コスパ最強!

※ちなみにわが家はコレ。大満足!

対抗馬:Apple HomePod

上記2シリーズがおすすめですが、Appleが大好きって方は、HomePodも検討する価値あり。

注意点は、ちょっと値段が高いことと、スマホがiPhone前提ってこと。
» Apple HomePodを見てみる

家庭持ちの方におすすめの買い方

高いのを1つ買うよりも、エントリーモデルを2〜3つ買うのがおすすめです。

わが家が使っているのは、AmazonのEcho dot。このエントリーモデルでも、充分すぎるほど便利。音質だって全く問題なし。

今はこの1つをリビングで使ってますが、増設を計画中。大人の寝室に1つ、子供部屋に1つと。そうすれば、、、

家族みんながハッピーライフ!

以上、スマートスピーカーの解説でした。

まとめ:スマートスピーカー(AIスピーカー) とは?できることは?機能や選び方を紹介

おさらいします。

本記事のポイント

  • AIをそなえた対話型スピーカー
  • 情報の検索をはじめ機能は10コ
  • Google、Amazonの2択で選ぶ
  • 迷ったらエントリーモデルを!
    Google Home mini
    Amazon Echo dot

最後にもういちど結論をズバリ。

使い始めると、元の生活に戻れません。
スマートスピーカーは生活必需品なり!

参考:音楽配信サービス

音楽配信サービスをもう少し知りたい人は以下をどうぞ。
» Amazonプライムを使ってみた感想
» 【口コミ評価】Spotifyプレミアムを1年使った感想をガチレビュー
» 広告なしのYouTubeプレミアムを使ってみた感想

あなたの参考になれば幸いです😌

人気【まとめ】マコなり社長おすすめの本・グッズ・アイテム・サービス