ShutterStock(シャッターストック)の評判・料金・使い方を解説

BLOG

ShutterStockを使うか悩んでいる人「ブログに有料画像の導入を検討しています。ググるとShutterStockが出てきますが、実際どうですか?評判や料金、使い方などを詳しく知りたいな。」

こういった疑問に答えます。

本記事の内容

こんにちは、ヒデハルです。
ブログ歴は1年ほど。

ブログの画像がキレイだったりオシャレだったりすると、オッと思いますよね?

そんな風に他サイトに差をつけたいなら、有料画像の導入が必要でしょう。

有料画像を扱うサイトはいくつかありますが、ShutterStock(シャッターストック)は質・量・使い勝手の全てが文句なし。

そこで今回は「ブログに有料画像を入れてみようかな…」と検討してる方向けに、ShutterStockの評判・料金・使い方を紹介します。

ShutterStock(シャッターストック)とは

» ShutterStock

ShutterStockとは、高品質な画像やイラストなどをダウンロードできる有料の素材配信サイトですね。

フリー素材と違い、クオリティが高く、種類が多いのがShutterStockの最大の特徴。

ShutterStockの画像を使えば、あなたのサイトの見栄えはグンと良くなり、他サイトと差別化を図ることができます。

※ちなみに当サイトも、2020/6月からShutterStockを使い始めました。良い感じでしょ?

ShutterStockの特徴

  • その①:全画像が有料
  • その②:画像の質が高い
  • その③:画像の数が多い
  • その④:日本語検索できる
  • その⑤:フィルタ機能が秀逸
  • その⑥:エディタ機能が便利
  • その⑦:スマホアプリに対応
  • その⑧:料金が安くコスパ高い

上記のとおり。
それぞれ解説していきます。

その①:全画像が有料

ShutterStockは有料の素材配信サイトで、画像は全て有料です。
料金の詳細は、ShutterStockの料金にて紹介します。

その②:画像の質が高い

画像がすこぶるハイクオリティ!
例えば「keywords」で画像を検索したときの違いを示しましょう。

pixabayの場合(無料サイト)

ShutterStockの場合

違いは歴然ですよね?

pixabayの場合、もはや「keywords」となんら関係ない画像だし、、

その③:画像の数が多い

画像の数が圧倒的です。他サイトと比較すると以下のとおり。

サイト名 画像の数
ShutterStock 3億点以上
Pixabay(無料サイト) 1,800万枚以上
Unsplash(無料サイト) 150万枚以上
ぱくたそ(無料サイト) 3万点以上

まさに桁違いですよね。

さらにShutterStockは、80万点におよぶ新しいストック画像が毎週追加されるとのこと。

これだけ画像が多いと、他サイトと画像がかぶりにくいので、オリジナリティを出せるでしょう。

その④:日本語検索できる

日本語検索に対応してます。
加えて、その日本語検索の精度が高いので、目当ての画像を簡単に見つけられます。

その⑤:フィルタ機能が秀逸

フィルタ機能が抜群に使いやすいので、画像探しの時間を短縮できます。
詳しくはShutterStockの使い方にて。

その⑥:エディター機能が便利

エディター機能が便利で、以下のような画像編集がカンタンにできます。

  • サイズ変更
  • テキスト入力
  • エフェクト
  • カラーフィルター
  • 切り取り・背景削除

詳しくはShutterStockの使い方にて。

その⑦:スマホアプリに対応

Shutterstock - 写真素材・動画素材

Shutterstock – 写真素材・動画素材
無料
posted withアプリーチ

気に入った画像はお気に入り登録できます。
通勤中にスマホで画像を選んでおけば、時間の節約になりますね。

その⑧:料金が安くコスパ高い

①〜⑦で述べたように、質、量、機能性の全てが優れているのに、料金が安くてコスパ最高なんです!
料金の詳細は、ShutterStockの料金にて紹介します。

ShutterStock(シャッターストック)の評判

有名なブロガーはShutterStockを愛用しています。例えば以下の方々。

このように信頼性は充分なので、あと迷うところは、ShutterStockの料金プランだけかと。

では次に、その料金を見ていきましょう。

ShutterStock(シャッターストック)の料金

» ShutterStock

ShutterStockの料金は以下のとおり。
比較のために、割と有名なサイトも載せておきました。(注:2020/7月時点)

有料素材サイトの比較テーブル

サイト名 画像10点/月 画像40点/月 画像50点/月
ShutterStock(月払い) ¥3,500/月 ¥12,000/月
ShutterStock(年間前払い) ¥2,916/月 ¥10,000/月
iStock(年間前払い) ¥8,400/月 ¥16,100/月
Adobe Stock(年間前払い) ¥3,480/月 ¥9,480/月

上記のとおり、ShutterStockにするなら年間前払いの方が圧倒的にお得です。

価格帯をみても、ShutterStockは他サイトに比べて「安くてコスパ最高」というのが伝わるかと。

ちなみに私は、月に画像10点の年間前払いプラン。

ShutterStock(シャッターストック)の使い方

では最後にShutterStockの使い方を紹介します。

ShutterStockの登録方法

» ShutterStock

上記の公式サイトにアクセスし、「無料トライアルを開始」のボタンをクリックします↓

無料トライアル利用後、好みのプランに変更できるので、まずは無料トライアルを試してみましょう。もちろん、いきなり申し込むのもあり。

メールアドレスとパスワードを入力して、「続ける」ボタンをクリックします。そのまま「ライセンス購入」の手続きへ進みましょう。

個人情報やクレジットカード情報を入力して「購入を完了」ボタンをクリックすれば、「無料トライアル 画像10点プラン」の申し込みが完了です。

ShutterStockで画像を検索する

検索窓に、検索したい文言を入力しましょう。日本語でOK。

例として「キーワード」と入力してみます↓

検索結果が表示されました。左の赤枠からフィルタをしていくと、お目当ての画像を見つける時間を短縮できますよ↓

ブログなら横長画像でフィルタ

ブログの見やすさを考えるなら、横長画像がいいでしょう。
ShutterStockなら「横長」でフィルターできるので楽チンです↓

ポップな画像も簡単に検索可能

ポップな感じにするなら「ベクター画像」でフィルタするといいですね↓

お気に入りのアーティスト(投稿者)で検索する

ShutterStockでは、アーティスト(投稿者)で検索できるのが特徴です。検索窓にその投稿者の画像番号を入力すればOK。

例として「Dooderさん:1340898173」を入力したのが以下。画面下にある投稿者をクリックして下さい↓

すると、その寄稿者の画像のみを閲覧できます↓

このように、あなたのお気に入りの寄稿者を見つけると、検索時間を大幅に短縮できますよ。

寄稿者と画像番号は、各画像をクリックすると、赤枠のところに記載あり↓

以上のように、「強力な検索機能」がShutterStockの売りの1つ。
目当ての画像をサッと見つけられるので、あなたの時間を節約できます。

ShutterStockで画像をダウンロード

好みの画像を見つけたらクリックしましょう。以下のような画面になるので「ダウンロード」をクリックします↓

確認の画面になるので、「ダウンロードを確認」ボタンをクリック。するとダウンロードが始まります。

後はあなたのサイトでその画像をご自由にご利用下さい。

※一度DLした画像は、再DLが可能で、月の画像数にカウントされません。

ShutterStockで画像を編集する

もし画像を編集したい場合は、先ほどのダウンロード後の画面で、「Editorで開く」をクリックして下さい↓

Editor画面が開くので、あとは自分の好きなように編集しましょう↓

以下のような画像編集が楽チンです。

  • サイズ変更
  • テキスト入力
  • エフェクト
  • カラーフィルター
  • 切り取り・背景削除

まとめ:ShutterStock(シャッターストック)の評判・料金・使い方を解説

本記事のポイントをまとめます。

ShutterStockの特徴

  • ShutterStockは、有料の画像配信サイト
  • 質・量・使い勝手の全てが一級品で、他の有料サイトを圧倒
  • 有名なトップブロガーもイチオシ
  • 料金は月に画像10点なら、月に2916円(年間前払い)
  • 他サイトより値段が安く、コスパが最高
  • ShutterStockの画像を使えば、サイトの見栄えが良くなり、他サイトと差別化できる
  • 検索機能が優れて、画像をすぐに探せるので、画像探しの時間を節約できる

こんな感じ。

1ヶ月間無料で利用できて、途中でキャンセルしても無料なので、試しに使ってみてはどうでしょう。

参考になれば幸いです😌

» ShutterStock

参考【まとめ】初心者が副業ブログアフィリエイトで月1万円稼ぐ方法

人気【まとめ】マコなり社長おすすめの本・グッズ・アイテム・サービス