サーチコンソール「送信されたURLにnoindexタグが追加されています」エラーの対処法

BLOG SEO

本記事の内容

  • サーチコンソール「送信されたURLにnoindexタグが追加されています」エラーの対処法

こんにちは、ヒデハルです。

サーチコンソールのカバレッジで、こんなエラーが表示されて困ってませんか?

「送信されたURLにnoindexタグが追加されています」

本記事では、上記のエラーメッセージを解決する方法を解説します。

参考になれば幸いです。

サーチコンソール「送信されたURLにnoindexタグが追加されています」とは?

今回の現象を説明しましょう。

サーチコンソールで、メニューにある「インデックス」 > 「カバレッジ」をクリックします↓

すると、「送信されたURLにnoindexタグが追加されています」と表示されることがあります↓

真っ赤な色なので、ちょっとビックリしますよね…。

このエラーは、該当のページがインデックスされておらず検索画面に表示されないってことなので、早急の対処が必要です。

サーチコンソール「送信されたURLにnoindexタグが追加されています」エラーの原因とは?

このエラーの原因はエラーの文言のとおり、「noindexタグが設定されているから」です。

noindexタグとは、クローラーがGoogleの検索結果に登録するのを意図的に防ぐメタタグのこと(Googleヘルプはこちら)。

そのnoindexタグがついちゃってるからマズイんです…。

ではなぜ、このnoindexタグが設定されてるんでしょうか?考えられる原因は、実経験からして以下の2つ。

  • 原因①:WordPressのプラグイン「Google XML Sitemaps」で自動生成したHTML形式のサイトマップ「sitmepap.html」に、noindexタグが設定されてる
  • 原因②:WordPressのプラグイン「All in One SEO」で個々のページに、noindexタグが設定されてる

上記のとおり。

いずれのケースも、Googleにインデックス登録してほしいのに、noindexタグによってインデックス登録を自らブロックしてるっていう残念な感じです。

※「WordPressは使ってない」「WordPress使ってるけど、そんなプラグインは入れてない」って方は、すいませんが他のページをググってみてください。ただ考え方は上記で述べたとおりですので…。

以上、サーチコンソール「送信されたURLにnoindexタグ…」エラーの原因でした。

サーチコンソール「送信されたURLにnoindexタグが追加されています」エラーの対処法

では最後に、サーチコンソールが指摘するこのエラーへの対処法を解説します。

対処法①:サイトマップのnoindexを外す

原因①:WordPressのプラグイン「Google XML Sitemaps」で自動生成したHTML形式のサイトマップ「sitmepap.html」に、noindexタグが設定されてる

このケースへの対処法は、WordPressのプラグイン「Google XML Sitemaps」の設定を変更することです。

手順1:
WordPressのメニューから[プラグイン] >[Google XML Sitemaps] >[設定]をクリックします↓

手順2:
[基本的な設定]のところにある、[HTML形式でのサイトマップを含める]のチェックを外しましょう。ここがエラーの原因です↓

※なぜチェックがついてるとダメかというと、「HTML形式でのサイトマップを含める」をオンにすることで作成される「sitemap.html」に、noindexが記載されているからです。

手順3:
画面下の[設定を更新]をクリックします↓

以上でWordPressでの作業は終わり。

手順4:
サーチコンソールにもどり、「送信されたURLにnoindexタグが追加されています」のエラーを開き、[修正を検証]をクリックして下さい↓

ここからGoogleの検証が始まります。検証が完了すれば(注:私のケースは6日を要した)、ステータスが「合格」に変わてエラーが消えます↓

以上でOK。

対処法②:各ページのnoindexタグを外す

原因②:WordPressのプラグイン「All in One SEO」で個々のページに、noindexタグが設定されてる

このケースへの対処法は、WordPressで該当ページを開き、「All in One SEO」の設定を変更することです。

手順1:
サーチコンソールでエラーをクリックします↓

手順2:
エラー指摘のあるページを確認します↓

手順3:
WordPressを起動し、手順2で確認したページを開きます。

手順4:
記事下にある「AIOSEO設定」で「Advanced」タブをクリックし、「インデックスなし」のチェックを外します。

上記の「インデックスなし」がオンになってるのが原因です。間違ってつけたのか、意図的につけたのを忘れたのかはさておき、インデックスさせたいなら、このチェックを外しましょう。

手順5:
WordPressで上記の記事を保存します。

手順6:
サーチコンソールにもどり、「送信されたURLにnoindexタグが追加されています」のエラーを開き、[修正を検証]をクリックして下さい↓

ここからGoogleの検証が始まります。検証が完了すれば、ステータスが「合格」に変わてエラーが消えます↓

これでOK。

以上、サーチコンソール「送信されたURLにnoindexタグ…」エラーの対処法でした。

まとめ

記事のポイントをまとめます。

  • サーチコンソールで「送信されたURLにnoindexタグが追加されています」エラーがでる原因は、サイトマップもしくは各ページにnoindexタグがついてるから
  • エラーの対処法は、サイトマップもしくは各ページのnoindexタグを外すこと
  • WordPressを使ってる方は、プラグインの「Google XML Sitemaps」もしくは「All in One SEO」の設定を変えれば解決する

といった感じ。

本記事があなたのお役に立てたなら幸いです。

最後までありがとうございました。

参考サーチコンソールのインデックスカバレッジでエラー出た時の対策集

参考【まとめ】初心者が副業ブログアフィリエイトで月1万円稼ぐ方法