サーチコンソール「送信されたURLにnoindexタグが追加されています」エラーの対処法

BLOG SearchConsole

本記事の内容

  • サーチコンソール「送信されたURLにnoindexタグが追加されています」エラーの対処法

こんにちは、ヒデハルです。
ブログ歴は1年ほど。

サーチコンソールのカバレッジで、こんなエラーが表示されて困ってませんか?

「送信されたURLにnoindexタグが追加されています」

本記事では、上記のエラーメッセージを解決する方法を解説します。

サーチコンソール「送信されたURLにnoindexタグが追加されています」エラーの対処法

サーチコンソールのインデックス カバレッジエラーとは

サーチコンソールのインデックス カバレッジでは、検索インデックスのステータスを見ることができます。

※インデックス:クローラーが取得したサイト情報をGoogleの検索結果に登録すること

メニューから[インデックス] >[カバレッジ]をクリックすると↓

4つのステータスが表示されます↓

インデックス カバレッジのステータス

  • エラー:インデックスに登録されていない。修正が必要
  • 有効(警告あり):インデックスに登録されているが、注意すべき問題あり
  • 有効:正常にインデックスに登録されてる
  • 除外:サイト運営者が、意図的にインデックスに登録していない可能性あり

エラーの場合は、インデックスされておらず、永久に検索画面に表示されることはないので、早急の対処が必要です。

下にスクロールすると、エラーの詳細が表示されていて、今回の例では以下のとおり↓

エラー内容は「送信されたURLにnoindexタグが追加されています」(注:修正後なのでエラーは0になってます。)

「送信されたURLにnoindexタグが追加されています」エラーが出る理由

送信されたURLにnoindexタグが追加されています」エラーが出る理由は、サイトマップで送信したページに、“noindex”のメタタグが設定されているからです。

サイトマップを送信して、Googleにインデックス登録をお願いしておきながら、インデックス登録をしない“noindex”が設定されているのでエラーになる、、というカラクリ。

その原因として多いのは

WordPressのプラグイン「Google XML Sitemaps」で自動生成しているHTML形式のサイトマップ「sitemap.html」に、“noindex”のメタタグが設定されているケース。

「送信されたURLにnoindexタグが追加されています」エラーの対処法

このケースならば、WordPressのプラグイン「Google XML Sitemaps」の設定を変更すれば解決します。

WordPressのメニューから[プラグイン] >[Google XML Sitemaps] >[設定]をクリックして下さい↓

[基本的な設定]のところにある、[HTML形式でのサイトマップを含める]のチェックを外しましょう。ここがエラーの原因です↓

画面下の[設定を更新]をクリックします↓

以上でWordPressでの作業は終わり。

サーチコンソールにもどり、[送信されたURLにnoindexタグが追加されています]エラーを開き、[修正を検証]をクリックして下さい↓

ここからGoogleの検証が始まります。検証が完了すれば(注:私のケースは6日を要した)、ステータスが「合格」に変わてエラーが消えます↓

これでエラーへの対処は完了!

本記事が参考になれば幸いです😌

なお、サーチコンソールの基本的な使い方については、以下の記事を参考にどうぞ。