ランニングの効果は疲れない体を作ること|1日10分で健康効果あり

HEALTH LIFE

運動不足をなんとかしたい人「仕事で忙しく運動不足。太ってきたし、慢性的にだるい。このままじゃまずいから、ランニングでもしようかと、、、でもランニングって、そもそもどんな効果があるんですかね?長いキョリは自信がないんですけど…。」

こういった疑問に答えます。

本記事の内容

  • ランニングの効果は疲れない体を作ること|1日10分で健康効果あり

こんにちは、ヒデハルです。
健康に気を使う40代で、ランニングを始めて3年ほど。

運動不足からくる「体重増加」や「体の疲れ」をなんとかしようと、ランニングを考える人は多いでしょう。

でも運動となると、尻込みしちゃうのもわかります。そもそもどんな効果があるのか、も知りたいですよね?

そこで今回は「ランニングの効果と、ムリなくできる方法」について解説します😌

ランニングの効果は疲れない体を作ること|1日10分で健康効果あり

結論:1日10分のランニングで、「疲れにくく、太りにくい体」になります。

本記事は、スキージャンプの葛西紀明選手の著書『40歳を過ぎて最高の成果を出せる「疲れない体」と「折れない心」のつくり方』の内容を紹介します。

レジェンドと称されるアスリートの指南ゆえ信頼性は充分。やり方は一般の人向けなのでご安心を!

代謝ダウンで起きる問題とは

人間の体は20代をピークに衰えはじめ、40代になると、その勢いは加速度を増していきます。もちろん筋肉の量も低下します。

筋肉量が減れば、代謝が下がる負の連鎖で、、、生じる問題は以下のとおり。

代謝の低下で生じる問題

  • 疲れやすくなる
  • 太りやすくなる

代謝が下がると、体内にたまる疲労物質を体外へと排出する力が弱まってしまい、日々の疲れが取れにくくなります。 

また、代謝が下がると、脂肪が燃焼しにくくなります。にもかかわらず、若いころと同じ量のカロリーをとれば、太るは自明。

こんな感じ↓

ランニングの効果とは

では一体、ランニングの何がいいんでしょうか?

それはズバリ「代謝を上げられる」ってこと。

筋肉による代謝アップ

ランニングをすると、下半身の筋肉がつきます。先ほどの裏返しで、筋肉量が増えれば代謝を上げることができます。

しかも、全身の筋肉の約7割が下半身に集中しているので、マラソンは効率的に代謝を上げられるんです。

発汗による代謝アップ

またランニングをすれば、汗をかきますよね。この汗をかくというのも代謝を上げる効果があります。

よって、ランニングをすれば、「筋肉」と「汗」のツインターボで代謝を上げることができるわけです。

こんな感じ↓

あとは先ほどの問題の裏返しで、、、

代謝アップで得られる効果

  • 老廃物を減らし、疲れにくい体にできる
  • 脂肪を減らし、太りにくい体にできる

このように、ランニングの効果とは、代謝を上げて「疲れにくく、太りにくい体」を作れることなんです。

※体重が減るかどうかは「食事の量」が関係しますので、そこは誤解なきように。

ランニングのやり方とは

結論は、ランニングの時間は「10分から」でよいです。

運動習慣のない人は、まずは10分間のウォーキングからどうぞ。
慣れてきたら、少しスピードを上げて、ランニングに変えていきましょう。

ランニングの頻度は?

健康に良いランニングも、続けないと意味がないですよね?

では続けるコツはというと、「やらなきゃ」という義務感を捨てて、、、
「あえて毎日やらないようにすること」

できる範囲で「週に何回」と決めるもよし、やりたくない日を「やらない日」に決めるのもよし、、、気分が乗らないときはウォーキングでもOK。

走りたくない日にまでムリに走ると、ランニングがストレスになり、かえって逆効果ですから。

ムリをせず、続けていくことを優先させましょう。

慣れたら時間を延ばす

慣れてきたら、時間を少しのばしてみましょう。ただし、最大でも30分にすること。

大半の人は30分を過ぎると飽きてきて、ストレスを感じ始めます。それに30分運動すれば、カロリーは消費され、いい感じに汗をかけますから。

ランニングのその他の効果とは

ランニングは、フィジカル面の他に、実はメンタル面にも効果があるんです。

メンタル面の効果

  • 爽快感
  • 前向きになる
  • リラックス効果
  • ランニング中に考えごとができる

上記のとおり。

フィジカル面にもメンタル面にもメリットがあるランニング。
ムリない範囲でぜひ始めてみて下さい。

あなたの心も体もスッキリしますから!

まとめ:ランニングの効果は疲れない体を作ること|1日10分で健康効果あり

葛西紀明選手の著書『40歳を過ぎて最高の成果を出せる「疲れない体」と「折れない心」のつくり方』から、ランニングの効果とやり方を紹介しました。

本記事のポイント

  • 30代以降は筋肉量が減り、代謝が下がる
  • ランニングをすれば、筋肉と汗によって代謝が上がり、
  • 疲れにくくて、太りにくい体を作る効果がある
  • ランニングは1日10分からでよく、最大でも30分
  • 毎日でなくてもOK。ムリせず続けることを優先する
  • ランニングには、メンタル面のプラス効果もある

上記のとおり。

ムリせず続けることを優先して、1日10分ランニングしてはどうでしょう?

参考になれば幸いです😌

参考40代におすすめのエイジングケア10選【体をメンテナンスしよう】

人気【まとめ】マコなり社長おすすめの本・グッズ・アイテム・サービス