浪人すべきか迷うなら答えは1つ【良い大学に行く意味とは】

EDUCATION University

受験に失敗して進路に悩む高校3年生:「第一志望の大学に落ちた。滑り止めの大学に行くべきか、浪人すべきか迷っている。浪人して再チャレンジしたいけど、また失敗したらと思うと不安…。親は1浪なら許してくれそう。アドバイス下さい。」

こういった疑問に答えます。

本記事の内容

  • 浪人すべきかどうか迷うなら答えは1つ

こんにちは、ヒデハルです。
大手企業で働く40代。その昔、浪人しました。
» プロフィールはこちら

受験に失敗して進路に悩む高校生のよくある悩みとして、「浪人して初志貫徹すべきかどうか…」という点があると思います。

私は浪人して国立大学に入り、大学推薦で大手企業に入社しました。浪人したおかげともいえます。ただし浪人すべきかどうか?はケースバイケースで、一概に答えは出しにくい、、と思ってたんですよね。

とはいえ、会社勤めも20年になり、人生経験を積んだ今ならハッキリ言えるんです。浪人すべかどうかの答えは「たった1つ」だと。

そこで今回は、「浪人の是非」について回答します。
※2浪するか迷ってる浪人生や、受験はこれからという高校生にも参考になるかと。

浪人すべきか迷うなら答えは1つ【良い大学に行く意味とは】

結論は、浪人はすべきではありません。
なぜなら「良い大学に入る→人生の幸せ、ではないから」です。

良い大学を目指すのはなぜ?

あなたが良い大学に行こうとするのは、なぜでしょうか?

あなた:「勉強するからには、少しでも上を目指したいから」

こう答えるでしょう。
でも実は、こんな価値観を持ってるからじゃないですか?

  • 良い大学に行く → 幸せにつながる
あなた:「う〜ん、まぁそう言われればそうかも…」

こういう価値観って、無意識のうちにあなたにインプットされているんです。小さい頃から、周りの大人たちによって。

その価値観があるからこそ、あなたは必死に勉強してきたんですよね。そして今は、「浪人してまで」少しでも偏差値が高い大学を目指そうとしてます…。

そんなあなたに私は言いたい、「そうじゃない!」

「良い大学 → 幸せ」じゃない

あなたが持っているイメージはこうですよね?

幸せへの方程式(イメージ)

  • ①良い大学 → ②良い会社 → ③安定収入・高収入 → ④幸せ

この方程式をばらして、この式のマチガイを証明します。

①良い大学 → ②良い会社?

会社にもよりますが、学歴採用はたしかにあります。良い大学を出てれば、採用で有利になることはあるでしょう。

ただし、ここで言う良い大学とは「早慶か難関国立」を指します。それ以外は大差はありません。

つまり「①良い大学 → ②良い会社」はまちがってないですが、限定的です。

②良い会社 → ③安定収入?

良い会社ってどんなイメージですか?誰もが知ってるような大企業じゃないですかね。

ではそういう良い会社に入ったら、安泰なんでしょうか?
答えは「No」です。そんな時代は終わってますよ。

かつての大企業のキビシイ現実

「ベンチャーなんて不安定。大企業に入れば安心よ」っていう大人たちの声を真に受けちゃダメですよ。昔の話ですから…。

つまり、「②良い会社→③安定収入」はマチガイです(世の事実)

②良い会社 → ③高収入?

良い会社に入れば、高収入を手にできるでしょうか?
答えは「No」

そもそも「高収入」っていくらをイメージしますか?日本の平均年収は約420万なので、年収が1,000万くらいでしょうかね、、、

でも、現実は違います。
独身ならまだしも、4人家族だとお金なんて貯まりません…。詳しくは「サラリーマン年収1,000万の手取りでは貯金できない件|4人家族の家計を公開」をどうぞ。

あなた:「でも努力すれば、もっと稼げるんじゃないの?」

それも「No」
年収の上限は、就いた職(会社)で決まるからです。

たとえ大企業であっても、会社員を選択した時点で、1,000万以上は期待できません。努力による上限の振れ幅なんて誤差。(詳しくはのちほど)

つまり、「②良い会社→③高収入」もマチガイです(私の実経験)

以上をまとめると

幸せへの方程式(現実)

  • ①良い大学 ≒ ②良い会社 ≠ ③安定&高収入 = ④幸せ
    ① ≠ ④

このように、良い大学に行っても幸せにはならないので、「浪人をしてまで」良い大学に固執するのは意味がないんです。

浪人はすべきじゃありません。

浪人するのもやむなし人とは

例外はあります。

それはその大学を卒業しないと、目指す職につけない人ですね。例えば「医者」とか。

でもあなたの夢は「医者になること」ですか?それとも「医療に貢献すること」ですか?

これからの時代は、これまで人にしかできなった仕事がソフトウェアに代替されていくでしょう。例えば「より優れた診療システムをつくる」ってことも医療への貢献ですよね?

資格とか職業にこだわりすぎずに、どの領域の問題を解決することに貢献したいのか?も考えてみてください。

※「浪人→○○大学医学部→医者」という一択ではないってこと。

浪人するよりやるべきこととは?

浪人よりもやるべきことは、
「市場から稼ぐ力を身につけること」です。

ただ勘違いしないで欲しいのが、コンビニのバイトみたいに「時間の対価」として給料をもらうのではなくて、、、

自分の商品を作って、「商品の対価」として稼ぐということです。

「稼ぐ力」の大切さ

いくら大企業に入ったところで、会社員を選んだ時点で年収1,000万以上は稼げない理由とは、、、

サラリーマンが「時間の対価」として、会社から給料をもらう働き方だからです。(フロー型ビジネス)

一方で年収1,000万以上は稼ぐ人とは、自分の商品を作って、「商品の対価」として稼ぐ働き方です。(ストック型ビジネス)

もしあなたが将来、年収1,000万以上の高収入を得て、幸せになりたいならば、この働き方の違いを理解しましょう。

そして、実際に自らの力で稼いでみましょう。

この稼ぐ力を早く身につけば、その他大勢に差をつけることができるし、あなたが将来幸せをつかむための武器になり得ます。

あなたへ伝えたいこと

浪人を経験し、国立大学を出て、大企業で20年働いた私が思う幸せは以下のとおり。

幸せへの方程式

  • 商品を自ら作って稼ぐ力 → 高収入 → 幸せ

決して、大学行かずにすぐに起業しろといってる訳じゃありません。

ですけど、良い大学に入って、大学の講義をマジメに受けても、その他大勢から抜け出すことはできないってこと。

ましてや、良い大学に入ろうと浪人するのは、時間の無駄づかいです。

高校を卒業したら「偏差値思考」も卒業しましょう。

人生で大切なのは「稼ぐ力」を身につけること。
次のステージへ向かって、ぜひ気持ちを切り替えてほしいですね。

まとめ:浪人すべきか迷うなら答えは1つ【良い大学に行く意味はなし】

記事のポイントをまとめます。

  • 浪人はすべきではない
  • 良い大学→人生の幸せにつながらないから
  • 高収入を得るには、自分の商品を作って「稼ぐ力」が必要
  • 「稼ぐ力」を早く身につければ人生の幸せにつながる
  • 浪人してるヒマはなし。次のステージに向けて進もう

といった感じ。

親御さん向けに書いた記事ですけど、浪人は人生の無駄|子供を浪人させないように教育しようも参考にどうぞ。

今回は以上です。