時間の無駄にしない読書方法【マコなり社長YouTubeから学ぶ】

WORK

読書にモヤモヤを感じる人「読書はけっこうしてるんだけど、本当に役に立ってるんだろうか?時間の無駄になってないかと心配になる…。そもそも時間を無駄にしない読書ってなんでしょうか?」

こういった疑問に答えます。

本記事の内容

  • 時間の無駄にしない読書方法とは
    – 価値ある読書
    – 成果の出る読書法

こんにちは、ヒデハルです。
読書はわりとするほう。

読書は人生に役立つ。

誰しもがこの言葉を信じて、読書に精を出しますよね。

でも読書ってけっこう時間を使うだけに、「時間に見合ったリターンはあるんだろうか…」と不安になりませんか?

実は私もそのひとり…。

でもそんな悩みにズバッと回答してくれる動画を見つけたんです!

そこで本記事では、その動画をコンパクトにまとめ、皆さんにも紹介します。

「時間の無駄にしない読書方法」をサクッと知りたい方は、ぜひどうぞ。

時間の無駄にしない読書方法【マコなり社長YouTubeから学ぶ】

book

その動画とは、マコなり社長のYouTube動画「ただの読書は時間の無駄。100人に1人の人材になる読書法」です。

動画では「仕事に生かすことを前提とした自己研鑽としての読書」を対象としており、結論は以下のとおり。

時間の無駄にしない読書方法

  • 価値ある読書:その日から行動が変わる
    – 影響の輪に注力する
  • 成果の出る読書法:以下を最大化する
    – 読んだ本の数
    – 良い本に出会う確率
    – 行動を起こす確率

上記のとおり。
ではさっそく見ていきましょう。

時間の無駄にしない読書方法 – 価値ある読書とは?

世界的ベストセラー『7つの習慣』には「2つの輪」が登場します。

あなたの読書は「どちらの輪」を広げるものですか?

例えば「わかりやすく世界史を学べる本」を読んだとして、読んですぐに自分の人生が変わります?ちょっとキョリが遠いですよね…。

今自分が影響力が及ばない分野の知識を頭に入れても、時間帯効果が悪いということ。

何か行動につなげるという明確なゴールのない「ただの読書」で、いたずらに知識を膨らませることは、「関心の輪」にエネルギーを向けることに他なりません。

まずあなたが集中すべきは「関心の輪」ではなくて「影響の輪」。
そして、読書で学んだことを必ず行動につなげましょう。

「価値ある読書」とは、その日から自分の行動が変わることなんです。

時間の無駄にしない読書方法 – 成果の出る読書法とは?

「読書を自分の行動につなげる」のが大事と言いましたが、そのコツって知ってますか?

それは、以下の式で表される「読書の成果」を最大化することです。

上記のとおり。
3つの掛け算値を大きくするってことです。

その①:「読んだ本の数」を増やす

効果的なのは以下の3つ。

  • ①-1:読書の時間を増やす
  • ①-2:読む時間を速くする
  • ①-3:退屈なら損切りする

①-1:読書の時間を増やす

おすすめは、寝る30分前から「Kindle Paperwhite」で読書する習慣をつけること。あと移動中は読書することですね。

①-2:読む時間を速くする

速く読むには「速読・飛ばし読み」を身につけましょう。

ただし量をこなせばある程度は速くなるので、それほど気にしなくてOK

①-3:退屈なら損切りする

退屈だったら読むのを即やめましょう。
つまらない、役にたたないと思っても、もったいないからという理由で最後まで読むのはNG。目的と手段が逆転してます。

本に払った1,000円のお金よりも、時間の方が1,000倍貴重!

その②:「良い本に出会う確率」を上げる

ここでいう良い本とは「行動につながる本」のこと。
この本を読むと自分の行動に良い影響を及ぼしそう、、という見極めが大事です。
効果的なのは以下の3つ。

  • ②-1:本を要約した動画を見る
  • ②-2:本の要約サービスを使う
  • ②-3:目次をみて部分的に読む

上記のとおり。

②-1:本を要約した動画を見る

本来は文字で読みながらじっくり考えたいところですが、全部そうしてると時間が足りません…

そこでまずは、本の要約動画をみることにしましょう。動画なら時間を短縮しつつ、加えてイメージしやすい利点もあります。

おすすめは、以下のYouTubeを2倍速で。
» サラタメさん
» モチベーション紳士さん

②-2:本の要約サービスを使う

本の要約サービスを使えば、動画よりもさらに短い時間で本の要点を知れます。

おすすめは「flier」というサービス。要約を全て読むには月額2,000円かかりますが、自分の時間を節約することに投資を惜しんじゃいけません。

②-3:目次をみて部分的に読む

本って隅から隅までぎっちり読む必要はありません。

目次を見て、この本は何を言いたいのかを拾っていけばOK。
そして目次の中で、行動につながりそうな所だけを詳しく読みましょう。

行動につなげる自己研鑽をするのであれば、本を全て読まなきゃという固定観念は捨てましょう。
本を1冊読んで、行動につながるアクションプランが1つ生まれれば充分です!

このやり方に変えるだけで、全て読むのに比べて時間は1/3に短縮するはず。

その③:「行動を起こす確率」を上げる

本を読んだ後に、行動に移すために最も効果的な方法とは、、、
「印象に残った話とアクションプランを紙に書き出すこと」です。

アクションプランは箇条書きでOK。できれば「期限」もつけて。もし紙に書く時間がなければ、メモアプリにアプションプランだけをさらっと書けばよし。

このアクションプランを書くというのは必ずやりましょう。
頭に入れた知識を行動に変換しなければ、本を読む意味はないからです。

「ただの読書」はもう終わりにして、、、
「行動につながる読書」をやりましょう。

それこそが「時間の無駄にしない読書方法」です。

以上、マコなり社長の動画紹介でした。

まとめ:時間の無駄にしない読書方法【マコなり社長YouTubeから学ぶ】

記事のポイントをまとめます。

時間の無駄にしない読書方法

  • 価値ある読書:その日から行動が変わる
    – 影響の輪に注力しよう
  • 人生が変わる読書法:以下を最大化する
    – 読んだ本の数(時間・速度アップ、損切りする)
    – 良い本に出会う確率(要約・目次を見る)
    – 行動を起こす確率(アクションプランを書く)

上記のとおり。

この読書法を理解し、人生に役立つ読書をしていきたいですね。

最後にいくつか補足します。

『7つの習慣』を読む

実際に手にとって読んでみたい方はこちらから。
» 7つの習慣

Kindleで読む

電子書籍のKindleなら「Kindle Paperwihte」がおすすめ。目にやさしくて、お風呂でも読めますから。
» Kindle Paperwihte

くわしく知りたい方は、Kindle Paperwihte(第10世代)のレビュー【防水が便利です】をご覧下さい。

Amazon Audibleで聴く

読んだ本の数を増やす上では、本の朗読サービス「Amazon Audible」もおすすめです。通勤中やベッドで聞けるので時短できますよ。

くわしく知りたい方は、【解説】Amazon Audible(オーディブル)とはどんなサービス?をどうぞ。

おすすめの書籍

マコなり社長が推薦する本は、以下にまとめています。
» 【総まとめ】マコなり社長がYouTubeでおすすめする本とは?

参考になれば幸いです😌

人気【まとめ】マコなり社長おすすめのグッズ・アイテム・サービス