仕事が遅い人から早い人に変わる方法3つ【マコなり社長に学ぶ】

WORK

仕事が遅い人「周りの人たちに比べ、仕事の進みが遅い…。どうやったら仕事を早くこなせるようになるんでしょうか? 」

こういった疑問に答えます。

本記事の内容

  • 仕事が遅い人から早い人に変わる方法3つ【マコなり社長に学ぶ】

こんにちは、ヒデハルです。
大手企業で働く40代会社員です。

仕事が遅い人のよくある悩みで、「仕事を早くこなすコツがわからない…」という点があると思います。

そんな方には本記事がおすすめ。

マコなり社長のYouTube動画『仕事が遅い人のやっていることトップ3』を簡単にまとめてますので。

ではさっそく見ていきましょう。

仕事が遅い人から早い人に変わる方法3つ【マコなり社長に学ぶ】

仕事が早い人の特徴は以下の3つ。

  • その①:仮説を立てる
  • その②:アウトラインを作る
  • その③:上司や同僚に意見をもらう

上記のとおり。

その①:仮説を立てる

あなたは「何が正しいか」を決めずに仕事を始めてませんか?もしそうなら、地図を持たずに宝探しするようなもの…

仕事をこなすときは、まず仮説を立てましょう。

仮説を立てるとは、その仕事を取り組む上での「前提条件を決めること」です。

もし悩むなら一旦5W1Hで書き出して下さい。
例えば以下の仕事があったとしましょう。

「スクールに見学にきたお客さんが、思わす受講したいと思うようなパンフレットを作る」

これに対する仮説は以下のとおり。

仮説の例

  • どこでもらうものなのか?
  • どんな人が読むのか?
  • いつ読むのか?
  • どんな気持ちでパンフレットを見るのか?

上記のような問いを作って、それぞれに対して間違ってもいいので答えを作っておきましょう。それはつまり、、、

「仮説という地図を持つ」ということ。

そうすれば、高品質で、早い仕事ができるようになりますから。

その②:アウトラインを作る

あなたは、ギリギリになってその場で対処すれば、なんとかなると思ってませんか?それじゃ膨大なやり直しを生むだけ…

仕事をこなすときは、まずアウトラインを作りましょう。

アウトラインとは仕事の「大枠の段取り」のこと。

仕事が早い人というのは、まずこのアウトラインを作ることで、仕事のやり直しを最小化します。

営業資料作成の仕事なら、例えば以下のとおり。

アウトラインの例

  1. アウトラインの合意を取る
  2. 仮説を立てる
  3. 一度フィードバックをもらう
  4. 資料に載せる情報を集める
  5. 資料の載せる情報を決める
  6. 一度フィードバックをもらう
  7. 正確な情報を関係各所から集める
  8. スライドデザインを依頼する
  9. 関係部署からフィードバックをもらう
  10. 仮運用期間を設ける
  11. 使ってみて改善意見を集める
  12. 完成

これらの全てに「期日」と「何をやるのか」を決めます。

アウトラインをまず周りから合意をもらうこと、それが仕事のスタートです。

※アウトラインについては、「仕事が遅い人がやっていないたった一つのこと」の動画でも解説あり。

その③:上司や同僚に意見をもらう

あなたは人に迷惑をかけまいと、人に聞くことを遠慮してませんか?それじゃ仕事は早くなりません…

仕事をこなすときは、周りの人に意見をもらいましょう。

人から意見をもらえば、自分の思考の漏れや間違いに気付くことができるし、

自分では思いつかないような新しいアイデアももらえます。

先ほどのアウトライン例を見て下さい。沢山のフィードバックをもらってるでしょう?

ただし周りの人から意見をもらうために、以下の2つを心がけて下さい。

  • 自分の意見を持って、アドバイスをもらう
  • 日頃から周りの人にギブしておく

一人でできることなんてたかが知れてます。
その事実を認めて、周りの人のリソースはフル活用しましょう。

そうすれば、あなたの仕事は大幅に早くなるはずです。

まとめ:仕事が遅い人から早い人に変わる方法3つ【マコなり社長に学ぶ】

記事のポイントをまとめます。

仕事が早い人の特徴

  • その①:まず仮説を立てる(仕事の前提条件を決めて地図を持つ)
  • その②:まずアウトラインを作る(周りから合意をもらってやり直しを減らす)
  • その③:周りの人に意見をもらう(リソースをフル活用して気づきを得る)

参考になれば幸いです😌

人気【まとめ】マコなり社長おすすめのグッズ・アイテム・サービス