今ならプログラミングエンジニアが最適な訳【マコなり社長に学ぶ】

JobChange WORK

こんにちは、ヒデハルです。

本記事では、マコなり社長のYouTube動画『未経験からエンジニアになるべき理由』を簡単にまとめました。

「将来なんの職につけばいいのやら…」
「今の職がイヤすぎる。転職したい…」

そんな方に本記事はおすすめ。

15分のオリジナル動画を3分で読めるのでぜひ。

今ならプログラミングエンジニアが最適な訳【マコなり社長に学ぶ】

未経験からWebエンジニアになることを勧める理由は、自分の人生に自信を持てるから。

自信を持てる訳とは

順に見ていきましょう。

その①:市場価値が高まり続ける

プログラミングエンジニアになると人生に自信を持てるのは、市場価値が高まり続けるから。

プログラマーの需要は増え続ける

情報革命はまたまだこれから加速していく。そんなテクノロジー中心の産業の中心にいるのがプログラムをかくエンジニア。

世の中を見渡すと、ソフトウェアで代替できる仕事はまだまだ多い…。

よって利便性やアイデアを形にしていくエンジニアの需要は衰えしらず。

月に50万以上も稼げる

需要が高まり続ける仕事は報酬も上がりやすい。エンジニアの実務経験を2〜3年を超えれば、フリーランスとして月50万以上を稼ぐのはカンタン。

市場から評価されて自信につながる。

その②:会社に依存せず生きていける

プログラミングエンジニアになると人生に自信を持てるのは、会社に依存せず生きていけるから。

ずっと何かにしばられる人生

多くの人は子供のときからずっと何かに所属して人生をすごす。

学校、部活、大学、会社、、

それが当たり前で、しばられないと生きていけないとすりこまれてる。

自分の力だけで稼げると自由になる

ところが月に20万、50万、80万と、自らのプログラミングスキルだけでお金を稼げるようになると、こう思うようになる。

「もう何者にもしばられないで生きていける。自由になった。」と、、

まさに人生観が一変するとき。

エンジニアは自由を得やすい

プログラミングエンジニアほど短期間で劇的に市場価値をあげれる仕事は他にない。

仕事の需要は高いし、スキルが高ければ仕事を選べる立場にもなる。医師や弁護士ほど稼げるまでの時間もかからない。

よってエンジニアを目指すのは「コスパがよいキャリア選択」であり、自由を得やすいわけである。

どうせ努力するなら

仕事は人生の3分の1も使うこと。どうせやるなら結果を出しやすいエンジニアを目指そう。そして、、

何者にもしばられない自由な人生を手に入れよう。

その③:未経験からの挑戦が誇りになる

プログラミングエンジニアになると人生に自信を持てるのは、未経験からの挑戦が誇りになるから。

未経験からのエンジニアになるのは当然ハード。

ハードではあるものの、努力を継続さえすれば確実に勝てるゲーム。気づけば嘘のようにそつなく仕事がこなせるようになる。

その成功体験は人生の誇りとなり、自信をもたらす。

以上、未経験からWebエンジニアになることで自信を持てるワケを紹介しました。

最後に:まずは体験してみる

もしプログラミングエンジニアに興味をもったなら、まずは体験してみること。

出だしは Progate(プロゲート)のような無料オンライン学習サービスがおすすめ。

Progate -楽しく学べるプログラミング学習アプリ

Progate -楽しく学べるプログラミング学習アプリ
無料
posted withアプリーチ

>> Progate(プロゲート)の公式サイト

10時間ほどやってみて、もうちょっと思い切ってやってみようかと思ったら、TECH CAMP(テックキャンプ)ようなプログラミングスクールを検討するとよい。

有料だけど、独学よりも教わる方が5〜10倍も早くスキルを身につけられるので。
自信をつけたいならさっそく今から。



まとめ:今ならプログラミングエンジニアが最適な訳【マコなり社長に学ぶ】

おさらいします。

  • Webエンジニアがおすすめな理由は、自分の人生に自信を持てるから
  • 自分の人生に自信を持てる訳は、①市場価値が高まり続ける ②会社に依存せず生きていける ③未経験からの挑戦が誇りになるから
  • エンジニアに興味をもったらまずプログラミングを体験してみる
  • 最初は無料の学習サービスProgate、思い切ってやるならテックキャンプがおすすめ

上記のとおり。

エンジニアを目指すのはコスパのよいキャリア選択です。

自由と自信をつかんで幸せに生きましょう。

参考になれば幸いです😌

人気【まとめ】マコなり社長おすすめの本・グッズ・アイテム・サービス