オンライン飲み会とは?楽しむコツやメリット・デメリットも解説

LIFE Online

オンライン飲み会が初めての人「オンライン飲み会に誘われた。でも初めてだから勝手がわからない。普通の飲み会とどう違うの?楽しむコツとか教えて下さい。」

こういった疑問に答えます。

本記事の内容

  • オンライン飲み会とは
  • オンライン飲み会のメリット
  • オンライン飲み会のデメリット
  • オンライン飲み会を楽しむコツ

こんにちは、ヒデハルです。

オンライン飲み会に誘われたものの、「はて、普通の飲み会とどう違うの?」って人も多いでしょう。

そこで今回は「オンライン飲み会とは?」を解説していきます。

オンライン飲み会とは?楽しむコツやメリット・デメリットも解説

オンライン飲み会とは

オンライン飲み会とは、参加者が自宅のパソコン(or タブレット or スマホ)の前にお酒やおつまみを用意し、ビデオ通話をしながら行う飲み会のこと。

最近ではリモートワークでビデオチャットを通してミーティングを行っている会社も増えていますが、同じ形式で飲み会を行います。

家にいながら飲み会が開催できるとあって、人気が上昇中です。

オンライン飲み会に必要なもの

  • PC or スマホ or タブレット
  • 専用のアプリ(Zoom、LINE、Skypeなど)
  • お酒・おつまみ

※PCの場合、内部カメラがないものは、別途ウェブカメラが必要。
※まわりへの音を気にするなら、イヤホンがあると便利。

オンライン飲み会のメリット

以下のとおり。

  • その①:自宅でカンタンにできる
  • その②:遠方の人と気軽にできる
  • その③:相手の家族に会える
  • その④:全員で話題を共有できる
  • その⑤:自分好みで飲食できる
  • その⑥:安上がりになる

補足します。

その①:自宅でカンタンにできる

移動の時間が不要で、小さいお子さんがいても安心して出席できます。コロナウィルス感染の心配もありません。

その②:遠方の人と気軽にできる

普段なかなか会えないような遠方の人と気軽にできるのが最大の魅力です。

その③:相手の家族に会える

相手のご家族が登場するサプライズが楽しいところ。旦那さん(奥さん)や小さなお子さんとか。テンション↑↑

その④:全員で話題を共有できる

全員で会話をするので、「あの人と話せなかった…」「着いた席がハズレだった…」なんてこともありません。

その⑤:自分好みで飲食できる

自分の好きなお酒・つまみを楽しめます。好き嫌いが多い人、食品アレルギーがある人にとってはありがたい。

その⑥:安上がりになる

自分が用意した酒・つまみ代だけで安上がり。酒があまり飲めない人、小食な人にはうれしい。

オンライン飲み会のデメリット

以下のとおり。

  • その①:話すタイミングが難しい
  • その②:話題に気をつかう
  • その③:大人数になるほど話せない
  • その④:飲食を用意する必要がある
  • その⑤:リアル特有の高揚感はない

補足します。

その①:話すタイミングが難しい

どのタイミングで話し始めればいいかとまどいます。みんなの視線の先がつねに一定ですから。

その②:話題に気をつかう

みんなで共有できる話題にしなきゃと気を使います。あたりさわりのない話題になりがち。

その③:大人数になるほど話せない

話せる人はつねに1人ですから、人数増えるほど、話せる時間が減ってきます。発言者にも偏りも。

その④:飲食を用意する必要がある

自分で酒・つまみを用意する必要があります。後片付けも。こういうのが面倒って人には短所ですね。

その⑤:リアル特有の高揚感はない

飲み会で得られる高揚感は、そりゃリアル飲みにはかないません。

オンライン飲み会を楽しむコツ

よくある意見で、「オンライン飲みはせいぜい6人ぐらいまで」があります。

でも、リアル飲みならまず実現できないであろう大人数とも、サクッとできちゃうのがオンライン飲みの良さ。

それぞれのメリット・デメリットを理解して、相手や状況に応じて、うまく使い分けるのが楽しむコツです。

参考になれば幸いです😌