【レビュー】Logicool MX Keys Miniはおすすめ【完成度高いテンキーレス】

Productivity

こんにちは、キーボードおたくのヒデハルです。

今回はLogicool MX Keys Miniのレビューをします。

結論からいうと、Windowsパソコンで使う省スペースのキーボードとしては、現時点で私のなかで、NO1です!

その証拠に、会社用にグラファイト(黒)を買った後、

自宅用にペイルグレイ(白)も買いました(^o^)/

Logicool MX Keys Miniを買おうか迷ってる方は参考にどうぞ

» Logicool MX Keys Mini(Amazonへのリンク)

目次

Logicool MX Keys Miniの特徴

Logicool MX Keys Miniの特徴をお伝えします。

外観は上の写真のとおり。

  • テンキーレス
  • Blutooth接続
  • Win、Mac両対応
  • 3台のPCと接続
  • USB-Cの充電式
  • 日本語配列は3色、英語配列は1色

上記が主な特徴です。

より詳しく知りたい方は、商品のページをご覧ください

Logicool MX Keys Miniのおすすめポイント

あなたにとってキーボードって何が大事でしょうか?

わたしにとって、キーボードで重視するのは以下の3つです

  • サイズ
  • 配列
  • 打撃感

Logicool MX Keys Miniは、上記3つのレベルが高い!

それが私がこのキーボードを気に入っている理由です。

おすすめポイント①:サイズ

Logicool MX Keys Miniはテンキーレスなので、横幅のサイズがコンパクト!

サイズがコンパクトだと、キーボードのすぐ右どなりにマウスを置けるので、マウス⇔キーボードの移動キョリが短くなり、作業が早くなります。

また、サイズがコンパクトだと、机のうえがスッキリするのもメリット!

このコンパクトサイズがとても気に入ってます。

おすすめポイント②:配列

Logicool MX Keys Miniのキーボード配列は、標準的でクセがなく、とても使いやすい!

キーボード配列はタイピングの正確性にもろにつながるので、本当に大事なポイントです。

わたしが気にするポイントは
・左下にCtrlボタンがあること
・Ctrlの右側にfnボタンがあること
・fnボタンの横にWindowsボタンやaltボタンがあること

その点はLogicool MX Keys Miniはごらんのとおりバッチリです。

他に気にするポイントは
・Enterボタンがいちばん端にあること
・十字キーが押しやすい配置であること

その点もLogicool MX Keys Miniはごらんのとおりバッチリ。

他に気にするポイントは、
・上段のfnボタンが専用のボタンになっていること

その点もLogicool MX Keys Miniはごらんのとおりバッチリです。

おすすめポイント③:打撃感

打撃感の好みは人によって違いますが、わたしの好みは
・キーストロークが深すぎないこと
・適度な反発感があること
・大きな音がしないこと

その点、Logicool MX Keys Miniは、上記の好みにかなりマッチしています。

Logicool MX Keys Miniのデメリット

Logicool MX Keys Miniは全体的に完成度がとても高いのですが、あえてデメリットを挙げるとすると以下の2つ。

  • 打撃感
  • 重さ

順に見ていきます。

デメリット①:打撃感

さっきは打撃感がメリットといっておきながらなんですが、、

キーのストロークがごらんのとおりやや浅いので、長時間タイピングすると疲れることが正直あります。

また、キーボードの表面がごらんのとおりへこんでいて、人によってはしっくりこないかもしれません。

ただ、この打撃感を含めて、Windowsパソコンで使う省スペースのキーボードとしては、私のなかではNO1ですね。

デメリット②:重さ

Logicool MX Keys Miniの重量は400グラム。けっこう重いです。

もしも、カバンに入れて持ち運ぶという方にはデメリットでしょう。

私のように、同じ場所でしか使わないなら問題になりません。

Logicool MX Keys Mini以外のおすすめキーボードは?

Windowsで使う省スペースのキーボードとしては、Logicool MX Keys Miniが一番のお気に入り。

「Windowsで」とあえて言っているのは、Macを使うときは、私はApple Magic Keyboardを使っているからです。

Logicool MX Keys Miniって、Win/Macの両対応なのに、なぜか?

それは、打撃感だと、Apple Magic Keyboardに軍配があがるから

やっぱ、Apple Magic Keyboardの打撃感ってなんともいえず気持ちいいんですよね。Apple Magic Keyboardのほうがキーボードストロークが浅いのに。

じゃ、なぜわたしがApple Magic KeyboardをWindowsパソコンで使わないのか?

それはキーボード配列の問題。

Apple Magic Keyboardは Windowsでも使えますが、Mac前提で作られているので、Windowsだとやっぱ使いづらいんですよね…。

たとえば、Delキーがないので、Windowsで必須となるCtrl+Alt+Delをできないとか…。

なので私は、

  • Windowsのときは Logicool MX Keys Mini
  • Macのときは Apple Magic Keyboard

を使ってるわけです

ちなに、2つのキーボードの外観を比較すると以下のとおり。下がLogicool MX Keys Miniでやや大きいですが、かなり似てますよね。

というわけなので、もしあなたがWindowsを使いなら、迷うことなくLogicool MX Keys Miniをおすすめします。

両者の比較については以下の記事でもまとめています。あわせてご覧ください。» MacとWindows両対応のキーボードおすすめ2選!

Logicool MX Keys Mini購入時の注意点

Logicool MX Keys Miniを購入するときの注意点は3つ。

  • 配列
  • Bluetooth対応

順に見ていきます。

注意点①:配列

1つの注意点は、日本語配列か英語配列かを間違えないこと。
多くの方が使っているのは日本語配列です。

注意点②:配列

2つめの注意点は、色を間違えないこと。

日本語配列ですと、
・グラファイト(黒)
・ペイルグレイ(白)
・ローズ(ピンク)
の3色があります。

私は会社用としてグラファイト(黒)を購入し、自宅用としてペイルグレイ(白)を購入しました。

グラファイト(黒)は、かっこよくて、落ち着いた感じ。

ペイルグレイ(白)は、シックでおしゃれって感じ。

注意点③:Bluetooth対応

3つめの注意点は、お使いのパソコンがBlutooth接続に対応しているかということ。

もしお使いのパソコンがBlutooth接続が備わってなければ、Blutooth接続用のUSBアダプタを買えばOKです。

私の場合、会社のPCにはBlutoothに対応していなかったので、こちらのUSBアダプタを購入しました。


» Blutoothアダプタ(Amazonへのリンク)

以上の注意点をふまえて、Logicool MX Keys Miniを購入するときは、こちらのAmazonのページからどうぞ。

» Logicool MX Keys Mini(Amazonへのリンク)

まとめ:Logicool MX Keys Miniはおすすめ

Windowsパソコンで使う省スペースのキーボードとしては、Logicool MX Keys Miniは私のなかでNO1のおすすめです。

わたしが重視する
・サイズ
・配列
・打撃感
が、どれも満足できるレベルにあり、完成度がすこぶる高いからです。

本記事をご覧になり、いいなと思った方はぜひお手にとってみてください。

» Logicool MX Keys Mini(Amazonへのリンク)

なお、キーボード以外のおすすめガジェットはこちらにまとめていますのであわせてどうぞ
» 生産性を向上させるアプリ・アイテム・サービスをまるっと紹介

今回は以上です。