【レビュー】Kindle Paperwihteなら入浴中の読書が習慣化!コスパ最高でおすすめ

Productivity

Kindle Paperwhiteの購入を迷ってる人「Kindle Paperwhiteに興味ある。でも使い勝手やデメリットなどもう少し詳しく知りたい。利用者の方、使ってみた感想はどうですか?」

こういった疑問に答えます。

本記事の内容

  • Kindle Paperwihteの使用レビュー

こんにちは、Kindle愛用者のヒデハルです。

電子読書端末の代表格は、Amazonが提供するKindleシリーズ。

そのKindleシリーズの中で、Kindle Paperwihteは最も人気の高い商品です。

とはいえ、電子読書端末を使ったことのない方にとっては、いまひとつイメージがわかず、購入を迷ってしまいますよね。

そこで今回は、Kindle Paperwihteを実際に使用している私が、メリットやデメリットを紹介しました。

結論を先にいうと、Kindle Paperwihteは、シリーズの中でコスパ最高の商品でおすすめです。

そのあたりをわかりやすく解説しましたので、ぜひ参考にしてください。

なお、私の場合は2台目にKindle Oasisを購入し、現在はこちらを使っています。値段は高いけど、予算が許すならOasisをよりおすすめします。以下で紹介してますので参考にどうぞ。
» 【レビュー】Kindle Oasisを思いきって買ったら最高だった!

目次

Kindle Paperwihteとは

Amazonが提供する電子読書端末のKindleシリーズ。

そのKindleシリーズのなかで、Kindle Paperwihteは最も人気の高い商品です。

Kindleシリーズには、値段が安い順から
・Kindle
・Kindle Paperwihte
・Kindle Oasis
の3つがあって、Paperwihteは真ん中。

スペック

スペックの違いをざっくり言うと、

  • Kindle:防水なし/画面が6インチ
  • Kindle Paperwihte:防水あり/画面が6.8インチ/解像度高
  • Kindle Oasis:防水あり/ページ送りボタンあり/画面が7インチ/解像度高

値段

値段は、各モデルのなかで、オプションをどれにするかによりますが、

  • Kindle:8,980円〜
  • Kindle Paperwihte:14,980円〜
  • Kindle Oasis:29,980円〜

※2022年7月時点

以上をまとめると、Kindle Paperwihteとは

  • Kindleシリーズの真ん中のモデル
  • 1番安いKindleとの違いは、
    ・防水機能がある
    ・画面が0.8インチ大きい
    ・解像度が高い
  • 値段は14,980円〜。選ぶオプションによって異なる

Kindle Paperwihteを使った感想やメリット

Kindle Paperwihteを使った感想は、
入浴中に読書OK!コスパ最高の電子読書端末でおすすめ!ですね。

そのあたりを紹介します。

他ブランドとの比較

まず電子端末には、楽天が提供するKoboなどもあります。
値段やスペックがそれほど違うわけではありませんが、圧倒的な電子書籍コンテンツとの親和性を考えると、やっぱりKindleシリーズを選ぶのがおすすめです。

1番安いKindleとの比較

Kindleシリーズにおいて、1番安いKindleは、その低価格が魅力ではありますが、、

・画面6インチはやや小さいのと、
・防水機能がついていない
のが痛いところ。

あと解像度がKindle Paperwihteに比べて劣りますね。

まぁ、
・テキストしか読まない
・入浴中に電子書籍で読書しない
方ならKindleでも悪くないでしょう。

でも私のように、入浴中に電子書籍で読書したい方なら、防水機能のないKindleは選択肢から外れます。

防水機能ありのPaperwihteなら読書が習慣化

以前の私は、入浴中に「紙の」本を持ち込んだりもしてましたが、
紙の本だと、
・蒸気や水滴でふやけてしまうし、
・風呂の照明が暗くて読みづらい
ので、いまいちだったんですよね。。

でも、防水機能ありのKindle Paperwihteなら、水滴なんてへっちゃら!最悪湯船に落としてもすぐに拾えば問題ありません。

おまけに、端末自身が光るので暗い風呂場内でもクリアに読めます!

おかげで、入浴中の読書が習慣になり、忙しい毎日のなかでも読書をコンスタントにできるようになりました。

最上級モデルのOasisとの比較

最上級モデルのKindle Oasisにも防水機能はもちろんついています。

そして、Kindle Oasisならではの「ページ送りボタン」がかなりのすぐれもの。

予算が許すなら、Kindle Oasisをおすすめしたいところですけど、値段が29,980円〜とやや高め。

一方、Kindle Paperwihteの値段は14,980円〜と、Kindle Oasisの半分の値段なんですよね。

というわけで、Kindle Paperwihteなら、
・入浴中の読書を習慣化でき、
・Kindle Oasisの半分の値段、
ゆえに、コスパ最高の読書端末でおすすめ!

Kindle Paperwihteのデメリット

Kindle Paperwihteのデメリットを強いて言うなら、「ページ送りをするときの操作」。

ページ送りをするときって、ディスプレイの端をタップするわけですが、指を移動させるのがちょっと面倒です。

あと、通常は気になりませんが、流し読みでどんどんページ送りしているときには、指が端っこの文字をほぼ隠してる感じになるのがイマイチ。

まぁデメリットといえば、それぐらいなもの。人によっては気にならないレベルです。

Kindle Paperwihteの購入方法

Kindle Paperwihteの購入は、Amazonのサイトから行います。

私もこんな感じでAmazonのサイトからポチりました。

で、Kindle Paperwihteを購入するときは、容量や広告のありなしなどのオプションを決める必要があります。

おすすめは以下のとおり。

おすすめ 理由
サイズ 8GB アニメを大量にダウンロード
したい方以外は8GBで十分
接続方法 wifi 外出時に本をダウンロードする
ケースは少ないのでwifiで十分
モデル 広告なし やや高くなるけど、
広告はウザすぎるので無し
オプション Kindle Unlimitedつき 所定期間無料なので
つければよいかと

※スマホなら横スライド可

以下にAmazon購入リンクを貼っておきます。リンク先ページをご確認のうえ、どうぞ。

まとめ

Kindle Paperwihteの購入・使用レビューをしました。

Kindle Paperwihteなら防水機能つきで、入浴中の読書が習慣化します。

値段的には、最上位機種のKindle Oasisの約半分の値段で、コスパは最高!

多くの方におすすめできる電子書籍端末です。

ぜひこの機に、電子書籍ライフを始めましょう。
» 購入方法はこちら(本文にジャンプします)

なお、最上位機種のKindle Oasisに興味がある方は、こちらの使用レビューをご覧ください。
» 【レビュー】Kindle Oasisを思いきって買ったら最高だった!

また、電子書籍サービスのKindle Unlimitedについて知りたい方は、以下をご覧ください。
» 【口コミ評判】Kindle Unlimited(アンリミテッド)を使った感想は?

今回は以上です。

人気生産性を向上させるアプリ・アイテム・サービスをまるっと紹介