【レビュー】Keychron K3ワイヤレス・メカニカルキーボードを使ってみた

Productivity

本記事の内容

  • Keychron K3ワイヤレス・メカニカルキーボードの購入・使用レビュー

こんにちは、キーボードマニアのヒデハルです。

キーボードって、その良し悪しによって生産性に大きな差がでるので、こだわりたいですよね。

今回は、Keychron K3ワイヤレス・メカニカルキーボード(日本語JIS版、赤軸)についてレビューしたので、参考にしてください。

結論を先にいうと、
特に良い点は、
・打撃感が良い
・配色がおしゃれ
・MacとWindowsの両方で使える
悪い点は、
・値段が高い
・矢印キーが使いづらい(JIS版)
・右側の列のキーがジャマ

上記のメリットを重視して、デメリットに我慢できる方であれば、おすすめのキーボードです。

本記事で詳しく紹介しましたので興味ある方はぜひどうぞ。

目次

Keychron K3ワイヤレス・メカニカルキーボードを買ったきっかけ

私がKeychron K3ワイヤレス・メカニカルキーボードを買ったきっかけは以下の2点です。

  • MacとWindowsとで両方使えるキーボードが欲しかった
  • メカニカルキーボードを使ってみたかった

MacとWindowsとで両方使えるキーボードが欲しかった

私は自宅でブログを書くときはMac、会社の仕事をするときはWindows、の二刀流。

それそれで別のキーボードを使ってもいいんですけど、できれば同じキーボードを使いたいんですよね。その方がタイピングスピードが上がるから。

これまでMacとWindowsとで両方使えるキーボードはいくつか試してきましたが、どれもあと一歩って感じでした。

メカニカルキーボードを使ってみたかった

これまでキーボードを探していたなかで、「メカニカルキーボード」ってフレーズをときどき目にしていました。

気にはなるものの、値段が高いので選択肢から外していました。

とはいえ、キーボードマニアの私としては、やはり一度はメカニカルキーボードを体験しておかなければ!と思ったわけです。

私が買ったキーボードのモデル

私が買ったのは「Keychron K3 ワイヤレス・メカニカルキーボード」でして、詳細は以下のとおり。

  • ライト:Whtite LED
  • 配列:日本語(JIS)
  • スイッチ:ロープロファイルGateronメカニカル 赤軸

値段は15,290円(税込み、送料込み)でした。

ライト

ライトには「RGBライト」もありますが、カラフルに光ることには興味がないので、「Whtite LED」を選びました。

配列

英語(US)もありますが、一度も使ったことがないので、使い慣れている「日本語(JIS)」を選びました。

スイッチ

「オプティカル」タイプだと交換(スワップ)できる利点はありますが、「Gateronメカニカルスイッチ」を選びました。メカニカルキーボードを使ってみたかったので。

赤軸・青軸・茶軸の違いは、詳細は公式サイトを見ていただくとして、違いを簡単に説明すると、以下のとおり。

・赤軸:軽い。静か
・茶軸:中間
・青軸:重い。うるさい

私は、(従来はmacのmagic keyboardを好んで使っていたように)打撃感は軽い方が好みなので、「赤軸」を選びました。

Keychron K3ワイヤレス・メカニカルキーボードのメリット

Keychron K3ワイヤレス・メカニカルキーボードを実際に使ってみて良かった点は以下のとおり。

  • MacとWindowsの両方で使える
  • 打撃感が良い
  • サイズがコンパクト
  • 配色がおしゃれ
  • ワイヤレス

MacとWindowsの両方で使える

MacとWindowsの両方で使えるので、二刀流の私としてはマル。

切り替えは、キーボードの背面にあるスイッチで行います。

打撃感が良い

これまでたくさんのキーボードを試してきた私からして、打撃感はかなり良いです。

「メカニカルキーボード」だからなかのか、「Keychron K3」だからなのかはわかりませんが、タイピング感はとても良いです。

キーストローク

新設計のロープロファイルスイッチは、従来の一般的なスイッチに比べ約40%薄くなっていて、キーストロークがちょうどいいんですよね。

Appleのmagic keyboardも好きではあるんですが、キーストロークがやや薄いかなって感じ。

対して、このKeychron K3のストロークは、magic keyboardよりも少し深くて、私にはピッタリでした。

キーの重さ

赤軸・茶軸・青軸のなかでいちばん軽い赤軸を選んだわけですが、軽めが好きな私にはちょうどよかったです。

このキーの重さは使う方の好みですけど、3種類の中から選べるっていうのが、Keychron K3の価値ですね。

Keychronオプティカル(ホットスワップ)を購入すれば、あとからキーの重さを変えることもできますし。

なお、打撃感のイメージは以下の動画を参考にどうぞ。

サイズがコンパクト

私はテンキーの便利さよりも、サイズがコンパクトなことを重視する派。

Keychron K3はテンキーレスで、サイズがコンパクトです。

配色がおしゃれ

薄いグレーと濃いグレーのツートンカラー。左上にはオレンジのEscボタン。

世の中のキーボードに比べておしゃれですね。

ワイヤレス

ワイヤレスなので、デスク周りがスッキリします。

なお、有線接続(USB Type-C)も可能。切り替えは背面のスイッチで行います。

以上が、Keychron K3の良い点。5つ挙げましたが、特に大きいのは、
・MacとWindowsの両方で使える
・打撃感が良い
の2点ですね。

Keychron K3ワイヤレス・メカニカルキーボードのデメリット

Keychron K3ワイヤレス・メカニカルキーボードを実際に使ってみてイマイチだった点は以下のとおり。

  • 矢印キーが使いづらい
  • 右端の列のキーがジャマ

矢印キーが使いづらい

Keychron K3の日本語(JIS)配列は、矢印キーの配列が独特。

ご覧のとおり、下一列にならんでいます。

これ、購入前に「使いづらい」の口コミは目にしていましたが、「そんな気にならないっしょ〜」と軽く考えてました。

で、実際に使ってみたら、まじで使いづらかった。涙

矢印キーって結構使うんだなっていうことと、
このキーの配置が変わると、ずいぶんと調子が狂うってことを思い知らされました。

ちなみに、US配列だと、ごらんのとおり、矢印キーは通常の配列。

日本語(JIS)配列も、この矢印キーの配列にしてほしかった…。

右端の列のキーがジャマ

Keychron K3は、右端の列に、
・home
・page up
・page down
・end
のキーがあるけど、ジャマでしかない。。

このキーがあるせいで、
・Enter
・back space
・delete
のキーを押すときに、ミスりやすくなるんですよね。

以上のように、Keychron K3のデメリットは、キー配列がイマイチなところ。

キーボードの良し悪しは、打撃感とおなじくらいキー配列も大事ですから、購入される方は十分ご留意ください。

あと、値段が高いのもデメリットですね。

Keychron K3ワイヤレス・メカニカルキーボードの購入方法

上記のメリットを重視して、デメリットを我慢できる方であれば、Keychron K3はおすすめのキーボードです。

Keychron K3を使ってみたい方向けに、購入方法を紹介します。

ひとつめはAmazon。時期によっては、Amazonで発売しているかもしれません。私が購入したときには、Amazonでは取り扱っていませんでした。

もうひとつは公式ページ。私はこちらで購入しました。

「売れきれ」になっていることもあるので、その際は入荷を待ちましょう。私も2か月近く待ちました。

私が購入したのは、

  • ライト:Whtite LED
  • 配列:日本語(JIS)
  • スイッチ:ロープロファイルGateronメカニカル 赤軸

で、値段は15,290円(税込み、送料込み)でした。
購入後、2〜3日して自宅に届きましたよ。

まとめ

Keychron K3ワイヤレス・メカニカルキーボードの購入・使用レビューをしました。

特に良い点は、
・打撃感が良い
・配色がおしゃれ
・MacとWindowsの両方で使える
悪い点は、
・値段が高い
・矢印キーが使いづらい(JIS版)
・右側の列のキーがジャマ

上記のメリットを重視して、デメリットに我慢できる方であれば、おすすめのキーボードです。

購入したい方は、Amazon(時期によっては取り扱ってるかも)か、公式ページでどうぞ。

その他のキーボード

Keychron K3のキーボード配列はどうにもムリ、、という方は、ロジクール MX KEYSがおすすめ。以下の記事で紹介してますのでご覧ください。
» MacとWindows両対応のキーボードおすすめ3選!

なお、生産性を上げるグッズやサービスは以下の記事で紹介してますので合わせてご覧ください。
» 生産性を向上させるアプリ・アイテム・サービスをまるっと紹介

今回は以上です。