2匹目の猫を飼うときの注意点・迎え方【2匹目を迷う方必見】

Cat LIFE

2匹目の猫を飼うか迷ってる人「2匹目の猫を飼いたいな。でも先住猫とケンカしたらどうしようとか、いろいろ心配になっちゃう…。2匹目の猫を飼うときの注意点を教えてください。」

こういった疑問にお答えします。

本記事の内容

  • 2匹目の猫を飼うときの注意点・迎え方とは?

こんにちは、ヒデハルです。
2匹の猫と暮らして3年が過ぎました。
» その様子はTwitterで日々アップしてます

猫好きな方なら、誰しも2匹目を飼いたいですよね。

でも2匹目となると、ちょっと迷う人も多いのでないでしょうか?

「2匹がケンカしたらどうしよう、、」
「世話しきれるかな、、」とか。

そこで今回は、わが家での経験をもとに「2匹目の猫を飼うときの注意点・迎え方」をまとめました。
2匹目を検討されてる方は、ぜひご覧ください。

2匹目の猫を飼うときの注意点・迎え方【2匹目を迷う方必見】

考えるべきは以下の3点です。

  • その①:お世話
  • その②:費用
  • その③:相性

上記のとおりでして、とくに③の相性が重要です。

その①:毎日の世話は想定の範囲内

毎日の世話として「ご飯」と「トイレ」の問題がありますよね。

ご飯

2匹とも同じタイミングであげればいいので、1⇒2匹になってもそれほど大変じゃありません。

※ちなみに、わが家で猫ちゃんにあげてる食事は、わが家の猫にあげてるご飯(キャットフード)をご紹介。にまとめました。よければ参考にどうぞ。

トイレ

2匹がそれぞれのタイミングでトイレをするようになるので、トイレのそうじ回数は増えます。

ただ、すでに猫を1匹飼っていて、トイレの世話が日常のルーチンになっているのであれば、1⇒2匹になっても大丈夫でしょう。

※ちなみに、わが家はトイレは1⇒2個に増やしました。どちらも屋根があるタイプで、保護猫の飼い方|初めて猫を室内で飼うときの注意や準備とは?でおすすめを紹介しています。2匹とも元からあるトイレを使い、もし使用済みだったら2個目を使うという感じ。猫砂だとうまくいかなかったので、ペット用シートを使ってます。

毎日の世話に関しては、2匹に増えても想定の範囲内かと思います。

その②:費用は2倍になるので慎重に

猫が1⇒2匹になれば、かかる費用も2倍に増えます。
必要な費用としては、以下のとおり。

  • 食事代
  • トイレ代
  • 病院代
  • ペットホテル代

上記のうち、食事代やトイレ代は許容範囲内だったとして、、、

ペットホテル代は要注意

これが意外と盲点です。
2泊以上留守にするなら、ペットホテル・動物病院に猫をあずけますよね。

ここでよくある勘違い:
「2匹を同じゲージに入れたら費用は同じなんだろう」

そうじゃありません。

1⇒2匹になったら、料金は2倍になるのが基本です。
このペットホテル代って高額だけに、けっこう家計に響きますよ。

家を留守にするのが多く、その出費はつらいなって方は、2匹目は待つべきでしょう。

その③:相性がいいかどうかは運

「猫同士ならすぐに仲よくなるんじゃない?」

そう考えてるなら危険ですよ…。

2匹の仲の良さを仮に5段階にわけてみると、、、

  1. 仲良すぎ。SNSに投稿したい(最高)
  2. 仲良いけど、べったりじゃない
  3. 普通。時々ケンカすることもある
  4. 仲悪い。ケンカはしょっちょう
  5. 危害を与えるので隔離が必要(最悪)

こんな感じですが、
残念ながら、5のような最悪ケースも実際にあります。

これって何で決まるかというと「相性」のひと言でして、飼ってみないと誰にもわかりません。

2匹目の猫を飼う最大の難しさはここにあるんです。

対処法:トライアルで相性チェックしよう

とはいえ、2匹目の猫を飼うのが「運だのみ」じゃ困りますよね?
猫たちに囲まれた幸せいっぱいの生活を夢見てたのに、隔離なんて、、、

そこでおすすめなのが、2匹目を正式に迎え入れる前に、トライアルで2匹を同居させてみることです。

トライアルをすれば、2匹の相性がある程度はわかり、その後の同居生活がイメージできますから。

ただしこのトライアルは、ペットショップじゃできません。
できるのは「里親募集(動物愛護施設など)」のタイプだけ。

施設にもよりますが、2週間ほどは猫を預かることができるでしょう。やっていけそうなら譲り受け、無理そうなら、施設に猫をお返しするという感じ。

あなたはどちら?

猫を飼うならペットショップ?里親?その違いとは?の記事にまとめてますが、どちらを選ぶかはあなた次第です。

ただし、「2匹目はペットショップで選びたい」という方は、隔離のようなリスクも想定し、「覚悟」をもって、迎え入れましょう。

もし「2匹目は里親制度で選びたい」という方は、「トライアル」を利用してから迎え入れることを強くおすすめします。

里親制度の利用手順については、保護猫の飼い方|初めて猫を室内で飼うときの注意や準備とは?に詳しくまとめましたので、そちらをご覧くださいませ。

以上、2匹目の猫を飼うときの注意点でした。

まとめ:2匹目の猫を飼うときの注意点は、相性が最も重要で、トライアルがおすすめ

記事のおさらいをします。

2匹目の猫を飼うときの注意点

  • 毎日の世話は想定の範囲内
  • 2倍の費用は許容できますか?
  • 2匹がうまくやれるかは相性次第。覚悟を持って。
  • トライアルで相性の事前チェックをして、リスクを減らそう

本記事を参考に、2匹目をご検討下さい。
あなたの猫ライフがより良くなることを願ってます。

もし2匹目の猫として、キジトラや茶白に興味があれば以下の記事を参考にどうぞ。わが家で暮らすキジトラや茶白猫の性格をまとめました。
» キジトラ猫の性格・特徴とは?|わが家のキジトラ猫もご紹介
» 茶トラ白(茶白)猫の性格とは、温厚で人なつっこい愛されキャラ。

今回は以上です。