「香川県ゲーム規制条例」は意味ナイけど、内容には99%賛成する件

EDUCATION PC_Smartphone

こんにちは、ヒデハルです。
子供教育に気を使う、40代の副業ブロガーです。
娘が2人います。

先日(2020/1/10)香川県議会が発表した条例案が、話題になりましたね。

その条例とは、子供のゲームやネット依存を防止する目的であり、「ゲームは平日1日60分まで」「午後10時以降はゲーム禁止」といった内容。

この条例をひとことで言うと、意味ナイですよね。
だって破っても、罰則がないんですから。

ネットでも「こんなコトを条例で定めるなんてオカシイ」との声が大半…

でも私、内容には賛成だし、実際にわが家でやってるんですよね。。

このあたりを解説します。

香川県ゲーム規制条例は意味ナイけど、内容には99%賛成する件

香川県議会が発表した条例案って、意味ナイですよね。
でも内容自体は賛成だし、わが家で実践してるんです。

条例ってどんなモノ?

条例の概要は、以下のとおり。

  • 対象者:18歳未満
  • 対象物:スマホ、パソコン、コンピュータゲーム
  • 保護者は子供を、ネット・ゲーム依存症から守る責任がある
  • 保護者はフィルタリングアプリ等を使用し、子供を管理する
  • スマホ等の使用上限は「1日60分(休みの日は90分)まで」
  • スマホ等の使用時間帯は「21時(高校生は22時)まで」
  • 学校や市、町も協力する
  • 罰則はない

条例として作る必要ある?

作る必要ないですよね。
だって、罰則がないんですから。。

ネットの意見も批判が目立つ

以下のように、批判の意見が圧倒的です。

・ 禁止しても、子供は隠れてやる
・ 禁止すると大人になって反動くる
・ ゲームの時間を減らしても、勉強時間は増えない
・ 私的な時間の使い方に、政治が口を出すべきじゃない
・ 依存症の防止なら、お酒・タバコ・ギャンブルが先でしょう

でも実はワタシ、、

内容自体には賛成だし、娘に対して実施中なんです。

私はこれまで実経験を元に「子供の学力向上に必要な5つの生活環境とは【小学生の親必見】」「子供にスマホをもたせる時の4つの注意点」の記事で、以下のことを主張してきました。

  • 子供の学力向上には、まず生活習慣を整えること
  • 親が子供の生活習慣を整えるべくサポートすべき
  • テレビ・ゲームは1日1時間、20時まで
  • 小学生ではスマホを与えない
  • 中学生でスマホを渡すなら、親が管理をすべき
  • ルール決め、フィルタリングアプリ導入が不可欠

ごらんのとおり、私が発信してきた内容は、香川県ゲーム規制条例の内容と「全く同じ」です。

ゲームの時間を減らせば勉強時間が増えるとは限りませんが、とはいえ、ゲームに時間を使いすぎたら、生活は間違いなく乱れます。
私も子供のときゲームにハマった経験があり、「依存の怖さ」をよく知ってます。

私からすると「条例で言ってることは、至極まっとう」なんですよね。

ただ100%賛成じゃないのは、、

大多数の人間と同じことをしていては、突出した存在にはなれないのも事実だからです。例えば、、

・ Facebookの創設者ザッカーバーグは、12才プログラミングで初め、そこから没頭。
・ 2019年7月に行われたeスポーツの大会では、アメリカの16歳の少年が優勝し、賞金3億をゲット。その彼は、1日8〜10時間プレイ。
・ 月数十万を稼ぐ中学生「キメラゴン」は学校に行かず、1日中パソコンで、ブログ・YouTubeを作成。

ネット・ゲームに没頭すると、100人に1人くらいは上記のようなスーパーマンが誕生するかもしれません。。

ゆえに、香川県条例には99%賛成で1%反対、それが私の結論です。

まとめ:香川県ゲーム規制条例の内容には99%賛成する件

まとめると、、

  • 香川県条例は意味ナイですよね
  • でも内容には99%賛成なんです
  • わが家では同じことを実践してます
  • みんな凡人になる懸念があるので1%反対

私は娘(中2・小5)に対して、ネット・ゲームの管理を厳しくやっています。そこには「子育ての信念」があるんです。

でも今は、ITの進化が日進月歩。
時代の変化に合わせて「子育ての信念」も、アップデートが必要かもしれませんね 😌

Thank you for reading!