Kindleの使い方をわかりやすく解説【電子書籍端末の定番】

Productivity

電子書籍端末を使ってみたい人「Kindle(電子書籍端末)って、どうやって使うんでしょう?基本的な使い方を教えてください」

こういった疑問に答えます。

本記事の内容

  • Kindle(電子書籍端末)の使い方

こんにちは、ヒデハルです。

電子書籍が普及した今、筆頭は、アマゾンが提供するKindleですよね。

このKindleとは、Kindle本と呼ばれるコンテンツと、そのコンテンツを読むための電子書籍端末の両方を指しています。
» 参考:Kindleとは?初心者向けのアマゾンKindle入門(買い方・読み方)

う〜ん、コンテンツはわかるけど、、

電子書籍端末は、いまいち使い方がわからん、、という方も多いんじゃないでしょうか?

そこで今回は、電子書籍端末の定番「Kindle」の基本的な使い方を紹介しました。Kindleを使ってみたい方はぜひご覧ください。

目次

Kindle(電子書籍端末)とは?

電子書籍端末のKindleは、「アマゾンが提供する電子書籍コンテンツ」を読むための専用端末です。

種類は3つで、価格の安い順に以下のとおり。

  • Kindle
  • Kindle Paperwhite
  • Kindle Oasis

以下は、Kindle Paperwihteの写真です。

それぞれの機能の違いは以下のとおり。

  • Kindle:防水なし/画面が6インチ
  • Kindle Paperwihte:防水あり/画面が6.8インチ/解像度高
  • Kindle Oasis:防水あり/ページ送りボタンあり/画面が7インチ/解像度高

Kindle PaperwihteとKindle Oasisは、防水機能ありなので、お風呂にも持ち込めますよ。

Kindle(電子書籍端末)の使い方

Kindle(電子書籍端末)の使い方は、以下の5ステップです。

  • 事前準備:アカウントを作る
  • Step1:商品を準備する
  • Step2:セットアップする
  • Step3:Kindle本を買う
  • Step4:Kindle本を読む
  • Step5:やめる/再開する

順に見ていきましょう。

事前準備:Amazonのアカウントを作成する

Amazonのアカウトを持ってない方は、まずアカウントを作成しましょう。
» Amazonアカウント登録

Step1:商品を準備する

Kindle(電子書籍端末)を購入すると、こんな感じで手元に届きます↓

※ 今回は「Kindle Paperwhite」を使ってますが、手順は3つとも同じ。

開封した外観がこちら↓

Step2:セットアップする

まず電源を入れましょう。端末の下にあるボタンを長押しします↓

次に、Wi-Fi設定を行います。

Wi-Fi設定が完了するとこんな画面になるので、「既存のAmazonアカウントを使用」をタップします↓

すると、ホーム画面が表示されます↓

以上でセットアップは完了!

Step3:Kindle本を購入する

続いて、電子書籍コンテンツである「Kindle本」を実際に購入してみます。

Amazonのサイトにアクセスします。

検索窓に目当ての本のタイトルを入力してEnterを押します(例:書く技術・伝える技術)。

本がヒットしたので、赤枠(本の画像 or タイトル)をクリックします。

注文画面に移ります。

注文前にサンプルを見たい時は、青枠をクリック。注文してOKなら、①Kindle版が選択されていることを確認し、②「注文を確定する」をクリック↓

データの送信先は、オレンジ枠で「Kindle」を選びましょう。

すると、こんな画面が表示されます↓

以上で注文は完了!

Step4:購入したKindle本を読む

電源ボタンを押して、Kindleの電源を入れましょう。

ダウンロード

すると、先ほど注文したKindle本が表示されてますね。ダウンロードが完了したらクリックします。

表紙のページが登場します。

さぁ、あとは読むだけ!

ページをめくる

縦書きの場合、画面の左側(赤枠)をタップするか、矢印方向にスライドさせると、次ページに遷移します。

参考:横書きの場合、画面の右側をタップするか、矢印方向にスライドさせればOK。

Step5:やめる/再開する

途中でやめる

途中で読むのをやめる時は、電源ボタンを短く押せばOK。スリープ状態になって、こんな感じの画面になります↓

再開する

読むのを再開する時は、電源ボタンを短く押せばOK。すると、前回の最終ページを自動で表示してくれます。

便利ですね!

補足:ホーム画面に戻る

ホーム画面に戻る時は、画面の上部をタップします。

すると、赤枠のメニューが表示されるので、1番左の家マークをクリックします。

ホーム画面に戻ります。

補足:充電する

充電は、同封されてるMicro USBケーブルを挿せばOK↓

以上、Kindleの使い方でした。

まとめ:Kindleの使い方は簡単です

記事のポイントをまとめます。

  • 電子書籍端末のKindleは「アマゾン提供の電子書籍コンテンツ」を読む端末
  • Kindle端末の使い方としては5ステップ
  • 事前準備:Amazonのアカウントを作る
  • Step1:商品を準備する
  • Step2:セットアップする
  • Step3:Kindle本を買う
  • Step4:Kindle本を読む
  • Step5:やめる/再開する

カンタンなので、すぐ慣れますよ。

なお、今回紹介したKindleのうち、どれがおすすめか?を知りたい方はこちらをご覧ください。
» Kindle端末のおすすめとは?3機種の比較で結論はコレ

Amazon会員になると、対象本が無料で読めます。興味ある方はこちらをご覧ください。
» 【口コミ評判】Amazonプライム会員はコスパ最強の神サービス

今回は以上です。

人気生産性を向上させるアプリ・アイテム・サービスをまるっと紹介