【無料】Googleキーワードプランナーの使い方|2020年版

BLOG KeywordPlanner

ブログ初心者「Googleキーワードプランナーを使って、SEOで有利なキーワード選定をしたい。でも使い方がわかりません…。実践的な使い方を教えて下さい。」

こういった疑問に答えます。

本記事の内容

  • 【無料】Googleキーワードプランナーの使い方|2020年版

こんにちは、ヒデハルです。
ブログ歴は1年ほど。

検索で上位をとりたいなら、ぜひともキーワード選定ツールを使いましょう。定番はGoogleキーワードプランナー

Googleキーワードプランナーとは、Google広告(旧Googleアドワーズ)に付随するキーワード選定ツール。機能の制限がありますが、無料で使えます。

導入については、別記事(Googleキーワードプランナーを無料で使う登録・初期設定の方法|2020年版)を見て、先に済ませて下さい。

本記事では、Googleキーワードプランナーの使い方をわかりやすく解説します。

[注:]もしRank Tracker(有料)を導入すれば、キーワードプランナーの機能をプラスαで使えます。興味ある方は、Rank Trackerの使い方【キーワードプランナーとしての使い方】をご覧下さい。

【無料】Googleキーワードプランナーの使い方|2020年版

使い方は以下2つです。

  • メニュー①:新しいキーワードを見つける
  • メニュー②:検索のボリュームと予測のデータを確認する

ではさっそく見ていきましょう。

Googleキーワードプランナーにログインする

キーワードプランナーにログインしましょう。
» Google広告アカウントログインページ

[ツールと設定] >[プランニング] >[キーワードプランナー]をクリックして下さい↓

以下の画面になりますね↓

メニュー①:新しいキーワードを見つける

メニュー①では、以下のことができます。

  • キーワードの検索ボリュームがわかる
  • 関連するキーワードを見つけられる

まず、左側の[新しいキーワードを見つける]をクリックします↓

あなたが調べたいキーワードを入力しましょう。例として「キーワードプランナー」を入力します↓

Enterを押すと青色に変わります。複数のキーワードで調べたいなら、続けて入力しましょう。[結果を表示]をクリックして下さい↓

指定したキーワードの検索結果が表示されます。(「キーワードプランナー」の例では、56個の関連キーワードが表示された)↓

①:キーワード

関連キーワードを表示してくれます。今回の例だと、[キーワードプランナー 使い方]や[キーワードプランナー 無料]というキーワードの組み合わせが需要あり、とわかります。

②:月間平均検索ボリューム

そのキーワードで1ヶ月間に検索される数。表示される粒度は以下のとおり。

  • 10〜100:スモールキーワード
  • 100〜1,000:スモールキーワード
  • 1,000〜1万:ミドルキーワード
  • 1万〜10万:ビッグキーワード

この検索ボリュームこそがキーワードプランナーを使う目的であり、SEOで大切なのは、適切な検索ボリュームのキーワードを見つけることです。

適切な検索ボリュームとは

初心者のうちは、「100〜1,000」のスモールキーワードを狙うといいでしょう。

検索ボリュームが1,000を超えるキーワードで記事を書いても競合に勝てないし、かといって、検索ボリュームが少なすぎると、アクセス数が伸びないからです。

このあたりは、アフィリィエト(ブログ)で稼げない5つの理由とは?【初心者向け】でも説明してますので、ご覧下さい。

無料版の機能制限

上記で述べたとおり、検索ボリュームは、100〜1,000のようにざっくりした数値ですけど、ちょっとレンジが大きいですよね…。

これは2016年頃から変更になった「無料版の機能制限」のため…。

一方、有料版なら検索ボリュームは実数で表示されます。例えば、[キーワードプランナー 使い方]だと以下の違いになります。(2020/7/11時点)

  • 無料版:1,000〜1万
  • 有料版:1,030

先ほど述べた『初心者は検索ボリューム「100〜1,000」のキーワードを狙うべき』からすると、、、

無料版で「1,000〜1万」と表示されたなら、敬遠していたでしょう。

でも、もし検索ボリュームが1,030とわかっていれば、ほぼ「100〜1,000」範囲内なので採用するといった判断ができるわけです。

この違いを理解して、キーワードプランナーを無料 or 有料のどちらで使うかをご判断ください。

③競合性

広告出稿のライバルの多さ。競合が高いと、 CV(コンバージョン)が見込めるキーワードである(=その分、広告費が高くなる)、ということです。

キーワードプランナーを無料で使うなら、参考程度でOK。

④ページ上部に掲載された広告の入札単価

推奨されている入札単価。左側の列が「低額帯」、右側の列が「高額帯」です。無料で使うなら気にしなくてOK。

その他の便利な使い方

フィルタ

検索表示した後、[フィルター]をクリックして下さい↓

表示される項目を使ってフィルターしましょう↓

以下は、[google]というキーワードでフィルターしたときの例です↓

csvのダウンロード

[キーワード候補をダウンロード]を選択すると、検索結果がcsvファイルで出力されます↓

記事の覚えがきとして保存したり、次回以降のキーワード選定に活用したりできます。

メニュー②:検索のボリュームと予測のデータを確認する

メニュー②は、以下のことができます。

  • 選定済みの複数のキーワードをまとめてチェックできる
  • 広告を出稿したときのシミュレーションができる

キーワードプランナーのトップページから、右側の[検索のボリュームと予測のデータを確認する]をクリックします↓

赤枠内に、調べたいキーワードをまとめて入力して、[開始する]をクリックして下さい↓

シミュレーション結果が表示されます。[過去の指標]をクリックしてみましょう↓

キーワードの検索ボリュームが一気に表示されます↓

こんな感じでキーワードプランナーをご活用下さい。

まとめ:【無料】Googleキーワードプランナーの使い方|2020年版

記事のポイントをまとめます。

  • キーワードプランナーの使い方は、メニューが2つある
  • メニュー①では、関連キーワードの検索ボリュームがわかる
  • メニュー②では、選定済みの複数のキーワードをまとめてチェックできる
  • 検索上位をとるには、最適な検索ボリューム(100〜1,000)のキーワードを選ぼう

SEOに有利なキーワードを選んだら、次は有益な記事を書くことですね。

記事の書き方については、以下を参考にしてみて下さい。
» 【初心者向け】ブログのアクセス数を増やす方法5選
» 【初心者向け】ブログで100記事まで書き続けるコツとは?

参考になれば幸いです😌

参考【初心者向け】副業でのブログ運営におすすめなツール10選

参考【初心者向け】ブログの文章力を上げるおすすめの本