リスクのない住宅ローンの組み方って何年でいくらまで?年収1,000万が解説

House LIFE

住宅ローンの組み方に悩む人「家を購入予定。もちろん住宅ローンを利用するけど、大金だけにむっちゃ不安…。リスクのない住宅ローンの組み方って何でしょうか?」

こういった疑問に答えます。

本記事の内容

こんにちは、ヒデハルです。
年収1,000万の40代会社員で、
住宅ローンは10年で完済しました。

さて、新居を検討中のあなたは
希望に胸を踊らせているでしょう。

一方で、悩みの種はお金ですよね?

家ってめちゃくちゃ高くて
これまでの買物とは桁が違うし、

「住宅ローン」といえば
多くの人が利用するとはいえ、
れっきとした借金ですから、、

心配になるのも無理ありません。

なかでも気になるのが、、

住宅ローンって
・何年で返す前提で借りればいい?
・借り入れ額はいくらまでが妥当?

じゃないでしょうか?

おまかせ下さい!

住宅ローンを10年で完済した私が
その質問にズバッとお答えしましょう。

「リスクのない住宅ローンの組み方」を知りたいなら、ぜひこの後もご覧下さい。

リスクのない住宅ローンの組み方って何年でいくらまで?年収1,000万が解説

いきなり結論を言いましょう。
リスクのない住宅ローンの組み方とは、

10年完済できる額にとどめること。

理由はこちらです↓

  • 35年ローンはオワコンだから
  • 10年で完済できない家は、あなたの収入に見合ってないから

上記のとおり。

住宅ローンを10年で完済した経験から
そう断言します。

ちょっとキツイ意見ですいません…。

とはいえ、あなたに住宅ローンで失敗してほしくないためです。ご理解下さい。

ではここからは、
・なぜ35年ローンがオワコンなのか?
・なぜ10年で完済すべきなのか?
を説明していきましょう。

なぜ35年の住宅ローンがオワコンなのか?

では最初に、
35年ローンなんかダメよという話から。

35年ローンがオワコンな理由

  • その①:終身雇用は終わった
  • その②:モノ所有は終わった
  • その③:都市依存は終わった

” 住宅ローンは35年 ”
もしそう思ってるなら「フラット35」の影響でしょう。

でもフラット35ができたのは2004年で、
今から15年以上も前ですよ。

当時はそれが普通でも、今は違いますよ。

理由①:終身雇用は終わった

昔は終身雇用がありました。
経済的な安心もあったでしょう。

でも令和の今は
終身雇用なんて終わりましたよね?

収入の安定が見込めない中で
35年ローンを組むのはリスクありすぎ…。

理由②:モノ所有は終わった

昔はモノの所有がステータスでした。
家はまさにその代表でしょう。

でも令和の今では
モノを持たない生き方がスマートに。
(ミニマリスト・サブスクなど)

家についても同様で、
購入したとしても、価格を抑える傾向です。
(中古で買ってリノベするなど)

その方がフットワークも重くなりません。

そんな世の中で
35年ローンを組んでまで
良いモノを所有するのは微妙かと…。

理由③:都市依存は終わった

昔は会社の近くに家を建て
終の住処とするのが当たり前でした。

でも令和の今では
オンライン化による在宅ワークが進み
会社の近くに済む必要性がなくなってきました。

すると会社から遠く離れて
地方移住する人は増えるでしょう。

そんな世の中で
35年ローンを組んで城を建て、
フットワークを重くするのは考えもの…。

以上3つの理由から
35年ローンなんてオワコンです。

リスクのない住宅ローンの組み方:なぜ10年完済までにすべきか?

ここまで35年ローンなんてオワコンだという話をしました。

ではリスクのない住宅ローンの組み方とは、
なぜ「10年完済まで」なんでしょう?

その理由は、
最長10年の住宅ローン減税を活用して、
利子を少しでも抑えられるから。

利子を払うのはとにかくムダ

住宅ローンを借りるなら
利子について理解してますよね?

もしも「?」な感じだとヤバいです…。
本記事でよく理解して下さい。

利子というのは、
借りた額に上乗せして返すお金のこと。

そして大事なポイントは、
返済期間が長いほど利子は大きくなる
ということ。

具体例をみれば一目瞭然

3,000万
借り入れ
2,000万
借り入れ
1,000万
借り入れ
10年完済なら 32,268,720円 21,512,460円 10,756,200円
35年完済なら 37,893,605円 25,262,300円 12,631,098円
余計に払う利子 5,624,885円 3,749,840円 1,874,898円

※横にスライドできます
※元金均等、金利1.5%、計算ツール

上記のとおり、
もし3,000万を借り入れしたとき、
35年完済だと 10年完済に比べて
562万円も多く支払わないといけません。

これ終わってますよね。。

もう一度くりかえすと、
返済期間が長いほど利子は肥大化します。
そしてその金額はシャレになりません…。

そんなムダな利子を払いたくなければ
返済期間はなるべく短くすべきです。

利子を減らせる住宅ローン減税とは?

「住宅ローンの返済期間を短く!」
と聞けば
「じゃぁなんで10年なの?」
とお思いでしょう。

そのギモンへの答えは、
「住宅ローン減税が最長で10年だから」
になります。

住宅ローン減税とは?

その名のとおり、住宅ローン利用者の金利負担を減らすために設けられた制度で、

年度末の住宅ローン残高の1%
所得税から控除される仕組み(» 詳細

たかか1%とあなどってはいけません!
その年のローン残高が1,000万だと、
10万も控除されるんですから。

そしてこの制度が適用されるのが
最長で10年。

消費税率10%が適用される住宅の取得をして、2019/10/1~2020/12/31に入居した場合は、控除期間は13年

もうおわかりですよね?

住宅ローン減税の適用が終わった11年目以降に、住宅ローンを返済し続けるのがいかにムダかってことを…。

以上の理由から
住宅ローンは10年で完済すべきなんです。

リスクのない住宅ローンの組み方:借り入れ額をいくらまでにすべきか?

ここまで
・35年ローンなんてオワコン
・住宅ローンは10年で完済すべき
という説明をしました。

では最後に
あなたがいくらまで借り入れできるの?
を説明します。

事前準備

以下の質問にお答え下さい。

あなたにとって、
・月に返済できる額はいくら?
・年に繰り上げ返済できる額はいくら?

上記の額がわかれば
あとは以下の式に入れるだけ↓

ご安心下さい。
あらかじめ計算しておきました。

その結果がこちら↓ ( 利子含まず)

たて軸(毎月の返済額)とよこ軸(1年の繰り上げ額)とが交わるセルが、あなたの借り入れ額の上限です。

いかがでした?

「う〜ん、想定よりだいぶ少ない…」

きっとそう感じたでしょう。

それもそのはず。
あなたがこれまで目にした年収ごとの借り入れ額なんてのは、35年ローンの前提ですから。

それを真に受けちゃいけません。

上記の表に書いてる金額こそが
あなたの住宅ローンの上限であり、

その住宅ローンで買える家こそが
あなたの収入に見合った家なんですから。

最後にあなたにメッセージ

立派な家を買いたい気持ちはよくわかります。
私だってそうでしたから。

ですけど今の時代、
住宅で巨額のローンを背負うのはおすすめしません。

その理由は以下の3つでしたね。
・ 終身雇用は終わった
・ モノ所有は終わった
・ 都市依存は終わった

加えて40代になった私の経験を1つ加えるなら、
サラリーマンは貯金できないよってこと。

例えば私は、40歳で年収1,000万になりましたけど、全く貯金できませんでしたから↓

» 参考:サラリーマン年収1,000万の手取りでは貯金できない件|4人家族の家計を公開

もしも10年完済できないような、もっと高い住宅ローンを組んでいたら、、と思うとゾッとします…。

以上の経験から、
これから家を買おうとしてるあなたに
住宅ローンで失敗しないよう警鐘を鳴らしたい!

そう思って、本記事をしたためました。

いつまでも借金を背負った人生。
そんな人生を送りたくないなら、、

住宅ローンは10年で完済できる額までにとどめておきましょう。

まとめ:リスクのない住宅ローンの組み方って何年でいくらまで?年収1,000万が解説

記事のポイントをまとめます。

  • リスクのない住宅ローンの組み方とは、10年で完済できる額にとどめること
  • 35年ローンなんてオワコン
  • 住宅ローンの負担を減らすには、なるべく返済期間を短くすること
  • 利子の負担を減らすには、住宅ローン減税が適用される10年で完済すること

上記の感じ。

リスクのない住宅ローンを組めるよう
心から願っております。

なお住宅ローンを組む上で、以下の記事も参考になるでしょう。

» 変動金利と固定金利どっち?後悔しない住宅ローン選びとは

» 住宅ローンの繰り上げ返済ってした方がいい?【条件付きでお得】

最後までありがございました😌

人気【まとめ】マコなり社長おすすめの本・グッズ・アイテム・サービス