【迷う必要なし】小学生におすすめの通信教育は2つだけ【21個を比較】

EDUCATION Online_Lesson

小学生の子に通信教育をやらせたいママさん「通信教育で子供の学力をアップさせたい。でも小学生の通信教育って、沢山あってどれが良いのかわからない…。おすすめを教えて下さい。」

こういった疑問に答えます。

本記事の内容

こんにちは、ヒデハルです。
中学3年と小学6年の娘は、ともに小学1年から通信教育をやってて、クラスTOP5の実力がつきました。

さて、小学生のお子さんの通信教育を何にするかって、すごく難しいですよね?

悩む原因の1つは、お子さんにとって初めての通信教育であること。もう1つは、小学生の通信教育は選択肢が多いことかと思います。

では一体どれが良いの?と聞かれれば、通信教育歴9年のわが家のおすすめは、「進研ゼミ」と「ポピー」の2つですね。

本記事では、この2つをおすすめする理由を紹介します。通信教育選びの参考になれば幸いです。

小学生の通信教育21個を比較しておすすめを絞る

記事の前半では、数ある小学生の通信教育の中から、通信教育歴9年の私が「進研ゼミ」と「ポピー」をおすすめする理由を解説します。

小学生の通信教育には何がある?

小学生の通信教育を調べてみると、以下のとおり、全部で21個ありました。(※2019/10時点)

進研ゼミ/ポピー/スマイルゼミ/Z会/スタディサプリ/デキタス/まなびWith/Fitオンラインゼミ/いちぶんのいち/おうちゼミ/すらら/公文式/学研/四谷大塚/Gambaエース/ワオスタディー/ガクネット/SAPIX/きっずゼミ/RISU算数/リップルキッズパーク(順不同)

それにしても、すごい数…。

後悔しがちな通信教育の決め方とは?

数ある候補の中から通信教育を決める方法として、例えば以下の2つがありますよね。

  • 案①:サンプル資料を見てみる
  • 案②:先輩ママ達に評判を聞く

でも上記のケースだと、きっと後悔するでしょう。

案①だと後悔する理由

サンプル資料をたくさん見るには、時間と労力で限界があるからです。

そのうち疲れてきて、「う〜ん、これでいいや…」と妥協しがち。

案②だと後悔する理由

先輩ママだと、持ってる情報が少なすぎるからです。

それに、もし先輩ママの勧める通信教育を選んでイマイチだったら、「信じなきゃよかった…」と思うかもですし。

納得のいく通信教育の決め方とは?

特定の通信教育だけをつまみぐいして決めるのでなく、全ての通信教育を比較した上で決めれば納得いくはずです。

ただし、それぞれの良い点を比較すると、なかなか決まりません…。

そりゃ、どの通信教育だって「ここは負けないぞ」っていう売りがあるでしょうし。

おすすめの決め方

長所を比較するよりも、減点主義の消去法の方が、すんなり決まるものです。

消去法で用いるチェック項目としては、以下の6つ。

  • その①:料金
  • その②:学年
  • その③:科目
  • その④:分量
  • その⑤:タイプ
  • その⑥:難易度

各チェック項目で21個の通信教育を見渡してみて、条件に合致しないものを1つずつ選択肢から外していくわけです。

では小学生の通信教育を順に消していきましょう

チェック項目①:料金

あなたはお子さんの通信教育に、月にいくらまで出せますか?

もし塾よりも安くしたいと考えているなら、月に7,000円未満にしましょう。

塾の料金は「約7,900円/月」とのデータがあるからです。(注:公立小の6年生、文部科学省調査より)

以下の通信教育は、月に7,000円以上なので、除外します。

Fitオンラインゼミ/ワオスタディー/すらら/キッズゼミ/公文式/四谷大塚/学研(※6年生時,5科目相当,2019/10時点)

こんな感じで絞りこんでいきましょう。

チェック項目②:対象学年

どうせなら小学生6年で終わりじゃなく、中学3年まで教材がある方がいいですよね?

中学で選びなおす手間が省けるし、慣れた教材の方が勉強に集中できるので。

以下の通信教育は、小学生で終わりなので、除外します。

・SAPIX:小学1年〜4年のみ
・まなびwith:小学6年生まで

チェック項目③:対象科目

国数英の3科目は含んでほしいですよね?
同じ通信教育だけで完結した方が、勉強もスムーズだし、割安なので。

以下の通信教育は、2科目以下なので除外。

・RISU算数:算数のみ
・リップルキッズパーク:英語のみ

チェック項目④:分量

分量は、多すぎず、少なすぎずの適量が良いですよね?

以下の通信教育は、分量が少なすぎるので除外。

いちぶんのいち/Gambaエース/おうちゼミ

チェック項目⑤:タイプ

形式は「紙のテキストタイプ」と「デジタルタイプ」に分かれます。

デジタルタイプは、タブレットやPCを使って、問題を解いたり動画レッスンを受けたり。子供のウケは良いでしょうね。

しかし通信教育歴9年の私としては、小学生のうちは、テキストタイプをおすすめします。

理由は、紙のほうがディスプレイ表示よりも情報の理解度が高い、という実験結果が沢山あるからです。

時間に余裕のある小学生のうちは、テキストでじっくり取り組む方がよろしいかと。

【参考】中2のときにデジタルタイプに切り替えた長女も、小学生のうちはテキストタイプでした。

というわけで、以下の通信教育は、デジタルオンリーなので除外。

スマイルゼミ/スタディサプリ/デキタス/ガクネット

チェック項目⑥:難易度

難しすぎず、易しすぎずの頃合いが良いですよね?
ほっといてもクラスのTOP3に入る優秀な子なら別ですけど…。

以下の通信教育は、難易度が高いので除外。

Z会

以上で絞りこみ完了。

21個の通信教育を消去法で絞りこんだ結果は?

19個が除外され、残った通信教育が以下の2つ!

おすすめの通信教育はこの2つ

  • 進研ゼミ
  • ポピー

この2つこそ、

トータルバランスにすぐれた通信教育

というわけです。

【迷う必要なし】小学生におすすめの通信教育2つだけ

記事の後半では、進研ゼミとポピーのおすすめポイントを解説します。

その①:進研ゼミ 小学講座

概要は以下のとおり。

  • ベネッセが運営する添削式の通信講座
  • 幼稚園、小学1年生から高校3年まで
  • どの学年も5教科が受講費内に含まれる
  • 課題を添削してくれる赤ペン先生が有名
  • チャレンジ・チャレンジタッチの2コース

2つのコースの違い

「チャレンジ」は紙のテキストのみ。「チャレンジタッチ」は紙とタブレットのMIX。

先ほど申したとおり、私はテキストタイプをおすすめします。

料金と教材

受講費と、それに含まれる教材は以下のとおり(※2020年)

(スマホの場合、横にスライドできます)

小学1・2年 小学3年 小学4年 小学5年 小学6年
12ケ月分一括払い 2,980円/月 3,740円/月 4,430円/月 5,320円/月 5,730円/月
必修教科 国・算 国・算・理・社 国・算・理・社・英
含まれるもの 5教科+赤ぺん添削+診断テスト+検定対策+電子書籍1000冊
(小1~小4は、必修ではない教科も、付録として届けられる)

※ 支払いは教材到着後から
※ 入会金:無料、教材送料:不要
※ 半年払い・毎月払いもOK(料金は違う)
※ 途中月で退会した時は、残りの受講費が返金される

進研ゼミの何がいいの?

実は、うちの姉妹が小学1年から使っているのが進研ゼミなんです。
実経験から言える「進研ゼミの良さ」とは以下の3つ。

  • その①:量・質に優れ、かつ安い
  • その②:時代変化への対応が早い
  • その③:楽しみながら勉強できる

上記のとおり。

もっと詳しく知りたい方は、以下の記事をご覧下さい。

タブレットへの切替えもできる

テキストタイプで始めたものの、途中でタブレットタイプに変えたい場合もあるでしょう。

ご安心下さい。進研ゼミなら追加料金ゼロで切替えができます。タブレットも6ヶ月継続すれば無料になるんですよ。

その②:ポピー

概要は以下のとおり。

  • 全家研が発行、新学社が販売する
  • 幼稚園、小学1年生から中学3年まで
  • 教科書に準拠したシンプルなテキスト
  • デジタルコンテンツは補足程度にある
  • 添削なし、付録なしで料金を抑えてる

教材はこんな感じです↓

料金と教材

受講費と、それに含まれる教材は以下のとおり(※2020年)

小学1年 小学2年 小学3・4年 小学5・6年
料金 2,500円/月 2,900円/月 3,300円/月 3,800円/月
必修教科 国・算・英 国・算・英・理・社
含まれるもの 年4回のまとめテスト+デジタルコンテンツ+文庫など

※ 入会金:無料、教材送料:不要

ポピーの何がいいの?

ポピーの良さとは以下の3つ。

  • その①:創刊45年を超える老舗で安心
  • その②:教科書準拠のテキストで学習しやすい
  • その③:ふろくと添削がない分、低価格で助かる

ちょっと補足します。

テキストが良い

ポピーのテキストは、お子さんの学校で使う教科書に沿って編集されているので、授業に合わせての学習がしやすい!

【補足】全国の小学校で使用される副教材を発行している新学社が、ポピーのテキストを作っているからこそ。

とにかく安い

進研ゼミもあの質・量であの料金なら充分に安いと思いますが、さらに料金を抑えたいならポピーの一択でしょう。

進研ゼミと比べると、月額で500円〜1,900円ほど安いですから。

もっと詳しく知りたい方は、以下の記事をご覧下さい。

まとめ:【迷う必要なし】小学生におすすめの通信教育は2つだけ【21個を比較】

記事のポイントをまとめます。

  • 小学生におすすめの通信教育は「進研ゼミ」「ポピー」
  • 21個を比較して、消去法で残るのがこの2つだから
  • 進研ゼミの良さ:総合力ならNo1、ふろくも楽しい
  • ポピーの良さ:授業に合わせた学習がしやすく、安い

上記の感じ。

本記事を参考にしつつ、まずは無料の体験教材を試してはどうでしょう↓





参考になれば幸いです😌

参考【まとめ】幼児・小学生・中学生・高校生におすすめの通信教育