ヒートマップツールの比較|無料で使えるおすすめ5選!

BLOG SEO

ヒートマップを使いたい人「Webサイト改善のためにヒートマップを使ってみたい。でもどのツールがいいのかさっぱりわかりません。おすすめのヒートマップを教えて下さい。できれば無料で使えるとうれしいな。」

こういった疑問に答えます。

本記事の内容

  • ヒートマップツールを選ぶポイントとは?
  • 比較:ヒートマップツールおすすめ無料5選
  • 詳細:ヒートマップツールおすすめ無料5選
  • 参考:おすすめの有料ヒートマップツール
  • 参考:その他のヒートマップツール紹介

本記事を書いてる私は、当ブログサイトを運営して2年ほど。
そんな私が、世にあるヒートマップツールの中で、おすすめの無料5選を紹介しましょう。

結論を先にいいますと、一番のおすすめは、Clarityです。ヒートマップの種類は少ないものの、ヒートマップと画面録画の分析を無制限で行ってくれるから。

またClarityとあわせて、heatmapも導入するのがおすすめ。

ちなみに、上記2つは日本語対応してません。どうしても日本語がいいなって方は、User Heat、あるいはMouseflowがおすすめ。

ただしUser Heatは、1ページあたり1,000文字しかヒートマップ分析できないので、それじゃ困る方は、Mouseflowにしましょう。

上記が結論ですが、もっと詳しく知りたい方は、引き続きご覧ください。ヒートマップ初心者向けに、わかりやすく解説しましたので。

ヒートマップツールを選ぶポイントとは?

ヒートマップツールを選ぶポイントは以下の5つ。

  • 無料で使えるか?
  • ヒートマップの種類は?
  • 画面録画の機能があるか?
  • ページ数やPVはどこまで?
  • 日本語に対応しているか?

選び方①:無料で使えるか?

まずはこれが最重要ですよね。
巷には無料も有料もたくさんありますが、今回は無料のヒートマップを5つ厳選しました。

選び方②:ヒートマップの種類は?

ヒートマップの種類は、主に以下の4つ。

  • スクロールヒートマップ:ユーザーの離脱箇所がわかる。分析の中核。
  • クリックヒートマップ:ユーザーがクリックした箇所が色付く。回遊性やCVR向上に使える。
  • アテンションヒートマップ:ユーザーが止まった時間が長いと色付く。ユーザーの熟読箇所がわかる。
  • マウスフローヒートマップ:マウスの動きで色付く。ユーザーが興味をもった箇所がわかる。スマホは分析不可。

上記のとおり。
特に最初の3つが重要です。

有料版のツールになると、10種類ものヒートマップが備わったりもしますが、そんなにあっても使いこなせませんから笑。

選び方③:画面録画の機能があるか?

画面録画は、特定のユーザが画面上で行った動作を録画したもの。ツールによっては「セッションリプレイ」と呼ばれたりもします。

1つずつ再生して確認する必要はありますが、ユーザの動きをのぞけるので重宝します。もちろん、ヒートマップだけのツールよりも、この機能も備わってる方がおすすめ。

選び方④:ページ数やPVはどこまで?

ツールによって、ヒートマップ分析できるページ数やPVは異なります。同じツールでも、無料か有料かでもそれらは違います。あとは、データの保持期間もバラバラ。

もちろん、どれも無制限に測定できるのがベスト。制限があるなら、あなたのサイト規模にみあっているかをチェックしましょう。

選び方⑤:日本語に対応しているか?

人によってはすごく気にするかもしれませんね。今回紹介する5つのヒートマップツールでは、3つは日本語対応で、2つは英語のみ。

比較:ヒートマップツールおすすめ無料5選

数あるヒートマップツールを比較した結果、私がおすすめする無料ツールは以下の5つ。

  • Clarity
  • Mouseflow
  • User Heat
  • heatmap
  • ミエルカヒートマップ

全て無料で使えますのでご安心ください。

この5つヒートマップツールの違いをわかりやすくするために、比較表にしたのでご覧ください。※2021年10月時点

S C A M 録画 PV
制限
ページ
制限
日本語
Clarity × × ×
Mouseflow 500
User Heat × 30万 1,000
heatmap × × × × 100万 ×
ミエルカ
ヒートマップ
× × 3,000


S:スクロールヒートマップ
C:クリックヒートマップ
A:アテンションヒートマップ
M:マウスフローヒートマップ

冒頭でお伝えしたとおり、一番のおすすめはClarityです。

では以降にて、それぞれのヒートマップツールを詳しくみていきましょう。

無料で使えるおすすめヒートマップツール①:Clarity

無料でできること

ヒートマップ分析 スクロール/クリック
画面録画
デバイス PC/スマホ
PV数 無制限
ページ数 無制限
期間 ずっと使える
日本語対応 x

Clarityは、あのMicrosoft社が2020年10月に公開した完全無料のヒートマップツール。

結論をいうと、今回紹介する無料おすすめ5選のなかで、一番おすすめしたいヒートマップツールがこのClarityです。

ヒートマップの種類は少ないですが、肝となるスクロールとクリックをサポートしているし、なんといっても、ヒートマップと画面録画を無料&無制限で分析できるのがすごい!データの保有期間も無制限!

世の中どこを見渡しても、Clarityみたく無料&無制限のツールなんてありゃしません。

実際の画面を紹介しましょう。以下がダッシュボード。

このダッシュボードには、Dead clicks/Rage cliks/Excessive scrolling/Quick backsといった、他のヒートマップツールにない独自指標も備わっています。

以下がクリックヒートマップの画面。

上記のとおり、ツールのUIもシンプルでオシャレ。使い勝手も良好でして、ダッシュボード⇔ヒートマップ⇔画面録画の連携がスムーズ。また、Googleアナリティクスと連携したり、測定結果をチーム間で共有したりを無料でできるのは、Clarityしかありません。

世のヒートマップツールを16個ほど比較し、実際に7個のヒートマップツールを試してみましたが、無料で使えるものとしては文句なしのNo1。有料版と比較したって遜色はありません。

2020年10月に公開されたばかりで、知名度はまだまだかもしれません。でも2022年になれば「ヒートマップツールならClarity。わざわざお金を払う必要なんてバカらしい」になってる気がします。

2021年10月時点では日本語には対応していませんがご安心ください。私がClarityを導入したときの手順は、【最強】MicrosoftヒートマップツールClarityの導入手順と使い方にまとめましたので、そちらを見ればバッチリです。

» Clarityのサイトへ(無料登録はSign upをクリック)

無料で使えるおすすめヒートマップツール②:Mouseflow

無料でできること

ヒートマップ分析 スクロール/クリック/アテンション/マウスフロー
画面録画
デバイス PC/スマホ
PV数 無制限
ページ数 500ページまで
期間 ずっと使える
※14日間だけハイグレードで使える
日本語対応 ○(インストール時だけ少し英語)

Mouseflowは、dyson、Microsoftなど世界で15万社以上の企業に導入されている人気のヒートマップツールです。

デンマーク発のツールですが、日本語対応されてるのでご安心ください。

4種類のヒートマップの他に、ユーザーの行動を録画できる「セッションリプレイ機能」を搭載しているのが特徴。

このセッションリプレイとヒートマップを備えた解析ツールの中では、世界No1のシェアを誇ります。※2021年時点、Mouseflowサイトより

14日間の無料トライアルでは全ての機能が使え、その後も無料プランとして使い続けることができます。無料プランといえど、ヒートマップとセッションリプレイを500ページ(PV無制限)まで使えるのは良心的。

実際の画面を紹介しましょう。ダッシュボードは以下の感じ。

セッションリプレイでは、特定のユーザーの画面録画が再生されます。

前述のとおり、Mouseflowは無料プランでも充分ですが、有料プランも月額24ドルから、とうれしい低価格設定です。

※月額24ドルのスタータープランでは、分析ページが500→5,000ページに、データ保有期間が1→3ヶ月にアップします。

料金プランの詳細は、日本語の公式サイトよりも、英語の公式サイトの方がわかりやすいので、詳しく知りたい方はそちらをご覧ください。

» Mouseflowのサイトへ(無料トライアルはページ上部の緑ボタン)

無料で使えるおすすめヒートマップツール③:User Heat

無料でできること

ヒートマップ分析 スクロール/クリック/アテンション/マウスフロー
画面録画 x
デバイス PC/スマホ
PV数 月間30万PVまで
ページ数 1,000ページまで
期間 ずっと使える
日本語対応

User Heatは、無料だとヒートマップ分析が1,000ページまで可能でして、Clarityの無制限には及ばないものの、世の無料ツールの中では群を抜いてます。

しかも計測は月間30万PVまで可能で、ヒートマップは4種類をサポートしてます。

実際の画面をおみせしましょう。User Heatに登録すると、時間が経つほどに、どんどんサイトページのデータがたまってきます。1,000ページまでだから個人サイトなら充分ですね。

記事をクリックすると、4種類のヒートマップをカンタンにみれます。以下はアテンションヒートマップの例。

ただし、User Heatの唯一痛いところが、ヒートマップ分析が途中で切れてしまうこと。以下をご覧ください。記事の途中で、ヒートマップ分析が終わってしまってます…。

上記のように、User Heatでは、約1,000文字までしかヒートマップが表示されないんです。私のサイトでは、どの記事も3,000文字はあるので、これじゃ使いものになりません…。

ただし、各記事の文字数が1,000文字以内のサイトならば、User Heatはおすすめの無料ヒートマップツールです。

» User Heatのサイトへ(無料トライアルはページ上部の緑ボタン)

※なお、User Heatそのものには有料プランはなく、もしも機能アップしたいときは、User Insightという有料のヒートマップツールが用意されています。

無料で使えるおすすめヒートマップツール④:heatmap

無料でできること

ヒートマップ分析 クリック
画面録画 x
デバイス PC/スマホ
PV数 100万PVまで
ページ数 5ページまで
期間 ずっと使える
日本語対応 x

heatmapは、一見すると機能がショボいと思うでしょう。クリックヒートマップしかありませんし、録画機能もなしですから。

だけど、あえてそのheatmapをおすすめ5選に入れたのは、リアルタイムのヒートマップ分析機能が便利だから。管理画面へのログイン不要で、あなたのサイトから解析結果を直にみれるんです。

以下をご覧ください。右上にheatmapが常駐し、自動でクリックヒートマップが表示されます。

サイトを見るたびにヒートマップが目につくので、ヒートマップ分析が習慣化します。このリアルタイム分析はheatmapだけでして、私がheatmapを今回のおすすめ5選に入れたのはそういう理由から。

無料版だとヒートマップ分析できるのは5URLまで(詳細はheatmap公式サイト参照)。決して多くはないですが、個人で使うならまずまずかなと。

よって私のおすすめは、Clarityをメインで使いつつ、このheatmapもサブとして導入しておくことです。

» heatmapのサイトへ

無料で使えるおすすめヒートマップツール⑤:ミエルカヒートマップ

無料でできること

ヒートマップ分析 スクロール/クリック/アテンション
画面録画 x
デバイス PC/スマホ
PV数 3,000PVまで
ページ数 1ページまで
期間 ずっと使える
日本語対応

ミエルカヒートマップも有名どころ。ドコモやぐるなびに導入されています。

ミエルカヒートマップを使ってみての感想は、スクロール/クリック/アテンションの3つのヒートマップが同時に見れて、とても見やすいこと。

上記のように、同時に見れるとすごく便利です。私が調べた限りだと、同時に見れるのはミエルカヒートマップだけでして、今回のおすすめ5選に入れたのはそういう理由から。

ただし、ミエルカヒートマップのデメリットは、無料版で使える量がショボいこと。分析できるページは1URLだけですから(無料プランの詳細はミエルカ公式サイト参照)。

サーチコンソールと連携できる「サチコミエルカ」とか魅力的ですが、有料ですしね。よって、本ツールは「お試し」としてとらえるといいでしょう。

» ミエルカヒートマップのサイトへ(無料トライアルはページ上部の青ボタン)

以上、無料で使えるおすすめのヒートマップツール5選でした。

【参考】おすすめの有料ヒートマップツール:User Insight

参考までに、おすすめの有料ヒートマップツールも1つだけ紹介します。

UserInsightは、前述したUser Heatの有料版。4つのヒートマップ分析に加え、終了エリアの分析なども用意されており、その数なんと10種類!

国内の有名企業はもちろん、首相官邸や総務省などのサイトにも導入されています。30万PV以上の大規模サイトでヒートマップ解析を本格的に行う方にはおすすめ。営業担当とコンタクトをとれば、無料でお試し版を使えます。

» User Insightのサイトへ

参考:その他のヒートマップツール

参考までに、上記で紹介したヒートマップツール以外のヒートマップツールを紹介します。

気になるかもしれませんが、比較し始めると時間があっという間に過ぎていきます。比較は私がイヤというほどやりましたので、今回の5つの中から選んでください。笑

まとめ:無料で使えるヒートマップならClarityがおすすめ!

今回は、無料で使えるおすすめのヒートマップツールを5つ紹介しました。いかがでしたか?
おさらいすると以下のとおり。

  • Clarity:全て無制限。一番のおすすめ
  • heatmap:サブで併用するのがおすすめ
  • Mouseflow:日本語がいいならこちら
  • User Heat:千文字以内ならこれもマル
  • ミエルカヒートマップ:お試しならあり

こんな感じです。

こういったツールは使ってみるのが一番早いので、本記事を読んだらすぐに無料登録してみましょう。どのツールも、クレジットカード登録は不要ですのでご安心ください。

一番のおすすめのClarityを導入するなら、【最強】MicrosoftヒートマップツールClarityの導入手順と使い方を参考にどうぞ。

それでは良いヒートマップライフを!