健康に良いのはワインとビールどっち?適量を飲んで健康になろう

HEALTH LIFE

お酒好きで健康も気を使う人「ワインとビール、体に良いのはどっちですか?どうせなら健康に良いほうを多めに飲もうかと…。」

こういった疑問に答えます。

本記事の内容

こんにちは、ヒデハルです。
健康に気を使う40代でございます。

アルコールが好きで、健康も気になる人のよくある悩みで「ワインとビール、どっちが体に良いですか?」という点があると思います。

その質問はごもっとも。どうせなら健康に良い方を多めに飲みたいですよね?

答えは「どちらも体に良いです、適量なら」です。

ありきたりな回答ですいません…汗

とはいえ本記事を読むとまず、ビールとワインの健康効果とは?がわかります。

さらには、健康効果だけを享受できる適量とは?もわかります。

お酒好きだけど健康も気を使う。
そんな方に本記事は役立つでしょう。

赤ワインの健康効果:動脈硬化の予防

赤ワインの健康効果とは、「生活習慣病の1つである動脈硬化を予防する」こと。

悪玉コレステロールと活性酸素がくっつくとコレステロールが酸化し、動脈硬化を促進させる「超悪玉コレステロール」が増加します…。

そんなときに赤ワインが効果あり!

赤ワインに含まれるポリフェノールは、体内で悪玉コレステロールと活性酸素が出会う前に、双方の活動を防ぐはたらきがあるからです。

これがポリフェノールの「酸化防止作用」

驚きのポリフェノール含有量

では赤ワインのポリフェノールは、同じく多いとされてる緑茶に対してどれくらいでしょうか?

ポリフェノール含有量

  • 赤ワイン:250 ~ 450 mg
  • 緑茶:55 ~ 85 mg

※ 100mlあたり(国民生活センター調べより)

上記のとおりで、赤ワインのポリフェノールは、緑茶のなんと5倍

そりゃ、赤ワインが注目されるワケですね。

以上のように、赤ワインは生活習慣病の1つである動脈硬化の予防に効果あり。

白ワインの効果:腸内環境の改善

次に白ワインをみていきましょう。

白ワインの健康効果とは、「腸内環境を改善してくれる」こと。

ぶどうの実を果皮や種ごと抽出する赤ワインに比べ、「果汁のみ」を発酵させたのが白ワイン。

そのため白ワインにはポリフェノールの量が少なめ。ポリフェノールは果皮や種に多く含まれるからですね。

一方で白ワインには、「有機酸」が多く含まれます。

この有機酸は、腸内を酸性にし雑菌の活動を防いでくれるため、腸内環境の改善に効果があるわけです。

この殺菌効果は、赤ワインよりも白ワインの方が強いことが確認されているそう。

こんな場面で効果あり

よって生の魚介類を食べるときは、殺菌効果が高い白ワインを飲むのがいいですね。

また白ワインに含まれる有機酸は、腸内をキレイにしてくれるので、「便秘の解消」にも良いらしい。

以上のように、白ワインは腸内環境の改善に効果あり。

ビールの健康効果:美肌効果

今度は、ビールをみていきましょう。

ビールの健康効果とは、「美肌効果がある」こと。

これ意外ですよね?

ビールに含まれる麦芽には、美肌効果のあるビタミンB2が含まれています。

その他にも、カルシウム/リン/ナトリウム/カリウムなど、豊富なミネラル類がバランス良く含まれており、どの成分も他のお酒より多し。

またビール酵母に含まれる「核酸」という栄養素には、皮膚細胞の新陳代謝を助ける働きがあります。

以上のように、ビールには美肌効果あり。

ビール・ワインの適量ってどれくらい?

ここまでワインとビールの健康効果をご説明しました。

では最後に、ワインとビールの適量とは?を紹介しましょう。

健康効果だけを享受できるワインとビールの適量とは、「ワインなら1日に2杯まで。ビールなら1杯まで」になります。

この量であれば、1日の最適なアルコール摂取量(200 kcalまでと言われている)を超えないからです。

  • ワイン2杯(120ml×2杯):180kcal
  • ビール1杯(350ml×1杯):140kcal

上記のとおりですね。

ちなみに、ここでいうビール1杯とは、350mlサイズのこと。

大きな500mlサイズを1日1杯飲み続ければ、まず太るでしょう。

なぜなら、カロリー的には200kcalでギリOKだとして、糖質的にオーバーだからです。

このあたりをもっと詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧下さいませ。

以上のように、健康効果だけを享受できるワインとビールの適量とは、「ワインなら1日2杯、ビールなら1杯」です。

まとめ:健康に良いのはワインとビールどっち?適量を飲んで健康になろう

記事のポイントをまとめます。

  • 赤ワインの健康効果:動脈硬化の予防
  • 白ワインの健康効果:腸内環境の改善
  • ビールの健康効果:美肌効果
  • 1日の適量:ワイン2杯、ビール1杯まで

上記のとおり。

お酒好きだけど健康も気を使うあなたへ。

適量をおいしく飲んで、健康になりましょう!

参考になれば幸いです😌

参考40代におすすめのエイジングケア10選【体をメンテナンスしよう】

人気【まとめ】マコなり社長おすすめの本・グッズ・アイテム・サービス