GA4でPV(表示回数)がUAより少ない/画面に表示されない原因はしきい値

BLOG SEO

GA4初心者「GA4でPVを調べているんですが、どうもUAよりPVが少ないんですよね…。理由がわからないので教えてください」

こういった疑問に答えます。

本記事の内容

  • GA4でPV(表示回数)がUAより少ない/画面に表示されない原因

記事の信頼性内容

本記事を書いている私はブログ歴3年以上。記事数は360を超えました。SEOに関する記事も多数アップしています。

GA4を使っていると
・PV(表示回数)がUAより少ない
・アクセスしたページがレポートに表示されない
という現象に遭遇することがあります。

今回は、この問題の原因と対処法を解説します。

結論を先にいうと、
・原因はGoogleがデータを除外しているから(個人情報保護)
・対策はデータ探索を使うこと

です。

上記を詳しく知りたい方は、本文をご覧ください。

※GA4のその他のトピックは以下をご覧ください。
» Googleアナリティクス4(GA4)習得への完全マップ

目次

GA4でPV(表示回数)がUAより少ない/画面に表示されない現象とは

まず、今回の問題となる現象を紹介します。

GA4で、[レポートのスナップショット]あるいは、
[エンゲージメント] > [イベント] で表示される「page_view」のイベント数と

[エンゲージメント] > [ページとスクリーン]に表示される「表示回数」の合計とを比較したときに、

本来、上図のように、両者は同じ数字になるはずなのに、後者の方が値が小さくなってしまう、という現象です。

あるいは(本質的には上記と同じですが)、
[エンゲージメント] > [ページとスクリーン]のレポート画面に、アクセスされたはずのページが表示されない、という現象です。

原因はデータしきい値が適用されているから(個人情報保護)

前述の問題の原因を解説します。

原因は、個人情報保護の観点で、Googleがデータを意図的に除外しているからです。

GA4は、個人情報保護を重視しています(GA4が登場した背景で解説)。

なので、ユーザーの身元が特定されるおそれがあるときは、Googleはデータを意図的に除外します。

これは「データしきい値」と呼ばれる概念でして、

Googleがデータを除外したことを、「データしきい値が適用された」と表現されます(参照:アナリティクスヘルプ)。

データしきい値が適用される条件は、
・ユーザー属性情報が含まれている、かつ、
・指定した期間のユーザー数が少ない
のとき。

※ユーザー属性情報が含まれているとは、Googleシグナルが有効で、ユーザーに関する情報があるときなど。

データしきい値が適用されたかを見分ける方法

画面上部のアイコンがオレンジ色の△マークになっているときは、データしきい値が適用されています。

上記のオレンジ色のアイコンをクリックすると、「しきい値を適用しました」と表示されます。これが、データしきい値が適用された(一部のデータが除外された)という印です。

対策はデータ探索を使うこと

対策は、「データ探索」を利用してレポートを作成すること。

データ探索でご覧のようなレポートを作成すると、ユーザーを推測させるような指標がないので、データしきい値は適用されません

※細かい話をいえば、レポートとデータ探索におけるデータの違い(参照:アナリティクスヘルプ)はありますが、特に気にならないレベルでしょう。

データ探索のレポート作成方法は、以下で解説してますので、そちらををご覧ください。
» Googleアナリティクス4(GA4) データ探索の使い方

まとめ

GA4でPV(表示回数)がUAより少ない、
あるいは、アクセスしたはずのページが画面に表示されない、
という問題の原因と対処法を解説しました。

上記問題に該当したときは、データ探索を利用するといいですよ。

データ探索の使い方については、以下の記事をご覧ください。
» Googleアナリティクス4(GA4) データ探索の使い方

※GA4のその他のトピックは以下をご覧ください。
» Googleアナリティクス4(GA4)習得への完全マップ

今回は以上です。

↑記事の先頭に戻る↑