GoogleアナリティクスとGoogleサーチコンソールの違いとは?

Analytics BLOG SearchConsole Tool

アクセス解析ツールを使い始めた人「Webサイトの改善をすべく、Googleアナリティクスとサーチコンソールを使い始めた。でも、この2つの違いがよくわかりません…。どう使い分けるんでしょうか?」

こういった疑問に答えます。

本記事の内容

  • GoogleアナリティクスとGoogleサーチコンソールの違いとは?

こんにちは、ヒデハルです。
ブログ歴は1年ほど。

GoogleアナリティクスとGoogleサーチコンソール。
この両ツールは、WEBサイトの運用をするうえで欠かすことの出来ない解析ツールです。

でもこの両ツールって、何が違うのか今ひとつわからない…。

こんな悩みを持ってる方は多いのではないでしょうか?

そこで本記事では、アナリティクスとサーチコンソールの違いをわかりやすく解説します。

GoogleアナリティクスとGoogleサーチコンソールの違いとは?

Googleアナリティクスとサーチコンソールは、ともにアクセス解析専用ツールと思ってませんか?

そうではありません。まずそこを正しく理解しましょう。

サーチコンソールはアクセス解析以外の機能もある

両ツールでできることは以下のとおり。

上記のとおり、アナリティクスがアクセス解析専用なのに対して、サーチコンソールはアクセス解析以外にも機能が沢山あります。

具体的には、インデックス登録、エラーチェック、サイトマップ登録という機能ですね。

機能の詳細は以下をご覧下さい。

アクセス解析でも内容が違う

では両ツールに備わっている「アクセス解析」の機能はどうでしょうか?

結論をいうと、このアクセス解析の機能も、両ツールではデータの内容が異なります。

両ツールの違いを図にすると、以下のとおり。

  • サーチコンソールサイトにアクセスするまでのGoogle検索上でのデータ。流入キーワード(クエリ)の確認用として使う。
  • アナリティクスサイトにアクセスしてから離脱するまでのデータ。主にサイト全体のアクセス解析で使う。期間別の比較が大切。

上記のとおり、アクセス解析のデータも全く異なるわけです。

よって、データの違いを理解して、両ツールをうまく使い分けて下さい。

そうすれば、サイトの成長をアシストしてくれる心強い存在になるでしょう。

まとめ:GoogleアナリティクスとGoogleサーチコンソールの違いとは?

記事のポイントをまとめます。

  • アナリティクスはアクセス解析専用のツール。サーチコンソールはアクセス解析以外の機能がある。
  • サーチコンソールだけの機能は、インデックス登録、エラーチェック、サイトマップ登録。
  • アクセス解析の機能は両ツールに備わっているが、見れるデータが異なる。
  • サーチコンソールのアクセス解析は、サイトにアクセスするまでのGoogle検索上でのデータ。流入キーワード(クエリ)の確認用として使う。
  • アナリティクスのアクセス解析は、サイトにアクセスしてから離脱するまでのデータ。主にサイト全体のアクセス解析で使う。期間別の比較が大切。

上記のとおり。

両ツールの違いを理解して、効果的に活用しましょう。

なお、アナリティクスとサーチコンソールの詳細は以下をご覧下さい。

参考になれば幸いです😌