貧乏から抜け出すためにやるべきこと3選【マコなり社長に学ぶ】

WORK

こんにちは、ヒデハルです。

本記事では、マコなり社長のYouTube動画『【絶対やるな】いつまでも貧乏な人の特徴TOP3』を簡単にまとめています。

「もっと稼いで、貧乏から抜け出したい。でもどうすればいいのやら、、」

そんな悩みを抱いている方に本記事はおすすめ。

貧乏を抜け出すためのヒントがつまってますから。

22分のオリジナル動画を3分で読めるのでぜひ。

貧乏から抜け出すためにやるべきこと3選【マコなり社長に学ぶ】

そもそも貧乏とは?

貧乏とは相対的なもの。他人と比較してうちるに、「なんで自分はこんな、、」という執着が生まれてくる。貧乏とはその執着が生まれた心の状態のこと。

また心の執着は、自分の置かれた環境にもよる。よって式で表すと以下のとおり。

人と比べる心 × 執着を生む環境

貧乏から抜け出すためにやるべきこと

貧乏とは、「人と比べる心 × 執着を生む環境」だと説明しました。

とすると、貧乏から抜け出すためには、心と環境の両方を整えることが大事で、やるべきことは以下の3つ。

  • その①:成長してる産業・会社で働く
  • その②:結果を積みあげる
  • その③:身近な人に感謝を伝える

補足します。

その①:成長してる産業・会社で働く

貧乏から抜け出すためには、成長してる産業・会社で働くこと。

そうすれば、執着が生まれにくい環境を手に入れられる。

成長してない産業(ゼロサム市場)

例えば飲食ビジネス。

日本人の1日に食べる食事の量は決まっていて、その食事の奪い合いだから。

成長していない業界・会社の風通しは、悪いことが多い。自分の市場価値も高めにくいし、人と比べる執着も生まれやすくなる。

つまり心が貧乏になりやすい、、

成長してる市場(プラスサム市場)

一方、成長してる市場だと奪い合いが少なくなる。
業界自体の市場が伸びているので、自分たちのサービスを良くすることに目がいく。

成長してる市場・会社を言語化すると以下のとおり。

  • テクノロジーを活用して新しい付加価値を作っている会社
  • テクノロジーによる社会変化をチャンスと捉えている会社

上記の2つは絶対条件。

貧乏から抜け出すために、成長してる産業・会社で働こう。

その②:結果を積みあげる

貧乏から抜け出すためには、結果を積みあげること。

結果(実績)だけがあなたを守ってくれる。

マコなり社長がプログラミングで月100万を稼いだ例

最初は月20万で仕事を受けて、今度はその実績をもって月40万の仕事を受けて、、
次は60万、80万、100万と、どんどん結果を上乗せしていった。

このように結果を出せば、貧乏から抜け出せる。
結果を出すために、人の目を気にせず、勇気をもって挑戦しよう。

その③:身近な人に感謝を伝える

貧乏から抜け出すための3つめは、身近な人に毎日感謝を伝えること。

これは「心」が貧乏にならないための行動。

「やってくれて当たり前」そんな風に感謝を忘れてしまったら、心は貧乏のまま。

心の貧乏を抜け出したいなら、身近な人に感謝を伝えよう。

そこから人生は好転するはず。

まとめ:貧乏から抜け出すためにやるべきこと3選【マコなり社長に学ぶ】

おさらいします。

  • 貧乏とは「人と比べる心 × 執着を生む環境」で表現できる
  • 貧乏から抜け出すためには、心と環境の両方を整えることが大事で、
  • やるべきことは、①成長してる産業・会社で働く ②結果を積みあげる ③身近な人に感謝を伝える

上記の感じ。

貧乏から抜け出す方法はわかりましたね。

さぁ、やるかやらないかはあなた次第!

参考になれば幸いです😌

人気【まとめ】マコなり社長おすすめの本・グッズ・アイテム・サービス

参考生産性を向上させるアプリ・アイテム・サービスをまるっと紹介