子供のパソコンはいつからがベスト?【オススメの使い方も紹介】

EDUCATION PC

小さい子を持つお母さん:
「小学校でプログラミングが必修科目になりますよね。子供にパソコンを使わせるのは、いつからがいいですか?幼稚園からパソコン教室にでも通わせた方がいいでしょうか?」

こういった疑問に答えます。

本記事の内容

  • 子供のパソコンはいつからがベストか
  • オススメのパソコンの使い方をご紹介

こんにちは、ヒデハルです。
子供教育に気を使う二児の父です。

小さい子を持つお母さんのよくある悩みとして、「家で子供にパソコンを使わせるのは、いつからがいいですか?」という点があると思います。

かく言う私も「小学生でパソコンなんて早い!それよりも本を読みなさい」と思う一方で、「今はITの時代。それじゃ遅いかも…」という思いもあり、悩んでたんですよね

とはいえ、2人の娘(中2、小5)を育ててきた中で、その答えが見えてきました。
そこで今回は、「子供のパソコンはいつからがべストか」と「オススメの使い方」を解説していこうと思います😌

子供のパソコンはいつからがベストか

結論は「4年生」からがベストですね。

理由は以下のとおり。

  1. 学校のプログラミング授業はオマケ程度。焦らないで
  2. 小学3年までは、パソコンよりも読み書き計算をすべし
  3. 小学4年生から、調べ物の宿題はパソコンでやるべし
  4. IT化が進む中、タイピングは早めにマスターすべし

順に解説していきます。

理由①:学校のプログラミング教育はオマケ程度。焦らないで

2020年、ついにプログラミング教育が小学校で必修化されます。
すると「うちの子に早く習わせないと!」と焦るかもしれません。

でも調べてみるとこの必修化、皆のイメージとは随分違うようです。
具体的には以下のとおり(参考元

  • 『プログラミング』という教科が作られる訳ではない
  • 教科書もなければ、試験で評価されることもない
  • プログラミング言語の使い方を覚える訳ではない
  • 毎回パソコンやタブレットを使って勉強する訳ではない
えっ?って感じですよね…

ですから、焦ってプログラミングを幼少期から習わせる必要はありません。

理由②:小学3年までは、パソコンよりも読み書き計算をすべし

小学生3年生までは、「読み書き計算」が何より大事!
パソコンやる時間があるなら、まずはそちらをやるべきです。

幼少期の読み書き計算の重要性は、「【厳選2冊】幼児教育におすすめの本と内容比較」で紹介した以下の本にも書かれています。

七田眞先生

『できる子の親がしている70の習慣』

横峯吉分氏

『ヨコミネ式!「頭のいい子」に育てる10歳までのハッピーバイブル』

同様に、子供4人を東大理Ⅲに合格させて有名になった佐藤亮子氏も、小学校低学年までに読み書き計算をじっくりやるよう提言してます。

佐藤亮子氏

『3男1女 東大理III合格百発百中 絶対やるべき勉強法』

理由③:小学4年生から、調べ物の宿題はパソコンでやるべし

小学4年生ぐらいになると、学校で「○○について、調べてまとめなさい」という宿題がでてきます。

子供に「どうやって調べればいいの?」と聞かれたら、アナタはどうしますか?

  1. 家の本で調べろと言う
  2. なければ、親が本を買う
  3. 図書館で調べろと言う
  4. パソコンで調べさせる

わが家は最初は1〜3でしたが、途中からは4のパソコン派に変えました。
理由は以下のとおり。

家の本で調べると、ここがイマイチ

  • 該当する本をそろえるのにお金がかかる
  • 情報が古くなってる可能性がある

図書館で調べると、ここがイマイチ

  • 図書館の行き帰りに時間がかかる
  • 図書館で目当ての本を探すのが大変
  • 本を借りたら、返しに行くのが面倒
  • 情報が古くなってる可能性がある

つまり、コスパが悪すぎるんですよね…

一方で、パソコンなら無料でサクッと調べられます。
更新頻度の高いサイト(wikipedia等)なら、情報もアップデートされてるし。

ひと昔前は、「自分の足で調べることに価値がある」「苦労して調べた方が頭に残る」みたいな考え方もありました。

しかし情報のグローバル化が進んだ現代においては、「短時間で大量に得た情報を、いかに活用するか」の方がずっと大切です。

よって子供のパソコンは、4年からがベストです。

理由④:IT化が進む中、タイピングは早めにマスターすべし

スマホの普及に代表されるように、IT化の波は止まりません。
では日本の学校教育におけるIT化のレベルってどんなものでしょう?

答えは、日本って超時代遅れです…

朝日新聞への投稿記事がそれを象徴しています。

『アナログすぎる日本の授業形式』(by17才の高校生)
日本の学校の授業形式はあまりにも時代遅れ。そう感じるようになったのは昨年豪州の高校に留学してからだ。豪州では生徒が1人1台自分のパソコンを授業に持ち歩く。ペンもあまり使わず、パソコン1台あれば用が済むことが多い。だから豪州の高校生は、パソコンの知識やタイピングの速さが日本の同年代と比べ物にならない(2020/1/26)。

同年代のお子さんがパソコンをやってないから、、と安心しちゃダメです。
日本が時代遅れなだけですから…

小学4年生になったらパソコンを使い始めましょう。
IT先進国では、それが当たり前。

パソコンやるなら、まずはタイピングの練習から!
タイピングスピードは、全ての作業効率に影響するからです。

オススメのパソコンの使い方をご紹介

「子供のパソコンは4年生からがベスト」という話をしてきました。
ここからは、オススメのパソコンの使い方を2つ紹介します。

フィルタリングソフトを導入しよう

まずフィルタリングソフトを導入しましょう。
フィルタリングソフトは、子供が有害なサイトにアクセスすることをブロックしてくれます。

子供のためにと思ってパソコンをやらせたのに、有害サイトにハマったら、全てがパアですから…

フィルタリングソフトなら「i-フィルター」がオススメです。
月額366円(税込)と有料ですが、パソコン使わせるなら必要な経費です。

このi-フィルターを入れれば、安心してネット検索をさせられます。
学校の宿題調べなど、パソコンを活用させてください。

ちなみにわが家も、i-フィルター使ってます😌

タイピングを楽しく学ぶなら寿司打がオススメ

タイピングのスピードは、全ての作業効率に影響します。
タイピングを楽しく学ぶなら『寿司打』がオススメです。

『寿司打』はタイピング練習ゲーム。回転寿司のお皿が流れてしまう前に画面の文字をタイプして、どれだけモトを取れるかを競います

ゲームとして楽しみながら、タイピングも上達するし、一石二鳥!
上達のコツは、正しい手の位置を覚えること。

わが家は、親子で夢中です😌

まとめ:子供のパソコンはいつからがベスト?【オススメの使い方もご紹介】

おさらいします。

  • 子供のパソコンは「4年生から」がベスト
  • 3年生までは、読み書き計算が最優先
  • 4年生からは、調べ物でパソコン必要。本はコスパ悪し
  • IT先進国では、4年生でパソコンは普通
  • まずパソコンにi-フィルターを入れよう
  • タイピングを楽しく学ぶなら、寿司打がオススメ

アナタの参考になれば幸いです😌
Thank you for reading!