子供にスマホをもたせる時の4つの注意点

EDUCATION PC_Smartphone

小学生の子をもつ親御さん:
「子供にいつからスマホを持たせるべき?」
「子供に持たせるスマホはどんなのがいい?」
「スマホを持たせるときに気を付けることって何?」

こういった疑問にお答えします。

本記事の内容

  1. 中1から持たせる
  2. 格安スマホで十分
  3. ルールを決めよう
  4. フィルターアプリを入れて管理する

この記事を書いてる私は40代半ば。2人の娘(中2、小5)がおります。
長女はスマホを持たせており、次女には持たせてません。

長女にスマホ持たせるときには妻とずいぶん悩みました。
持たせてからも悩みがつきませんけど(汗)。

小学生の子を持つ親御さんは、
「子供にいつからスマホを持たせる?」
「子供に持たせるスマホは何がいい?」
「スマホを持たせるときに気を付けることは?」
といった悩みをもってませんか?

そこで今回は我が家での経験談をもとに、お子さんにスマホにもたせる時の注意点をお伝えしていきます。

①:中1から持たせる

スマホを持たせる時期については「中1から持たせる」が私の結論です。
うちの長女も中1から持たせました。

小学生のうちは持たせない

まず小学生のうちにスマホを持たせるのは避けるべきです。
トラブルが絶えないと思います。

実際に娘が6年生のときに、スマホを持つ同級生が増え、クラスでLINEグループを作ったんですが、ひどかったようです。
毎日投稿が100件を超えるのは当たり前。意味無いスタンプ連打や友達批判など・・・。

やはり小学生にはスマホを使いこなすには幼すぎます。

親との「連絡手段」ならケータイでいいのではないでしょうか?
うちの次女(小5)にはドコモのキッズケータイをもたせてます。
「ゲーム」としてならゲーム機を持たせればいいです。NintendoSwitchとか。

くり返しですが、小学生のうちはスマホは避けるのが賢明です。

中1になったら持たせる

中1になったらスマホをもたせましょう。

ただし「中1になればスマホをうまく活用できるから」ではなくて「持たざるを得ないから・・・」というのが実情です。
実際にうちでは長女(中2)に対して「スマホを使いすぎるな」と怒ってばかりです・・・。

とはいえ、中1になってスマホを持たないのは、今の世の中かなりキビシイところ。
まわりの同級生もほとんどスマホをもつので、スマホがないと疎外感を受けると思います。

友達どうしや部活メンバとのやりとりは基本スマホのLINE。
部活では部員の人数も多く、連絡も頻繁になります。
もしガラケーだと連絡が来ないですよね・・・。

親御さんの中には「スマホによるトラブルをさけたい」「スマホに時間をとられずに勉強に集中してほしい」との考えで、「中学生にはスマホ反対」という方もいるかと思います。

しかし子供の立場になってみれば「スマホを持たないだけで友達のなかで浮いた存在になる」というのはかわいそうだと思いませんか?

どんなに性格のいい子でも「いまどきスマホを持たない変人」のレッテルをはられること間違いなし。

スマホを持たせた上で「節度をもってスマホとつきあっていく」ようにしつけるほうがベターかと思いますよ。

②:格安スマホで十分

smartphone

中1から持たせるスマホは、ズバリ格安スマホで十分だと思います。

今のご時世、格安スマホでも機能的には十分ハイスペック。大人でも問題ないですよ。
iPhoneなんて持たせなら大変。
初期費用も毎月費用もとっても高額ですよね。

選択肢としては以下のいずれか。

  • 格安スマホを新しく買う
  • 親のお古をわたす

うちの長女には私のお古を渡しました。
参考までにそのスマホ情報です。

・端末:Acer Liquid Z530
・初期費用:約20000円
・SIM:イオン ✕プラン  通信量は1ギガ(娘のために新規購入)
・毎月支払い:1430円

子供に何がいいか聞かず、これをどうぞという感じでプレゼント。
娘は最初スマホを持つこと自体がうれしくてスマホ自体の良しあしには何も言いませんでした。

ただしそのうち「iPhoneがいい~、このスマホってボロだし」なんてことを言うようになりました。
ただそんな発言はスルーです。
しつこいなら「iPhoneなんて自分で稼ぐようになってから買いなさい」でおしまい。

③:ルールを決めよう

スマホを持たせるときには、親子でルールを決めることをぜひおすすめします。

ルールをきめておかないと野放しになって、歯止めが効かなくなりますよ・・・。
参考までに我が家のルールをご紹介します。

我が家のスマホルール

  • 自宅では1階で使う
  • 夜は8時まで
  • 平日は30分以内、休日は1時間以内
  • LINEで悪口を言わない
  • SNS禁止
  • ゲームは基本禁止
  • アプリダウンロードは親の許可必要
  • ルールを破ったらスマホ没収

あまりにもルールを守らず目に余る時は、本当にスマホを没収してます。

そこまでしないと、中学生ではスマホを自分でコントロールするのは難しい、というのが実感です。

④:フィルターアプリを入れて管理する

ルールを決めたら「はいどうぞ」ではありません。
必ずフィルターアプリをスマホにインストールしてから渡しましょう。

なぜルールを決めたのにフィルターアプリをインストールする必要があるかと言うと「親の監視では限界があるから」です。

  • 時間を守れといっても、親の見てないときに見るかもしれない
  • 「有害サイトの閲覧」「誹謗中傷の書き込み」「ネット課金」をしてるかもしれない

上記を防ぐために、親が子供のそばにいて常に画面をみながら監視・・・なんてできないでよね?
その監視の代わりをフィルターアプリにやってもらうのです。

フィルターアプリの例として以下があります。

  1. スマモリ
  2. i-フィルター
  3. ノートン
  4. Googleファミリーリンク

1から3は有料、4は無料です。
私のオススメは、文句なしに「Googleファミリーリンク」です。
詳しくは「子供のスマホ管理は、無料フィルタリングアプリ「Googleファミリーリンク」がおすすめ!」をご覧ください。

フィルターアプリをインストールしないならスマホを持たせない方がまし、ぐらいに私は思ってます。

まとめ:子供にスマホをもたせる時の4つの注意点

本記事のおさらいです。

  1. 中1から持たせる
  2. 格安スマホで十分
  3. ルールを決めよう
  4. フィルターアプリを入れて管理する

親御さんにとって子供のスマホは悩みはつきないですよね。
本記事があなたの参考になれば幸いです 😌