【転職】仕事の選び方がわからない?を解決【タイプ別の選び方】

JobChange WORK

転職を考え始めてる人:「今の仕事がイヤだから、転職をしたい。でも仕事の選び方がわかりません…。転職で失敗しないための、仕事の選び方を教えて下さい」

こういった疑問に答えます。

本記事の内容

  • 【転職】仕事の選び方がわからない?を解決【タイプ別の選び方】

こんにちは、ヒデハルです。
一部上場企業で働く40代で、年収1,000万。
私自身も転職を検討しています。

転職したい人のよくある悩みとして、「転職したいけど仕事の選び方が分からない…」という点があると思います。

先日ある本を読んだら、上記の悩みをズバリ解決してくれる内容があったんですよね。転職するうえでの思考法みたいなもの。

そこで今回は、その本に書かれている「転職で失敗しないための、仕事の選び方」を紹介します。転職を考えてる人は、ぜひご覧ください😌

【転職】仕事の選び方がわからない?を解決【タイプ別の選び方】

その本とは『転職の思考法』です。
※18万部以上売れている本で、マコなり社長も大絶賛!

この本の結論とは?

人間には2タイプいる。

  • タイプ①:todo(コト)に重きをおく人
  • タイプ②:being(状態)に重きをおく人

自分がどちらのタイプであるかを認識して、タイプに応じた仕事の選び方をすることが重要。

上記が結論。
では深掘りしていきます。

人間は2タイプいる

まとめると、以下のとおり。

タイプ 人の
割合
重視すること
todo(コト)型 1% 何をするか? ・教育ビジネスをしたい
・ITシステムを開発したい
being(状態)型 99% どんな状態で
ありたいか?
・尊敬できる人に囲まれてる
・世に○○な影響を与えてる

上記のように、仕事を楽しむための方法論は、人によって異なります。

todo型:仕事の選び方

todo型はやりたいことが明確。
どうしてもこれをしたいという夢や目標をもっています。

なのでシンプルに、、、
そのやりたいことを転職先の仕事に選ぶだけ。

でもこのタイプ、全体のわずか1%…

being型:仕事の選び方

なんと99%もの人が、being型です。そしてこのbeing型は、心からやりたいことを持っていません。

でも世の中にあふれている成功本には、こう書かれてますよね。心からやりたいことを持てと…

それもそのはず。そういう本は、たった1%しかいないtodo型の人が書いたものですから。

心から好きなものはなくていい

両者は成功するための方法論が違います。todo型の進言に従っても、さまようだけ。

心からやりたいことがなくたっていいんです。悲観する必要はありません。

優劣の問題ではなく、何を重視するか?という価値観の違いですから。

重要なことは「どうしてもゆずれないくらい好きなことなんて、ほとんどの人にはない、という事実に気づくこと」なんです。

おもしろいと感じる状態とは?

being型にとって最終的に重要なのは、「やりたいこと」より「状態」です。

ある研究で、人が熱中するもの(ゲーム・スポーツ)を分析し、人がおもしろさ感じる状態は2つある、との結果が出ました。
その状態とは、、、

  • 自分の状態:自分が環境に対して、適切な強さであること
  • 環境の状態:緊張と緩和のバランスが心地よいこと

敵が強すぎても弱すぎても面白くない、みたいなことです。これ、わかりますよね?これを仕事にあてはめると、以下のとおり。

仕事を楽しめる状態
自分の状態 ・自分の市場価値が、ある程度高くなっていること
・求められるパフォーマンスと、自分の市場価値が
ある程度つりあっていること
環境の状態 良い緊張と悪い緊張の数が、ほどよいこと
(目安:半年の間に、良い緊張が3つ以上、
 悪い緊張が10未満)

このように、、、
being型の仕事の選び方とは、自分と環境を、ほどよい状態にしていくことです。

being型:仕事の見つけ方

being型は心からやりたいことはないものの、ある程度なら好きなものを見つけられます。

その見つけ方とは、、、
「得意なこと」を「好きなこと」に近づけることで、方法は以下の2つ。

  • 他人から上手だと言われるが「自分ではピンとこないもの」から探す
  • 普段の仕事の中で「全くストレスを感じないこと」から探す

これら2つのことは、本人は気づきにくいですが「得意なこと → 好きなこと」に転じる可能性が高いんです。

being型:好きを仕事へつなげる方法

being型が、ある程度やりたいことを仕事につなげていくには、自分にラベルを貼り、コモディティから脱出することです。

まずあなたが自身が、今の自分の「キャッチコピー」を考えましょう。

“新規開拓の鬼”とか…。理想が入っていても、まだできないことでもOK

大事なのは、仮でもいいからそのラベルを自分でつけること。そうすれば、やるべきこと、仕事を選ぶ基準が見えてきます。

で、そのラベルがより強固になるか?という判断軸で仕事を選んでいきましょう。

好きなものを明確にしたうえで付けた「ラベル」は強いんです。単なる得意なことと違って、好きなことは努力や勉強が苦にならないから。

これでbeing型のあなたは、替えのきく存在から脱出できるでしょう!

以上、仕事の選び方として『転職の思考法』の内容を紹介しました。

まとめ:【転職】仕事の選び方がわからない?を解決【タイプ別で選ぼう】

おさらいします。

記事ポイントまとめ

  • 人にはtodo型とbeing型がいて、タイプに応じた仕事の選び方をすべき
  • 99%の人はbeing型であり、心からやりたいことがなくても悲観しない
  • being型の仕事の選び方は、自分と環境をほどよい状態にしていくこと
  • being型の好きなことの見つけ方は、得意なことを好きに近づけること
  • being型が好きなことを仕事につなげる方法は、自分にラベルを貼り、
  • そのラベルがより強固になるか、という判断軸で仕事を選んでいくこと

こんな感じですね。

※今回紹介した本は以下。目からうろこの内容がてんこもり。ストーリー形式でひきこまれます。

参考になれば幸いです😌

参考【まとめ】生産性の高い働き方・会社にしばられない自由な働き方

人気【まとめ】マコなり社長おすすめの本・グッズ・アイテム・サービス