【DIY】猫が喜ぶキャットステップ・キャットウォークの作り方

Cat LIFE

キャットステップをつけたい飼い主さん「キャットステップを部屋につけて、猫が喜ぶ姿が見たい。業者に頼むのはムリそうだからDIYしようかと…。DIYで簡単にキャットステップを作る方法を教えてください。」

こういった疑問に答えます。

本記事の内容

本記事を書いてる私は、保護猫2匹と9年ともに暮らす40代パパ(Twitterはこちら)。

さて、猫を飼う方なら、キャットステップって誰しもあこがれますよね。

でも業者だと高いから、DIY(自作)したい方は多いでしょう。

とはいえ、DIYとなったらなったで、やり方がわからず困る方も多いですよね?

そこで今回は、わが家で行ったキャットステップのDIY方法を紹介します。シンプルでおしゃれゆえ、どんなインテリアにもあうのが特徴。

猫がよろこぶ姿をみたい飼い主さんは、参考にしてください。

キャットステップをDIYするメリットデメリットとは?

今回の記事は、キャットステップをDIY(自作)する方法ではありますが、DIYする前に注意点をお伝えしておきます。

具体的にいうと、業者にお願いするのと比べて何が違うの?を理解しておきましょう。

キャットステップをDIYするメリットは?

以下の3点。

  • 値段を安く抑えれる
  • 好きなように作れる
  • 移動や撤去が簡単

上記の3つは大体イメージつくかと思うので、詳細は割愛します。

キャットステップをDIYするデメリットは?

以下の3点。

  • 時間がかかる
  • 作業が疲れる
  • 強度面でちょっと心配

順に見ていきます。

DIYのデメリット1:時間がかかる

キャットステップのDIYは、時間がかかります。

手順の詳細は後述しますが、部品を自分で買いそろえる・組み立てる・取り付ける、のトータル時間はけっこうなもんです。

DIYのデメリット2:作業が疲れる

キャットステップのDIYは、疲れます。

部品を自分で買いそろえるには、サイズを気にしたりで脳みそが疲れます。
また組み立てや取り付けは腕が疲れます。もちろん、犬小屋を作ったりに比べれば大したことはないですが。

DIYのデメリット3:強度面でちょっと心配

キャットステップのDIYは、強度面でちょっと不安です。

そりゃプロの業者さんに比べれば、素人が作るものですから、仕方がないですよね。

特に気をつけるべきは、壁にとりつけた直後はがっちりしてても、日が経つにつれ強度が弱くなること。猫が乗ってるときに外れることだってあります。

強度が弱くなる原因は、

  • 壁の素材が柔らかくてネジがゆるむから
  • 壁の厚みが薄くてネジがゆるむから
  • ステップの板が劣化して割れるから

など。

もしキャットステップが外れると猫がケガしますので、

  • 厚くてしっかりした素材の壁につける
  • ぐらついてないか定期的に調べる
  • 高すぎない位置にとりつける

といった点にご留意ください。

以上がキャットステップをDIYするときの注意点。

ここまでの説明を読んだうえで、「やっぱりキャットステップをDIYしたい!」と思ったなら、この先も引き続きご覧ください。

今回紹介するキャットステップの姿と予算

続いては、今回紹介するキャットステップの概要をお伝えします。

キャットステップの完成形は?

こちらです。

シンプルでおしゃれゆえ、どんなインテリアにも調和するかと。

石膏ボードもしくは木材の壁にとりつけるのが前提です。

キャットステップの予算は?

1セットあたりの合計は、以下のとおり。

木材 778円
木材のカット代 100円
L字金具(大)×2 660円
L字金具(小)×3 270円
合計(税別) 1,808円

ご覧のように、1セットを2,000円以内で作れます。

残った部材を利用できるので、2セット目からはさらに割安。さきほどお伝えしたように、この料金の安さがDIYの魅力です。

参考:DIYじゃないときの料金とは?

もしリフォーム会社に頼むと、数万円かかります。
既製品を購入して自分でとりつけるにしても、しっかりしたものだと5,000円以上。例えば、マイズーというキャットステップは7,700円ほど。

くりかえしですが、料金の安さがDIYのメリットです。

キャットステップをDIYする手順①:部品集め

ではいよいよ、キャットステップをDIYする手順を解説します。

DIYの手順は「部品集め→組み立て→とりつけ」の3ステップ。
まずどんな部品を集めるか?を見ていきましょう。

木材

木材はホームセンターで買います。こんなの。

【注意】すんごい曲がってる木材もあります。良くチェックして、まっすぐなモノを選びましょう。

ファルカタ集成材がおすすめ。加工性が良くて軽いため。私が買ったのはこれ↓(1セット分の寸法より大きければOK)

お店の人にカットしてもらいましょう。


1セット分の寸法は以下のとおり。

  • 長辺(横幅になる):330mm
  • 短辺(奥行になる):180mm
  • 厚み:そのまま ※写真の木材なら13mm

※私が買った木材なら2セット分できる
※カットしてくれるお店がないなら、ご自身で

L字金具(大)

L字型の棚受けを2つ使います。私はAmazonで注文しました(ネジ付き)。送料込みで1つあたり:330円

※複数購入の制約あることも
※価格は変動します

L字金具(小)

こちらはホームセンターで買いました。1セットにつき3つ必要。
※43mm × 43mm、1つあたり:58円

ネジもあわせて買います。1セットにつき12本必要。1袋10本入りだったので、2袋購入。1袋:48円

工具

  • プラスドライバー(普通サイズ)
  • プラスドライバー(精密ドライバー)
  • キリ(千枚通し)

家になければホームセンターor 100均で。ネット注文したい人は以下からどうぞ。
» 精密ドライバーをAmazonで見てみる
» キリをAmazonで見てみる

【参考:電動ドライバー】
必須じゃないし、少し高いですけど、これあると超便利。私もほしい〜
» 電動ドライバーをAmazonで見てみる

以上で部品集めはOKです。

キャットステップをDIYする手順②:組み立て

続いては、購入した部品を組みたてます。

L字金具(大)を木材につける

ドライバーを使って、L字金具(大)を木材にとりつけます。

最初にキリで少し穴を開けた方が、ネジをさしこみやすいです。

L字金具(小)を木材につける

精密ドライバーを使って、L字金具(小)を木材にとりつけます。

強度の面で、3個つけると安心です。

以上、キャットステップの組みたてでした。

キャットステップをDIYする手順③:とりつけ

最後に、組み立てたキャットステップを壁にとりつけます。

とりつけ位置を決める

木材を壁にあてがってみて、とりつけ位置を決めましょう。
気をつけるポイントは以下のとおり。

  • 木材がガタガタしないか?※1
  • 猫が自力で飛び乗れる高さか?
  • 天井との高さは充分にあるか?
  • 猫が危険な所に移動しないか?

※1ガタつく原因:木材 or 壁が曲がっているため → とりつけ位置を変えてみて、安定する所をみつけましょう。

壁に印をつけておく

とりつけ位置が決まったら、L字金具(大)の上のほうの穴から、壁にエンピツで印をつけておきましょう。

印をつけたら、いったん木材を置きます。

L字金具(大)のネジを壁にさす

先ほどのエンピツ印のところに、キリで軽く穴を開けて、L字金具(大)のネジを壁にさします。左右それぞれ1コだけ

※この後に金具をとりつけるので、ネジを完全にさしこまないこと!

木材をのせる

L字金具(大)の上のほうの穴を、先ほどのネジにカポッとひっかけます。
すると、手を離してもOKな状態になります。

残りのネジをさす

あとは残りのネジを、L字金具の全部の穴に順にさしこんでいきます。

以上でとりつけは完成!
こんな感じになるでしょう。

おつかれさまでした😌

ちなみに、実際に猫ちゃんが乗るとこんな感じ↓

キャットステップの設置後にやること2つ

キャットステップを設置した後にやることは以下の2つ。

  • 猫をキャットステップに誘導する
  • 定期的にねじのゆるみをチェックする

順に見ていきます。

猫をキャットステップに誘導する

キャットステップをとりつけたとて、猫がすぐに乗ってくれないときがあります。

原因としては、存在に気づいてないか、怖がってるか。

ですので、しばらく経っても猫が乗ってくれない場合は、猫をキャットステップに誘導してあげましょう。例えば、

  • 抱っこして乗せてあげる
  • またたびやご飯を置く

などして。

定期的にネジのゆるみをチェックする

前述のとおり、DIYしたキャットステップは、業者がとりつけた場合に比べて、強度が劣ることが多いです。

例えば、とりつけた壁(の見極め)がよくないと、猫が乗り降りするうちに、ネジがゆるんでしまいます。

最悪キャットステップが外れて、猫がケガすることだってあるでしょう…。

ですので、キャットステップのネジがゆるんでないか、定期的にチェックしてください。

ネジがゆるんだときの対処法

もしネジがゆるんだら、ドライバーで再度しめればいいというわけではありません。だって、そのネジのまわりはスカスカだから。

対処法としては、

  • とりつけ位置を変える
  • 補強材を使う(例えばこれ
  • キャットステップDIYはあきらめる

のいずれか。

どれにするかは、あなたのご判断にて。

最後に

今回は、キャットステップをDIYする方法を紹介しました。

キャットステップをDIYするのは、なかなか大変ではありますが、猫がよろこぶ姿をみれば、疲れは一瞬で消え、心地よい達成感が残ります。

もし猫ちゃんが気にいってくれ、かつ、定期的なチェックでネジのゆるみがないようであれば、キャットステップを増やしてはどうでしょう?

なお、キャットステップ以外にも、猫がよろこぶ部屋にするコツは、以下の記事でまとめています。あわせてご覧ください。
» 猫が落ち着く部屋はこれ!ニャンとも快適な部屋の作り方7選

それでは、ステキな猫ライフを!

参考留守時の猫のお世話はオリーブシッターがおすすめ【家事代行もOK】

↑記事の先頭に戻る↑