猫がよろこぶキャットウォークDIYの方法【シンプルでカンタン】

Cat LIFE

キャットウォークに憧れる飼い主さん:「キャットウォークを部屋につけて、猫のよろこぶ姿が見たい。シンプルなのがいいな。業者に頼むと高いから、自分で作りたい。でもDIYは苦手…。そんな私におすすめのDIYの方法を教えて下さい」

こういった疑問に答えます。

本記事の内容

  • 猫がよろこぶキャットウォークDIYの方法【シンプルでカンタン】

こんにちは、ヒデハルです。
猫2匹(冒頭の写真)と暮らす40代。
» 猫てんこもりのtwitterはこちら

キャットウォークに憧れる飼い主さんのよくある悩みとして、「キャットウォークをDIYしたいけどやり方がわからない…」という点があると思います。

DIYって、ぶっちゃけ面倒ですよね…。私も普段まったくやりません。本当はリフォーム会社に頼みたかったけど。ボソッ

とはいえ、それだと値段が高いし、でも猫のよろこぶ姿が見たいし、、ってことで、DIYをやってみたんです。すると猫ちゃんに大人気!やってよかった😌

そこで今回は実体験をもとに「キャットウォークDIYの方法」を紹介いたします。

※カンタンですからご安心を。シンプルで、インテリアに調和しやすいのも特徴です

猫がよろこぶキャットウォークDIYの方法【シンプルでカンタン】

前提

とりつける壁は、石膏ボード or 木材。

完成イメージ

冒頭の写真のとおり。

DIYの手順

  • 手順①:部品集め
  • 手順②:組みたて
  • 手順③:とりつけ

順に解説します。

手順①:部品集め

木材

ホームセンターで木材を買いましょう。
こんなの↓

【注意】すんごい曲がってる木材もあります。良くチェックして、まっすぐなモノを選びましょう。

ファルカタ集成材がおすすめ。
加工性が良くて軽いため。
私が買ったのはこれ↓(1セット分の寸法より大きければOK)

お店の人にカットしてもらいましょう。
こんな感じ↓


1セット分の寸法は以下のとおり。

  • 長辺(横幅になる):330mm
  • 短辺(奥行になる):180mm
  • 厚み:そのまま ※写真の木材なら13mm

※私が買った木材なら2セット分できる

L字金具(大)

L字型の棚受けを2つ使います。
私はAmazonで注文しました(ネジ付き)
送料込みで1つあたり:330円

※複数購入の制約あることも
※価格は変動します

L字金具(小)

こちらはホームセンターで買いました。
1セットにつき3つ必要。
43mm × 43mm
1つあたり:58円

ネジも、あわせて買います。
1セットにつき12本必要。
1袋10本入りだったので、2袋購入。
1袋:48円

工具

  • プラスドライバー(普通サイズ)
  • プラスドライバー(精密ドライバー)
  • キリ(千枚通し)

家になければホームセンターor 100均で。
ネット注文したい人は以下からどうぞ。
» 精密ドライバーをAmazonで見てみる
» キリをAmazonで見てみる

【参考:電動ドライバー】
必須じゃないし、少し高いですけど、これあると超便利。私もほしい〜
» 電動ドライバーをAmazonで見てみる

部品集めは以上です。

手順②:組みたて

次に組みたてます。

L字金具(大)を木材につける

ドライバーを使って、L字金具(大)を木材にとりつけます。

最初にキリで少し穴を開けた方が、ネジをさしこみやすいですよ。
こんな感じ↓

L字金具(小)を木材につける

精密ドライバーを使って、L字金具(小)を木材にとりつけます。
こんな感じ↓

強度の面で、3個つけると安心です。
こんな感じ↓

組みたては以上です。

手順③:とりつけ

最後に壁にとりつけます。

とりつけ位置を決める

木材を壁にあてがってみて、とりつけ位置を決めましょう。
気をつけるポイントは以下のとおり。

  • 木材がガタガタしないか?※1
  • 猫が自力で飛び乗れる高さか?
  • 天井との高さは充分にあるか?
  • 猫が危険な所に移動しないか?

※1ガタつく原因:木材 or 壁が曲がっているため → とりつけ位置を変えてみて、安定する所をみつけましょう。

壁に印をつけておく

とりつけ位置が決まったら、L字金具(大)の上のほうの穴から、壁にエンピツで印をつけておきましょう。

印をつけたら、いったん木材を置く

L字金具(大)のネジを壁にさす

先ほどのエンピツ印のところに、キリで軽く穴を開けて、L字金具(大)のネジを壁にさす。左右それぞれ1コだけ
こんな感じ↓

※この後に、金具をとりつけるので、ネジを完全にさしこまないコト!

木材をのっける

L字金具(大)の上のほうの穴を、先ほどのネジにカポッとひっかける。
すると手を離してもOKな状態になる。

残りのネジをさす

あとは残りのネジを順にさしこんでいく。
L字金具の全部の穴に。

以上で完成!おつかれさまでした😌

とりつけた後に

猫を誘導してあげる

キャットウォーク完成。さぁどうぞ!!

(猫さん)シ〜ン・・・

なかなか猫が登ってくれないことも…。原因は以下のいずれか。

  • 原因①:怖がっている
  • 原因②:存在に気づいてない

こんなときは、猫を誘導してあげましょう。

  • 対策①:抱っこして乗っける
  • 対策②:またたびを置く

これで大丈夫!
※わが家は対策②が効果バツグン

ネジのゆるみをチェックする

とりつけ時はバッチリでも、乗りおりをくり返すうちに、ネジがゆるむことも。ときどき触ってチェックしましょう。

もしゆるんでたら、再びドライバーでギュッとしめればOK。

それでもゆるみがヒドイなら

ネジのゆるみがヒドイなら、以下の可能性があります。

  • 原因①:たまたまその部分の壁が薄かった
  • 原因②:そもそも壁全体がうすい

原因①→とりつけ位置を変えてみる。
原因②→あきらめる or 壁を補強する。私が使った補強材は以下。
» 補強材をAmazonで見てみる

予算の合計

1セットあたりの予算の合計は以下のとおり。

木材 778円
木材のカット代 100円
L字金具(大)×2 660円
L字金具(小)×3 270円
合計(税別) 1,808円

上記のように、1セット2,000円以内で作れました。残った部材を利用できるので、2セット目からはさらに割安に!

※もしリフォーム会社に頼むと、6万が相場なんて話も…

既製品に比べても安いですね。例えば以下のものは7,700円ですから。
» 既製品をAmazonで見てみる

なんとお財布にやさしいんでしょう😌そして安さのわりに、シンプルでいい感じ!

というわけで最後に

今回は、わが家オリジナルのキャットウォークDIY方法を紹介しました。DIYは苦手っていう人も、ぜひお試し下さい。わりとカンタンなので。

もちろん、それなりには疲れます。DIYですからね。でも、、、

猫のよろこぶ姿をみれば、疲れは一瞬で消え、心地よい達成感が残ります!

ちなみにわが家は、今では14コに。
完全に猫仕様の家。笑
こんな感じ↓

以下もよければどうぞ。
» 猫が快適に暮らせる家とは【猫がよろこぶ空間の作り方7つ】

参考になれば幸いです。

参考保護猫の飼い方|初めて猫を室内で飼うときの注意や準備とは?