audiobook.jpのメリット5つ・デメリット5つを初心者向けに解説。

Audiobook Productivity

audiobook.jpのメリット・デメリットを知りたい人「オーディオブックを聴いてみようと思っている。どうやらaudiobook.jpというサービスが人気らしいけど、メリット・デメリットを知りたいな。」

こういった疑問に答えます。

本記事の内容

  • audiobook.jpのメリット5つ・デメリット5つを初心者向けに解説。

こんにちは、ヒデハルです。
audiobook.jpを日頃から愛用している会社員です。

さて、ちかごろではオーディオブックが人気になってきましたね。

それもそのはずで、通勤中や家事をやりながら、読書ができるわけですからね。また家でのんびりくつろぎながら、プロの朗読そのものを楽しむことだってできますし。

(紙の本や電子書籍と比較した場合の、オーディオブックの良さについては、オーディオブックとは?メリットデメリットをわかりやすく解説。を参考にどうぞ。)

そんなオーディオブックを聴けるサービスとして、「audiobook.jp」の人気は国内トップ級。2020年には会員数が160万人を突破しました(参考元)。

とはいえ、オーディオブックを使ったことのない方にとっては、
・audiobook.jpはどんな点が良いの?
・audiobook.jpにイマイチな点は無いの?
ってあたりが気になるのではないでしょうか?

そこで本記事では、audiobook.jpを日頃から愛用している私が、「audiobook.jpのメリット・デメリット」をわかりやすく解説します。

audiobook.jpを使うかどうかの判断にご活用ください。

audiobook.jpのメリットとは?

audiobook.jpのメリットは、以下の5つです。

  • その①:月額会員のコスパが良い
  • その②:単品購入の料金が安い
  • その③:人気の本を探しやすい
  • その④:ビジネス書の数が日本一
  • その⑤:30日の無料トライアルができる

順にみていきましょう。

メリット①:月額会員のコスパが良い

audiobook.jpを利用するには
1)月額会員になる
2)月額会員にならずに、本を単品購入する
の2パターンがあります。

1)の月額会員には、
・聴き放題プラン
・月額会員プラン
の2つがありますが、利用者が多いのは「聴き放題プラン」の方ですね。

この聴き放題プランが、とにかくコスパが良いんです。

聴き放題プラン

  • 月額料金:750円
  • 特典:対象本が聴き放題(約1万冊)

上記のとおりで、他のオーディオブックサービスと比べると、コスパの良さは群を抜いてます。
» 参考:2021年オーディオブック比較!おすすめアプリ・サービスはどれ?

また、その他の定額制サービス(いわゆるサブスクリプション)と比べても、コスパの良さはトップレベルといえるでしょう。

これまで7つのサブスクリプションを経験してきた私ですから、自信をもってそう言い切れます。

このように、audiobook.jpのメリット①は「月額会員のコスパが良い」ということです。

メリット②:単品購入の料金が安い

先ほど紹介したように、audiobook.jpを利用するなら月額会員になって「聴き放題プラン」を利用するのがおすすめです。

ただしそのプランでは、audiobook.jpが提供する全てのオーディオブックが聴き放題になるわけではありません。

もし聴き放題の対象本ではない本を聴きたいなら、追加料金を支払って、単品購入する必要があります。

そんなときに、audiobook.jpなら単品購入の料金が他のサービスに比べて安いので、お財布への負担を小さくできます。

その証拠に、Amazon Audibleと料金を比較すると以下のとおり。

本を単品購入する場合の比較

audiobook.jp Amazon Audible
嫌われる勇気 1650円 3000円
アウトプット大全 1595円 3000円
自分を操る超集中力 1540円 2500円

(※スマホなら、横にスライドできる)
(※いずれも非会員時に単品購入した料金)

上記のとおり、audiobook.jpの安さは一目瞭然!

しかもaudiobook.jpは、不定期でセール・キャンペーンをやっているので、さらに安く購入できます。
» audiobook.jpならオーディオブックがセール・キャンペーンでお得!

このように、audiobook.jpのメリット②は「単品購入の料金が安い」ということです。

メリット③:人気の本を探しやすい

audiobook.jpのトップページには、人気のオーディオブックが「ランキング」で表示されていて、売れ筋の本がひと目でわかります↓

もちろん、あなたの趣味嗜好とあわないかもしれませんが、それでも本を選ぶときには大いに役立つでしょう。

また、特定のジャンルで人気本を探すときも、audiobook.jpのサイトは操作がとてもカンタンです。

ジャンルごとの検索方法を詳しく知りたい方は、audiobook.jp(オーディオブックドットjp)の使い方とは?の記事を参考にどうぞ。

このように、audiobook.jpのメリット②は「人気の本を探しやすい」ということです。

メリット④:ビジネス書の数が日本一

audiobook.jpが提供するラインナップとして、「日本語のビジネス書」なら日本で一番豊富です。

audiobook.jpの公式サイトには、以下の記述がド〜ンと掲載されています↓

上記のとおり。

ビジネス書を中心に聴きたいビジネスパーソンにとって、audiobook.jpはうってつけといえるでしょう。

このように、audiobook.jpのメリット④は「ビジネス書の数が日本一」ということです。

メリット⑤:30日の無料トライアルができる

紙の本を本屋で買うのに比べて、
・はじめてのオーディオブックで
・しかも月額課金
となると身構えてしまい、「もうちょっと考えてから…」とつい先送りしてしまう人も多いでしょう。

そんな方にうれしいのが「無料トライアル」です。

audiobook.jpには、[30日の無料トライアル]があるので、実際にaudiobook.jpのサービスを使ってみてから月額会員をスタートすることができます。

30日間は、聴き放題プランを文字どおり「無料で」体験できるので、かなりお得です。

無料トライアルのやり方は記事の最後に紹介していますので、もう少しおつきあいください。

このように、audiobook.jpのメリット⑤は「30日の無料トライアルができる」ということです。

以上、audiobook.jpのメリット5つでした。

audiobook.jpのデメリットとは?

audiobook.jpのデメリットは、以下の5つです。

  • その①:ユーザーレビューがない
  • その②:購入した本は返品できない
  • その③:ライトノベル(ラノベ)が少ない
  • その④:幼児向けの本が少ない
  • その⑤:洋書が少ない

順にみていきましょう。

デメリット①:ユーザーレビューがない

ネットで何かを買うときって、ユーザーレビューって少なからず参考にしませんか?

自分がいいなと思った商品が高評価だったら、背中を押された気になって買っちゃうとか、あるいは、最初から高評価の商品でフィルタして選ぶとか。

それほどユーザーレビューって大切だと思うんですよね。

ただし残念ながら、audiobook.jpにはユーザーレビューがありません。

ユーザーレビューがなくても対処法はある

  • ランキングを活用する(メリット③参照)
  • 説明文やサンプル視聴で概要をつかむ
  • Amazonでユーザーレビューだけ見る

上記のとおり。

(3つめの方法は、ちょっと裏技っぽい汗)

とはいえ、上記の対処法も完璧ではなく、やっぱり全ての本にユーザーレビューが欲しいところです。

audiobook.jpの今後に期待 (`・ω・´)ゞ

このように、audiobook.jpのデメリット①は「ユーザーレビューがない」ということです。

デメリット②:購入したオーディオブックは返品できない

audiobook.jpでは、オーディオブックの返品ができません。

よって、オーディオブックを単品購入する場合には、少し慎重に吟味してからの方がいいでしょう。

吟味するとは、つい先ほど説明した3つの対処法をすることですね。

ただし、月額会員の「聴き放題プラン」なら、返品できないことへの心配はありません。

聴き放題の対象本であれば、聴き始めたとたん「イマイチ」だったら、すぐにやめればいいだけですから。”聴き放題”の強みはこういうところにも発揮されます。

このように、audiobook.jpのデメリット②は「購入したオーディオブックの返品ができない」ということです。

デメリット③:ライトノベル(ラノベ)のオーディオブックが少ない

メリット④において、audiobook.jpはビジネス書の量が日本一だと紹介しました。

一方で、audiobook.jpには少し手薄なジャンルがあって、そのひとつが「ライトノベル(ラノベ)」です。

ライトノベル(ラノベ)と言われてもピンとこないかもしれませんが、例えばこんな感じ↓

ライトノベル(ラノベ)の数を Amazon Audibleと比較すると、以下のとおり。

audiobook.jp Amazon Audible
ライトノベル(ラノベ) 約440冊 約1180冊

(※スマホなら、横にスライドできます)
(※2021年4月時点)

上記のとおり、ライトノベル(ラノベ)をメインに聴きたいという方にとっては、audiobook.jpだとちょっと物足りないかもしれません。

このように、audiobook.jpのデメリット③は「ライトノベル(ラノベ)のオーディオブックが少ない」ということです。

デメリット④:幼児向けのオーディオブックが少ない

オーディオブックって、大人が聴くだけでなく「幼児の読み聞かせ」としても使えます。

幼児に読み聞かせをしてあげたいけど、「時間がとれない」とか「疲れてても今日はムリ…」という親御さんには、オーディオブックは心強い味方となるんです。

(詳しく知りたい方は、オーディオブックとは?メリットデメリットをわかりやすく解説。のメリット(4)をご覧ください。)

そんな幼児への読み聞かせ用のオーディオブックが、audiobook.jpだとちょっと少なめです。あったとしても、時間が短かかったり…。

ま、ただし「幼児はいない」とか「幼児はいるけど、本の読み聞かせは自分でやるよ」って方なら、これはデメリットになりません。

このように、audiobook.jpのデメリット④は「幼児向けのオーディオブックが少ない」ということです。

デメリット⑤:洋書のオーディオブックが少ない

audiobook.jpは、和書の数に関しては、オーディオブックサービスの中でNo1で文句なしですが、洋書の数は多くありません。

英語学習に特化した本は充実してますが、われわれが読む本の英語版みたいな本、いわゆる「洋書」の数は少ないです。

例えば、『ハリーポッター』で検索すると、Amazon Audibleなら英語版のオーディオブックが20冊以上ヒットするのに対して、audiobook.jpだと0冊…。

ま、ただし「洋書は別に聴かない」って方なら、これはデメリットになりませんけどね。

このように、audiobook.jpのデメリット⑤は「洋書のオーディオブックが少ない」ということです。

以上、audiobook.jpのデメリット5つでした。

まとめ:audiobook.jpのメリット5つ・デメリット5つを初心者向けに解説。

おさらいしましょう。

  • audiobook.jpのメリット
    ・月額会員のコスパが良い
    ・単品購入の料金が安い
    ・人気の本を探しやすい
    ・ビジネス書の数が日本一
    ・30日の無料トライアルができる
  • audiobook.jpのデメリット
    ・ユーザーレビューがない
    ・購入した本は返品できない
    ・ライトノベル(ラノベ)が少ない
    ・幼児向けの本が少ない
    ・洋書が少ない

いかがでしたか?

audiobook.jpのメリットデメリットはご理解いただけましたか?

次のステップ

もしも「audiobook.jpって良さそうだから使ってみたい。でもやっぱり月額課金するのは迷っちゃう…」という方は、「30日の無料トライアル」を試してみるのがおすすめです。

オーディオブックって、実際に使ってみてはじめてその良さに気づくことが多いですから(私もそうでした)。

「なんだかイマイチ」と思ったら、無料期間中に解約すれば、0円で済みますし。

無料トライアルの申し込みは、audiobook.jpの登録方法とは?【30日の無料体験がおすすめ!】で解説しています。

ただ、上記の記事を見るまでもなく、登録は5分ほどでカンタンですので、以下のリンクからさっそくどうぞ↓

参考情報

audiobook.jpに無料トライアルに申し込んだのち、audiobook.jpの使い方で迷ったら、audiobook.jp(オーディオブックドットjp)の使い方とは?を参考にして下さい。

自己啓発本のおすすめは、audiobook.jpのおすすめ自己啓発本5選【Audibleには無い本!】を参考にどうぞ。

それでは、audiobook.jpでオーディオブックをお楽しみください(^^)/

最後までありがとうございました。

参考【まとめ】オーディオブックのおすすめアプリ・サービス・本は?