Audible(オーディブル)のおすすめビジネス書5選【2021版】

Audiobook Productivity

Audibleでビジネス書を探してる人「Audible会員になったばかり。手始めにビジネス書を聴いてみようかと。おすすめのビジネス書を教えて下さい。」

こういった疑問に答えます。

本記事の内容

  • Audible(オーディブル)のおすすめビジネス書5選【2021版】

こんにちは、ヒデハルです。
年収1,000万の会社員で、Audibleを愛用して3ヶ月ほど。

ご存知のとおり、AudibleとはAmazonが提供する音声読書のサービスで、スキマ時間で読書できるのがいいところ。

もしAudibleの概要や登録方法を知りたい方は、【解説】Amazon Audible(オーディブル)とはどんなサービス?をご覧ください。

さてビジネスパーソンにとって、ビジネス書にふれてスキルアップしないと、ライバルに差をつけられませんよね?

とはいえ、Audibleでいざビジネス書を聴こうと思ったとき、どの本がいいんだろう…?と悩む方も多いかと思います。

そこで本記事では、Audibleで実際に聴いてよかったおすすめのビジネス書を5冊ご紹介します。

どれにするか迷っているなら、この5冊の中からお試し下さい。

※Audible非会員で、オーディオブックを探してる方もぜひどうぞ。

Audible(オーディブル)のおすすめビジネス書5選【2021版】

以下の5冊です。

おすすめのビジネス書

では順に見ていきましょう。

その①:『営業の魔法』

Audibleでおすすめのビジネス書、1冊目は『営業の魔法』です。

営業のコツにとどまらず、「コミュニケーションの基本」を学べる本なので、ビジネスパーソンなら誰しも読む価値があり。

さらに、対話形式の本書はAudibleとの相性がバッチリで、聴いててワクワクしてきます。ちなみに私はこの本を聴いて、2回も涙しました。

オーディオブックの最後には、なんと著者の中村さん本人のコメント付き。

もし今回の5冊の中でも迷うなら、本書を選べば間違いありません (`・ω・´)ゞ

おすすすめの関連本

このオーディオブックを聴き終えたら、同著による続編『仕事の魔法』もおすすめです。

その②:仕事は楽しいかね?

Audibleでおすすめのビジネス書、2冊目は『仕事は楽しいかね?』です。

著者は、米国におけるビジネス分野のコラムニスト、デイル・ドーテン氏。Lumina Corporationの社長であり、The Innovator’s Labの創設者でもあります。

本書は、将来への希望もなく日々仕事に追われる主人公が、老人のアドバイスに自己変革のアイデアを見いだしていく物語。

ビジネス啓発書としては短編でシンプルながら、味わいのある一冊です。

物語仕立てのこの本は、Audibleとの相性バッチリなので、通勤中のスキマ時間にぜひどうぞ。

その③:臆病者のための億万長者入門

Audibleでおすすめのビジネス書、3冊目は『臆病者のための億万長者入門』です。

著者は、投資や経済を専門とする人気作家、橘玲(たちばな・あきら)さん。

この一冊を聴けば、生きていく上で大切な金融知識を全て学べます。

年金崩壊や国家破産など、不安で先行きの見えない時代には、ぜひとも聴いておきたいところ。

※私の場合、まず紙の本、次にAudibleを購入しました。Audibleだと内容がややお固いの本著でも、気軽に聴けるのが良い点ですね。

おすすめの関連本

2021/2月時点では、まだオーディオブックになってませんが、同著による『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』もかなりのおすすめ。

職業を何にすべきか?という大きなテーマを考えるキッカケになりますよ。

その④:マーケット感覚を身につけよう

Audibleでおすすめのビジネス書、4冊目は『マーケット感覚を身につけよう』です。

著者は、バリバリのキャリアウーマンから超人気の社会派ブロガーに転身したちきりんさん。

不確実性が高まるこれからの社会では、英語力や資格などの個別のスキルよりも、「何を学ぶべきか?」「自分は何を売りにすべきか?」という一段上のレベルの能力が必要。

その力(=マーケット感覚)を早いうちに身につけよう、というのが本のテーマです。

おすすめの関連本

ちなみに私は、ちきりんさんの本は全て読んでいて、同著の『未来の働き方を考えよう』は私の人生の指針になったほど。(※2021/2月時点ではまだオーディオブックになっていない)

今回おすすめする『マーケット感覚を身につけよう』と合わせて、以下の記事で紹介していますので、よければご覧ください。
» 仕事がつまらない40代はちきりんさんの本で人生2回論を学ぶべし

その⑤:藤原和博の必ず食える1%の人になる方法

Audibleでおすすめのビジネス書、5冊目は『藤原和博の必ず食える1%の人になる方法』です。

著者の藤原和博さんは、リクルート在籍中、年俸契約の客員社員「フェロー」制度を創設し、退社後は東京都初の「民間人による中学校の校長」になったという異色の経歴を持つ方。

YouTubeにもこの方の講演動画が転がっており、とても勉強になります。※気になる方はググってみてください。

本著のテーマは、「100人に1人」なら無理しなくても誰でもなれるし、食べていける、という思考法。4タイプ(社長・自営業・公務員・研究者)ごとに、7つの条件が解説されています。

多くの著名人からも評価が高いこの本。ビジネスパーソンなら聴いて損しません。

以上、Audibleでおすすめのビジネス書5選でした。

まとめ:Audible(オーディブル)のおすすめビジネス書5選【2021版】

おさらいします。

おすすめのビジネス書

  • その①:営業の魔法
  • その②:仕事は楽しいかね?
  • その③:臆病者のための億万長者入門
  • その④:マーケット感覚を身につけよう
  • その⑤:藤原和博の必ず食える1%の人になる方法

いかがでしたか?

Audibleで、どのビジネス書を読もうかと迷っているなら、上記の5冊からお試しください。

5冊でも決めきれないなら、『営業の魔法』がおすすめです。

まだAudible会員になっていない方へ

いきなりAudible会員になって課金するのが不安であれば、まずは無料トライアルから始めみませんか?

30日間の無料トライアルでは、お好きな本が1冊無料でもらえます。退会後も聴けるとあって、なんともお得なキャンペーンです。

無料体験中に退会すればゼロ円で済むので、やらない理由がありません。

無料体験のやり方は、Amazon Audibleの無料体験に登録する方法【スマホもOK】で解説してますので、そちらをご覧ください。

今回は以上です。

参考【まとめ】オーディオブックでおすすめのサービスや本とは?【2021年版】