Macの神ランチャーアプリ『Alfred4』の基本的な使い方・設定

Tool WORK

こんにちは、ヒデハルです。
副業でブログをやってる40代です。

ブログに限らず、パソコン操作を高速化するには、ランチャーアプリは欠かせませんよね。

Macユーザーなら、ランチャーアプリ『Alfred』をぜひとも使いましょう。
パソコン操作が劇的に向上しますから。

そこで今回は、Macのランチャーアプリ『Alfred4』の基本的な使い方・設定を解説します。

※ Windows用のランチャーならこちらの記事を参考にどうぞ。

Macの神ランチャーアプリ『Alfred4』の使い方・設定(入門編)

ランチャーアプリとは?

名前のとおり、何かを起動する為のアプリです。アプリを起動したり、Chromeを開いたり、ファイルを開いたりなどなど。日常的によく使うPC操作を効率化できます。

Macのランチャーアプリ

Macのランチャーアプリとして、デフォルトでは「Spotlight」が入ってますが、今回紹介する「Alfred4」の方が断然使いやすくておすすめ!

『Alfred4』はMac専用で、無料で使えます(※一部の機能だけ有料

Alfred4のインストール方法

Alfredの公式サイトに行き、「Download Alfred4」をクリックして、アプリをダウンロードおよびインストールしましょう。

Alfred4の基本的な使い方

option + spaceをタイピングすると、Alfredの検索窓が出てくる↓

この検索窓に文字を打ち込んで、アプリやファイルを開くというのが基本的な使い方です。

アプリの起動

Finderであれば、「find…」と途中まで入力してEnterを押すだけで、マウスやトラックパッドに全く触れずにFinderを起動することができる↓

Google検索

検索キーワードを入力すれば、ブラウザを開いていなくても直接Google検索できる↓

ファイルを開く

まず初期設定をしましょう。
Alfredの設定画面を開く(“alf…”と途中まで入力してEnterを押す)

Features→Default Resultsをクリックし、赤枠内にチェックをつける↓

初期設定が終われば、、、
あとは検索したいファイル名を途中まで入力してEnterを押せば、Finderをわざわざ開かなくても、ファイルを直接開ける↓

ファイル検索をより明示的に行うには「半角スペース」or「open」の後に検索する文字列を入力するとよい↓

ファイルの「中身」を検索するには、「in」の後に検索する文字列を入力する↓

以上が基本的な使い方。
これだけでもずいぶんパソコン作業が高速化するでしょう!

Alfredを入れたなら、Dockにマウスを持っていっちゃダメですよ〜

Macの神ランチャーアプリ『Alfred4』の使い方・設定(応用編)

ここからは応用編の使い方を紹介します。
応用といってもカンタンですのでご安心を。

ホットキーを変える

Alfredの検索窓を呼び出すのは、option + spaceでしたね。
もし”option”のキーを変えるには、Alfredの設定画面→Generalを開き、赤枠のところで変更する↓

もしうまくいかないときは、そのホットキーをすでに使っている。Mac環境設定→キーボード→ショートカットの中からそのチェックを外し、もう一度試してみましょう。

検索窓の見た目を変える

Alfredの設定画面→Appearanceをクリックし、赤枠内から好きな配色を選びましょう↓

よく使うサイトを登録する

Alfredの設定画面→Web Serach→Add Custom Searchをクリックする↓

登録したいサイトURL、検索窓に入力するキーワードなどを設定する↓

Alfredの検索窓で、先ほど設定したキーワードを打ってEnterを押せば、そのサイトにすぐに飛んでくれる↓

ブックマークを検索可能にする

Alfredの設定画面→Features→Web Bookmarksをクリックし、赤枠内にチェックをつける↓

するとブックマークも検索対象になる↓

計算をする

電卓としても使える。検索窓を出して、数字を打ち込むだけ↓

翻訳をする

Alfredの検索窓で「translate + 単語」を入力すれば、Goole翻訳の結果が表示される↓

別の方法として「Define + 単語」を入力すれば、mac内の辞書の結果が表示される。設定を変更する場合は、Alfredの設定画面→Features→Dictionaryから↓

システム操作をする

Alfredはシステム操作の機能も豊富。
例えば、ゴミ箱を空にしたい時はこれ一発で完了↓

他にも沢山ある。Alfredの設定画面→Systemをクリックし、赤枠内の設定を確認してみましょう。

カスタム検索を作る

よく使うウェブサイト内での検索を、Alfredから直接できるようになる。
例えばAmazonのカスタム検索でいうと、こんな感じで打ち込むと↓

Amazonの検索結果をすぐに表示してくれる↓

カスタム検索の作り方

検索したいサイトに行き、適当なキーワードで検索し、ブラウザのアドレスバーに表示されているURLをコピーする↓

Alfredの設定画面→Web Search→Add Custom Searchをクリックする↓

Search URLのところに、先ほどコピーしたURLを貼り付け、k=・・・の部分をk={query} に書き換える↓

サイトによっては「https://xx/?keyword=時計」のようなURLもあるが、同じように、keyword=・・・の部分をkeyword={query} に書き換える。

Alfred起動時の文字入力設定を変える

Alfredの検索窓から入力する文字は「半角英数」のことが多い。よって、Alfred起動時の文字入力設定を「必ず半角英数」にしておくと超便利。
Alfredの設定画面→Advanced→Force Keyboardをクリックして、「Romaji」を選ぶ↓

以上、無料版での使い方・設定でした。

Macの神ランチャーアプリ『Alfred4』の使い方・設定(有料版)

一部の機能は有料となり、価格は以下のとおり(※2020/5/17時点)

本記事を書いた時点では、私は有料版は使ってません。
もし有料版を使った際には、記事をアップデートしますね。

まとめ:Macの神ランチャーアプリ『Alfred4』の基本的な使い方・設定

Macのランチャーアプリ『Alfred4』は、Macの操作効率を最大化する神ツールです。

マウスやトラックパッドを使うよりも、Alfredを使ってキーボード操作する方が断然早いので、ぜひお試しあれ!

『Alfred4』でできること(無料版)

  • 起動(アプリ、ファイル、登録サイト)
  • 検索(Google、カスタム、ブックマーク)
  • システム操作
  • 翻訳
  • 計算

上記のとおり。

ちなみに、もしもWindowsでのランチャーをお探しなら、WindowsでAlfred風のコマンドランチャーならおすすめはueliを参考にどうぞ。

最後までありがとうございました。

参考【まとめ】生産性の高い働き方・会社にしばられない自由な働き方

人気【まとめ】生産性を向上させるおすすめのアイテム・アプリ・本