AirPods ProはAndroidでもバッチリ使える神イヤホン!

LIFE Music

AirPods Proを買うか迷ってるAndroidユーザー「AirPods ProってApple製品だから、iPhoneじゃなきゃ使えないの?私のスマホ、Androidなんだけど…。」

こういった疑問に答えます。

本記事の内容

こんにちは、ヒデハルです。
AirPods Pro』を購入して2ヶ月ほど。

結論:AirPods Proは、Androidスマホでも使える神イヤホンです!

買って損しません。
いや、買わないと人生の損 (^^)/

というわけで、Androidスマホを持つ私が、『AirPods Pro』を使ってみた感想をレビューします。ご参考にどうぞ。

AirPods Proとは?

AirPods Pro』とは、Apple社が販売するワイヤレスイヤホン。

初代の『AirPods』が2016年に登場。
後継の『AirPods Pro』が2019年に発売されました。

AirPods Proの値段

2020/9時点では以下のとおり。

『AirPods Pro』と『AirPods』の違い

AirPods Pro AirPods
軸部分の長さ 約2cm 約3cm
装着部 カナル型 オープン型
アクティブノイズ
キャンセリング
×
耐汗耐水性 ×

上記の通り、初代のAirPodsよりパワーアップしてますね。

AirPods Proのココが抜群にスゴイ!

初代のAirPodsや、他社のイヤホンと比較して、AirPods Proのスゴイところは、主に以下の2つ。

  • その①:雑音が消え、自分の世界に集中できる
  • その②:装着感が良く、見た目もオシャレ

補足しますね。

その①:雑音が消え、自分の世界に集中できる

とにかく静かなんです。

AirPods Proを装着すると、外の雑音がカットされ、一瞬で静寂な世界が訪れます。

こんな方にAirPods Proはピッタリ

  • 音楽の世界にどっぷり浸りたい人
  • 家やカフェで勉強に集中したい人
  • 在宅ワーク中、仕事に集中したい人
  • 通勤中に、読書や副業に集中したい人

上記のとおり。

音楽を楽しみたい方はもちろん、単に集中するための静かな環境が欲しいという方にも、AirPods Proはピッタリです。

しばらく装着した後に、AirPods Proを外すと、世の中こんなに騒がしかったんだ、とびっくりしますよ。笑

補足:静寂な世界に浸れるワケ

AirPods Proには、AirPodsには無かった「アクティブノイズキャンセリング」という機能が搭載されてるからです。

これは、邪魔なバックグラウンドノイズを減衰させる技術で、イメージはこんな感じ↓

※引用:Apple公式サイト

その②:装着感が良く、見た目もオシャレ

装着感がとっても良いんです。

耳にピッタリとフィットするので、つけてることを忘れるほど。

室内で作業してる時はもちろん、通勤中も気にならないし、ランニングだって全然OK!

補足:装着感が良いワケ

1つ目の理由は、AirPods Proでは、AirPodsよりも軽くなった上に、棒の部分が短くなったから。

見た目もスッキリしてオシャレになりましたよね😌

2つ目の理由は、AirPods Proでは、装着部が「カナル型」に変わったから。

ソフトで柔軟なシリコン製イヤーチップなので、耳にピッタリと収まります。さらに、3種類のサイズが同梱されているので、どんな方にもフィット!


※引用:Apple公式サイト

AirPods ProをAndroidスマホで使う方法

冒頭に述べたとおり、AirPods ProはApple製品ですけど、Androidスマホでも使えるので、ご安心下さい。

手順①:AirPods Proを購入する

AirPods Proを購入すると、こんな感じで届きます↓

AirPods Proとケース、充電用のLightningケーブルの3つが同封されてます↓

手順②:AirPods Proを充電する

AirPods Proをケースに入れた状態で、ケーブルを本体に挿しましょう。
本体とケースの両方が充電されます。

手順③:AirPods ProとAndroidスマホをペアリングする

Androidスマホの設定画面で、Bluetoothをオンにしましょう↓

AirPods Proをケースに入れ、ケースのふたを開いた状態で、ケース背面の白いボタンを押しましょう。ペアリングが開始されます。

ペアリングが成功すると、Androidスマホはこんな表示になります↓

ペアリングは一度できたら、以降は不要。
AirPods Proで音楽を聴かない時は、スマホのBluetoothはオフにしてもOK

手順④:静かな世界に浸る

音楽は聴かず、外の雑音を消して集中したいときは、AirPods Proをそのまま耳に装着するだけ。

外部音取り込みモードとの切り替え

AirPods Proには、適度にノイズキャンセルをしつつ、マイクロフォンで拾った周囲の音を自然に聞き取れるという『外部音取り込みモード』があります。

通常の静かなモードと、外部音取り込みモードとの切り替えは、AirPods Pro本体の軸部分(感圧センサーがある)を手でタッチして行います。

タッチする部分は以下の赤い部分で、長押しすることで、モードが切り替わります。

手順⑤:音楽を聴く

Androidスマホで、Bluetoothをオンにしましょう。

AndroidスマホがAirPods Proを認識しているかどうかは、先ほどのBluetooth設定画面をチェックします。

あるいは、スマホ上部に表示されるメニューをチェックするでもOK。例えば、ファーウェイのスマホなら、こんな感じ↓

あとは、Androidスマホから音楽を流すだけ!

カンタンですよね (^^)/

音楽関連の操作方法

先ほどのAirPods Pro本体の軸部分(感圧センサーがある赤枠部)を手でタッチして行います。

  • 1回押す:停止/再開
  • 2回押す:次の曲にスキップ
  • 3回押す:前の曲にスキップ

こんな感じ。

AirPods ProをAndroidスマホで使うとできないこと

AirPods ProをAndroidスマホで使うと、iPhoneに比べて、できないことがあります。

結論を先に言うと、問題なし。

できないことのデメリットより、AirPods Proを使えるメリットが上回るからです。

Androidスマホだとできないこと

  • つけ外しに同期した音楽再生・停止
  • ソフトウェアのアップデート
  • バッテリー残量のモニタ

補足します。

つけ外しに同期した音楽再生・停止

iPhoneだと、AirPods Proを耳から取り外すと音楽が停止、AirPods Proを耳につけると、音楽が再生します。
Androidだと、この機能が使えません。

まぁ欲を言えばこの機能はあった方がいいですけど、無くても困りません。

ソフトウェアのアップデート

iPhoneだと、AirPods Proのソフトウェアアップデートが実行される事があるそう。
Androidだと、アップデートされません。

まあ、よほどの機能アップや不具合修正がなければ、アップデートはできなくても問題ないでしょう。

バッテリー残量のモニタ

iPhoneだと、AirPods Proのバッテリー残量をモニタできます。
Androidだと、残量がわかりません。

専用のアプリをインストールすれば、残量がわかるそうですが、私のAndroidスマホだと、OSバージョンの関係で、うまくいきませんでした。

まぁでも、バッテリーがなくなったら充電する。それだけですからね。

結論、Androidでも問題なし!

まとめ:AirPods ProはAndroidでもバッチリ使える神イヤホン!

記事のポイントをまとめます。

  • AirPods Proの良さは、「雑音が消え、自分の世界に集中できる」「装着感が良く、見た目もオシャレ」
  • 音楽を楽しみたい方はもちろん、仕事や勉強に集中したい方にもピッタリ
  • AirPods Proは、Androidスマホでも普通に使える
  • Androidスマホだとできないこともあるけど、特に困らない。AirPods Proを使うメリットの方が上回る

Androidユーザーとて、、

このAirPods Proは、持ってないと、人生を損しちゃうレベルの神イヤホンです。

もし興味あれば、こちらからどうぞ。
» AmazonでAirPods Proを見てみる

補足:おすすめの音楽サービス

スマホで音楽を楽しみたい方は、『Spotifyプレミアム』がオススメです。

もう1つのオススメは『Amazon Music』で、Amazonプライム会員なら無料で楽しめます。

参考になれば幸いです😌

人気【まとめ】マコなり社長おすすめの本・グッズ・アイテム・サービス