【2019年】子供に買い与えた本は何冊だったかを集計してみた【本好きな子の読書量とは】

Book EDUCATION

子供に本を読ませたいママ「子供を本好きに育てるのが大事っていいますよね。具体的には何冊の本を読ませればいいんでしょうか?本好きな子の読書量はどれくらい?」

こういった疑問に答えます。

本記事の内容

  1. 2019年|子供に買い与えた本は何冊?【本好きな子の読書量とは】
  2. 子供に本を読ませるときのポイント3つ
  3. 娘に買い与えた本を、全て紹介します

こんにちは、ヒデハルです。

小さな子を持つお母さんのよくある悩みで、
「子供を本好きに育てるには、何冊ぐらい読ませればいいの?」
「本好きな子の読書量はどれくらい?」という点があると思います。

わが家での経験からお答えすると、年間で読ませたい本の数は、100冊です。

実例として、うちの娘が2019年に読んだ本は「200冊」です。

本記事の後半では、娘に買い与えた本を全て紹介します。

【2019年】子供に買い与えた本は何冊?【本好きの子の読書量とは】

お子さんには、本好きに育ってほしいですよね。

なぜなら、本をたくさん読めば、良い効果が得られるので。
» 子供時代の読書が与える影響とは?|読書で得られる5つの効果

では、本好きな子に育てるには、どれくらいの本を読ませればよいでしょうか?

私の経験上、小学生では年間で100冊は読ませたいですね。

年間で100冊というのは「3.6日に1冊」のペース。
このペースなら、本好きな子に導ける可能性が高いです。

わが家の例

うちの娘(小5)が2019年に読んだ新しい本は、161冊です。

新しい本が届くまでは、昔の本を読んでるので、新旧を合わせると「年間200冊ほど(1.8日に1冊)」になります。

これだけの本を読む小学生は、なかなかいないでしょう。

2021/1/25追記
2020年は210冊を読みました。
» 子供が本を読むと頭が良くなるっていうけど効果のある読書量とは?

子供に本を読ませるときのポイント3つ

質問に対する回答は以上ですが、以下の3点について補足しておきます。

  • なぜ、親が本を買い与えるの?
  • どうやって、本を選んでるの?
  • 本を読ませていればOKなの?

なぜ、親が本を買い与えるの?

理由は以下のとおり。
・良書を読めば、本を好きになる確率が上がるから
・親なら効率よく良書を探し、子供に届けれるから

どうやって、本を選んでるの?

Amazonを使って選んでます。
Amazonのユーザ評価で「★が4つ以上」かつ「レビュー内容が良さそう」な本を購入してます。

娘が読んだ161冊は、全て私がAmazonで選んで買いました。

本を読ませていればOKなの?

幼少期に良書を与えると、本好きになる可能性が高いです。
では、良書を与えていれば、ずっと本好きのままか?というと、そうではありません。

なぜなら、子供への刺激物(マンガ・ゲーム・テレビ・スマホ)を適度に制限しないと、子供の興味が本からそっちに移ってしまうからです。

そのために、わが家で行った例として…
・ゲームとテレビは、1日1時間
・スマホは小学生では持たせない
・20時になったら強制終了させる

長いスパンで親が子を本好きに導くこと、が大切です。

補足は以上です。

以下の記事で詳しく書いてるので、あわせてご覧ください。
» 子供を本好きに育てる8つの方法
» 子供の学力向上のために効果的な5つ
» 子供の読解力をつける方法とは

娘に買い与えた本を、全て紹介します

最後に、2019年の1年間で、うちの娘に買い与えた161冊を、全て紹介します。

もし気になる本があれば、あなたのお子さんにもどうでしょうか?

では列挙していきますね。
けっこう、長いです…

1~20冊目

21~40冊目

41~60冊目

61~80冊目

81~100冊目

101~120冊目

121~140冊目

141~161冊目

以上、161冊でした。

最後まで読んで頂き、感謝します。
参考になれば幸いです。

参考【まとめ】子育てで失敗・後悔しないためにやっておくこと10選

人気【まとめ】マコなり社長おすすめの本・グッズ・アイテム・サービス